pagetop

お客様の声/大阪・兵庫の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷はオールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

孤独死の原因に多いヒートショックとは?

お役立ちコラム,大阪府エリア,門真市
タグ:大阪 生前整理,門真市 遺品処分,門真市 遺品整理

みなさんこんにちは、門真市で不要品回収を行なっているオールサポートです。

■急激な血圧の上下によりヒートショックになる!?
ヒートショックとは急激な温度差によって血圧が上昇・下降することで心筋梗塞や脳卒中などの症状に陥ることです。最悪の場合心肺停止など死に至ってしまう可能性もあります。
どんな時に起こるかというと、
・冷たい体で熱い湯船に入った時
・温かい湯船から寒い洗面所に出た時
・暖房がかかっている部屋から寒い廊下に移動した時
などです。
特によく聞くのは入浴時のヒートショックですよね。
浴室内で失神してしまうと浴槽内で溺死してしまうこともあります。
特に高齢者は注意が必要で、国の調べによると毎年5000人以上の人が家庭の浴槽で溺死しています。
また浴室はタイルやガラスが多い場所のため転倒した際に怪我をしてしまうかもしれません。
冬の時期はヒートショックが発生する率が格段に高くなるため特に注意しなければなりません。

■安全な浴室を作ろう。
浴室はとても事故が起きやすい場所です。
ヒートショックとは言わなくても滑ってこけて頭を打ってしまって怪我をした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
安心して浴室を使用できるように下記のような対策をとりましょう。
・段差で転ぶのを防ぐため手すりをつける。
・脱衣所と浴室の床面の段差をなくす。
・床材を滑りにくいものにする。
・窓やドアに使われているガラスは強化ガラスなど割れにくいガラスにする。
・ヒートショック予防のため脱衣室と浴室に暖房設備を設定して温度差をなくす。

■事故が起きないように意識すること。
ヒートショックは高齢者に多い事故です。
高齢者本人もそうですが周囲の家族も事故が起きないように見守ることが大切です。ぜひこのようなことを心がけていただきたいです。
・入浴前には家族の誰かにお風呂に入ることを伝えて何回か見回ってもらう
・飲酒後・食後は入浴を避ける。
・お風呂にはゆっくり入って体をお風呂の温度に慣らせる。
・温度は40度ほどで長時間浸からない。

できることは行いヒートショックを防いでいきましょう。

空き家解体について考えよう。

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品片付け,大阪市住之江区 不用品処分,大阪市住之江区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不要品回収を行なっているオールサポートです。

ご両親が亡くなり、実家に誰も住む人がいなくなったときどうすればよいか悩んでいるという方は多いでしょう。
実家に戻りご自身が住むことが難しく買い手もいない場合、実家を解体する人も少なくありません。
思い出の場所だから解体は避けたいという方もいらっしゃるかと思いますが、空き家をそのままにしていると大きなデメリットが付きまといます。

今回は空き家解体について考えていきましょう。

■空き家を放置しているとデメリットがある。
両親と共に過ごして来た実家はあなたにとってかけがえのない場所でしょう。
そのため解体するなんて考えたくないかもしれません。
しかし空き家を放置してしまうと様々な問題が起こるかもしれません。
例えば空き家を放置していることで、家が倒壊して隣近所に迷惑をかけてしまうかもしれません。また誰もいない事をいいことに空き家に不法侵入されたり放火されてしまうかもしれません。
このような問題を避けるために空き家の管理を行ったり解体を行ったりします。

■空き家解体にかかる費用はどのくらいになる?
空き家の解体費用は立地や規模、構造によって異なります。
目安ではありますが、1坪あたりの費用は下記の通りです。
・木造 40,000円
・鉄骨造 60,000円
・鉄筋コンクリート 70,000円

このように解体費用には大きな金額が必要になります。
ただ、自治体によっては空き家を解体するのに助成金を出しているところがあります。条件があるためご自身がお住いの自治体に問い合わせてみましょう。

また、空き家を解体し更地にすることで固定資産税が高くなってしまう場合があります。
その点も考えながら空き家をどうしていくか考えていきましょう。

■空き家の運用にお困りの際は当社オールサポートご相談ください。
当社では空き家の運用についてのご相談を受け付けております。
色々な現場を経験したスタッフがお客様の質問にお答えします。
お困りの際はオールサポートへご相談ください。

リスク回避のために空き家を守る保険を利用しましょう。

お役立ちコラム,大阪府エリア,門真市
タグ:大阪 生前整理,門真市 遺品処分,門真市 遺品整理

みなさんこんにちは、門真市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

日本では空き家がどんどん増えてきています。
実家を両親から相続したはいいけれど、ご自身が住んでいる家があるためどうしても実家に住むことができないという方が多く、実家が空き家になってしまうケースがとても多いです。
このようなケースはこれからもどんどん増えていきます。

空き家を所有している方は、責任を持って空き家を管理しなければなりません。
今回は、空き家を管理する際に利用したい保険についてご紹介いたします。

■保険による空き家対策
日本は様々な自然災害が発生します。
実際に2018年は大阪府北部地震や西日本豪雨など様々な災害が発生していますよね。
日本国民はいつ台風や水害、暴風雪、地震、土砂崩れなどの自然災害に巻き込まれるかわかりません。
そのため空き家に対しても火災保険や地震保険に加入することをお勧めしています。
ただ、空き家の場合は火災保険に加入することが難しいです。
誰も住んでいない空き家に対して保険をかけるのは保険会社にとってリスクが高いため断れることが多いからです。
火災保険に加入できるようにお家の中には家財道具を備えていつでも住める状態にしておくきましょう。。定期的に誰かが利用できる状態であれば保険に加入できる可能性が高くなります。

また、他人への損害は施設賠償責任保険に加入すると良いでしょう。
例えば、庭に植えてあった木や屋根瓦が台風によって剥がれ飛ばされ、通行人に怪我をさせてしまった時に保証してくれます。

■空き家で破産しないように保険には加入しましょう。
空き家を放置したままで火災が起きてしまったり、通行人に危害を与えてしまった場合、多額の賠償金が発生するためリスクを回避するためにも保険に加入して起きましょう。

何気ない行動が禁止されているかも?マンションのルールについて

お役立ちコラム,大阪府エリア,寝屋川市
タグ:大阪 ゴミ屋敷清掃,寝屋川市 ごみ屋敷,寝屋川市 ゴミ屋敷

みなさんこんにちは、寝屋川市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

分譲マンションにお住いの方、マンションには色々なルールがあることをご存知でしょうか。
何気ないあなたの行動がもしかしたらマンション内では禁止されていたり、誰かに迷惑をかけている可能性があります。

今回は一般的な分譲マンションでのルールについて考えていこうと思います。

■分譲マンションでのルール
・共有部分を私用に使わない。
マンション内にはたくさんの共有部分があります。共用廊下や階段、エレベーター、玄関前のスペースが共用部分にあたります。特に玄関前には自転車や傘などを置いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。共用スペースは緊急時に避難経路として使われる場所のため、大型のものが置かれていると避難の妨げになってしまいます。小さなものでも他の住民は良い気分ではないかもしれません。
自転車は決められた駐輪所に移動してできるだけ共用部分には物を置かないようにしましょう。

・ベランダでの物置設置や観葉植物の設置
ベランダは居住者の専用使用権が設定されており自由に使えることができますが、ベランダも緊急時に避難経路として使用される場合もあるため、物を置くことは禁止されています。そのため物置を設置したり物を置きすぎるのはあまりよくありません。

・ベランダでの喫煙
家族から屋内でタバコを禁止されるているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
文句を言われないようにベランダでタバコを吸っているという方は要注意です。
ベランダでの喫煙は禁止されていませんが隣近所の方が嫌な思いをさせているかもしれません。
肩身がせまい思いですが周りへの配慮を行い、喫煙をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
あなたが何気なく行なっている行動が周りの迷惑・禁止されていることかもしれません。
今一度ルールを確認して快適なマンションライフを送りましょう。

お風呂についてしまったもらいサビを綺麗にしよう。

お役立ちコラム,吹田市,大阪府エリア
タグ:吹田市 不用品かたづけ,吹田市 不用品回収,大阪 不用品処分

みなさんこんにちは、吹田市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

ヘアピンやカミソリの刃をお風呂場に放置してしまいサビがついてしまったという経験はありませんか?
このサビ汚れを「もらいサビ」と言います。洗剤をつけて洗ってもなかなか汚れを取ることができず困っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこのもらいサビの掃除方法について考えていきたいと思います。

■なんで浴室にもらいサビが?
ヘアピンやカミソリの刃は金属でできています。
金属製品は水分や湿気があることで発生します。そのサビができた面が浴槽などのプラスチック部分にくっついたままで放置してしまうとサビ汚れが移ってしまいます。
お風呂場だけでなくキッチンでもシンクなどに缶詰などを置きっぱなしにしているとサビがついてしまうこともあります。

■もらいサビの掃除方法
・軽い汚れはクレンザーで簡単に落とそう!
軽いもらいサビはクレンザーで綺麗にすることができます。
サビ部分にクレンザーをかけ、歯ブラシで優しくこすりましょう。
サビが取れたらティッシュや付近で拭き取って洗い流しましょう。

・重度のもらいサビはハイドロハイターで汚れを落とそう。
長い間もらいサビを放置してしまいクレンザーで綺麗にすることができない場合は、花王さんから発売されているハイドロハイターを利用してもらいサビを綺麗にしましょう。
サビ部分にハイドロハイターをふりかけ、水を少量落として歯ブラシやメラミンスポンジでこするだけで大体のサビ汚れは綺麗にすることができるでしょう。

■お風呂場の掃除にお困りの際はオールサポートにお任せください!
お風呂場のカビ汚れやサビ汚れなどにお困りの際は私たちオールサポートのハウスクリーニングサービスをご利用くださいませ。

最近の葬儀事情

お役立ちコラム,大阪市エリア,天王寺区
タグ:大阪 生前整理,大阪市天王寺区 遺品処分,大阪市天王寺区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市天王寺区で不用品回収を行っているオールサポートです。

大切なご家族が亡くなられた後、葬儀を行うことになります。
最近では家族や親族だけで行う葬儀も増えており、昔のように大勢を招いた葬儀は少なくなってきました。核家族化や宗教心の希薄化、少子高齢化などの社会的な問題が背景と言われています。

葬儀のスタイルも多様化しており、通夜を行わず葬儀と告別式を1日で終わらせる葬儀の形の火葬式や一日葬、家族だけで行う家族葬、変わったものだと音楽葬や宇宙葬、散骨葬など様々な形式の葬儀が現れました。
お葬式にはこうでなければならないという決まりはありません。
しかし、葬儀を行わない場合でも必ず行わなければならないことはあります。
それは
・亡くなられた場所からのご移送
・納棺、安置
・死亡診断書の作成・提出
・火葬許可証・埋葬許可証の取得
・火葬を行う
です。

ではどのような葬儀の形式が最近の主流になっているのでしょうか。
一番主流となっているのが「家族葬」です。
家族葬とは、ご家族や親族など限られた人たちで行う葬儀です。
以前主流であった多くの方を招いて行う一般葬だと周りへの配慮や葬儀の業務に追われ故人との最後の別れをゆっくり行うことができませんでしたが、家族葬はこのような悩みを解消することができ、なおかつ費用も抑えることができます。
家族葬の費用の相場50万円ほどで、一般葬と比べたら価格がだいぶ抑えられます。
さらに費用を抑えたいのであれば葬儀をせずに火葬だけを行う火葬式という形式もあります。身寄りがなかったり、費用をとにかく抑えたい方には適しています。

このように葬儀には様々な形式があり、簡素化が進んでいます。
ただどのような葬儀にするかは故人が生前の時から話し合いを行うことが大切です。

ご家族が亡くなった後に早急に行わなければならない手続き

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 遺品処分,大阪市住之江区 生前整理,大阪市住之江区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不用品回収を行っているオールサポートです。

ご家族が亡くなった後に早急に行わなければならない手続きがいくつかあります。
亡くなってしまった後、自宅・病院でご臨終に立ち会った医師が死亡診断書を作成してくれます。
死亡した当日か翌日に渡してもらえることが多いですが、もらえない場合はお願いしてみましょう。

■死亡届
死亡届は、死亡した場所、故人の本籍地、届ける方の所在地の役場で提出します。
死亡してから7日以内に提出する必要があり、正当な理由がなければ5万円以下の過料を徴収されてしまいます。
そのため、死亡が発覚した後はすぐに死亡届を提出しましょう。
届出人として手続きできる人は、親族、親族以外の同居人、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、後見人、保佐人です。

■埋火葬許可申請書
死亡届と同時に提出するのは埋火葬許可申請書です。
埋火葬許可申請書は市民課や窓口サービス課の窓口でもらうことができます。

埋火葬許可申請書はご遺体を火葬する際に必要で、火葬する当日に提出します。
火葬が行われた後、埋火葬許可証が渡され墓地に納骨を行う際に提出が必要になります。許可証がないと埋葬は法律で禁止されているため、埋火葬許可証は大切に保管しておきましょう。
万が一無くしてしまった場合は5年未満であれば死亡届を提出した役所であれば再発行をすることができます。

最近では死亡届や火葬許可証の手続きを葬儀屋に代理をお願いすることもできます。生前から信頼できる葬儀屋を見つけておくと良いでしょう。

当社では遺品整理、不用品整理、ハウスクリーニングなど様々なサービスを取り扱っております。
お困りの際はオールサポートまでご相談くださいませ。

お部屋のご供養は行うべき?

お役立ちコラム,大阪府エリア,枚方市
タグ:大阪 遺品処分,枚方市 生前整理,枚方市 遺品整理

みなさんこんにちは、枚方市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

孤独死が起こってしまったとき、その現場である物件はどうしたら良いのでしょうか。
お部屋の片付けや消臭、除菌などを行いお部屋を原状回復させることはもちろん、賃貸物件なら退去をする必要があります。

ただ一つ行うべきか悩むのが、お部屋に対しての供養です。

今回はお部屋の供養について考えていきたいと思います。

■お部屋の供養は必要?
孤独死で亡くなられた方を葬儀や法要を行い供養を行いますが、孤独死が起きてしまったお部屋の供養はあまりされることがありません。
しかし人によって部屋の中に魂が残っているのではないかと思う方もいらっしゃいます。

■供養を行う際のメリット
・隣近所に安心してもらうことができる
孤独死が起きてしまった現場の近隣住民は不安な気持ちでいっぱいです。
怖い、気持ち悪い、気味が悪いなど人によっては様々なマイナスな感情を持ちます。
このような感情のせいで退去に至ってしまうケースもあります。
そのため、お家自体の供養を行うことで近隣住民の不安を軽減させ退去に至るのを避けたいということで供養を行う方もいらっしゃいます。

・次の住民に安心してもらう。
どんなに家の中を消臭・除菌などの原状回復ができていたとしても、孤独死してしまった方の魂がお家の中にさまよっているのではないかと感じてしまい、不安で借りたいと思う方はあまりいません。
供養を行うことで少しでも安心して入居してもらえるようにしましょう。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談くださいませ。

シーリングライトの処分方法

お役立ちコラム,大正区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品処分,大阪市大正区 不用品かたづけ,大阪市大正区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市大正区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

人間の生活に光を与えてくれるシーリングライト。
ただ故障してしまったり、インテリアを変えてみたりと処分を考えるタイミングが来る時がきます。

今回はシーリングライトの処分方法についてご紹介いたします。

■シーリングライトの処分方法
・strong>■シーリングライトは何ゴミ?
たいていのシーリングライトは粗大ゴミで処分することになります。
小型のものであれば、燃えないゴミになる場合もあるため、お住いの自治体のルールを確認しましょう。

粗大ゴミ回収の場合下記のような手順で処分します。

1.粗大ゴミセンターに連絡して粗大ゴミ回収の予約を行う。
2.処分したい不用品の種類・数を伝えて回収日時と場所を決定する。
3.粗大ゴミ処理券を購入する。
4.ごみ処理券を不用品に貼り付け、指定された日時・場所に出しておく


費用は抑えることができるため、時間に余裕がある方にはオススメです。

燃えないゴミの場合は、指定された曜日に出すことで無料で処分することができます。

■粗大ゴミ回収以外の処分方法
・知人に譲る
あなたのお知り合いでシーリングライトを必要としている方がいるのであれば譲ってあげましょう。引越しが控えている方、照明器具が壊れて困っている方に譲ってあげれば喜ばれることでしょう。

・リサイクルショップに売却する。
シーリングライトはリサイクルショップでも売却することができます。
ただそんなに高く売れる可能性はないため、売却費用が0円で処分することができると思うようにしましょう。

・不用品回収業者に依頼する。
シーリングライトは不用品回収業者に依頼して処分することも可能です。
時間に制約があったり、不用品を運び出すことができない方は不用品回収業者に依頼することがオススメです。
当社でもシーリングライトの処分のお手伝いをさせていただいております。
お困りの際はオールサポートまでご相談くださいませ

不要になったコピー機の処分方法とは?

お役立ちコラム,大阪府エリア,門真市
タグ:大阪 不用品処分,門真市 不用品かたづけ,門真市 不用品回収

みなさんこんにちは、門真市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

仕事で欠かすことができない「コピー機」
古くなってしまったり壊れてしまった業務用コピー機が事務所の中に片隅に置きっぱなしになっていないでしょうか。
コピー機はとても大きく、重いため動かすことがとても大変です。
処分しなければならないと思うと気持ちも重くなってしまいますね。

今回はコピー機の処分方法について考えていきたいと思います。

■コピー機の処分方法
・自治体の粗大ゴミ回収で処分する。
家庭で使用されるコピー機は粗大ゴミとして処分することができます。
粗大ゴミ回収はご自身で日時を予約して粗大ゴミ処理券を購入することで行うことができます。

・産業廃棄物として処分する。
業務用のコピー機は粗大ゴミ回収で処分するのではなく、産業廃棄物として処分しなければなりません。
一般的に1台1万円はかかってしまうため、費用を準備しておきましょう。

・リサイクルショップに売却する。
リサイクル業者を利用してコピー機を処分することができます。
ゴミを産業廃棄物として処分する場合、費用が多くかかってしまいます。
しかしリサイクル業者に買い取ってもらうことができれば、お金を手にkれることもできます。

・不用品回収業者に依頼する。
コピー機は不用品回収業者でも処分することができます。
費用はかかってしまいますが、早急に処分を迫られている場合は利用すると良いでしょう。

お困りの際はオールサポートまでご相談ください。