pagetop

お役立ちコラムの不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷はオールサポートにおまかせください

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

環境問題ってどんなものがあるの?4

お役立ちコラム,城東区,大阪市エリア
タグ:ゴミ屋敷 大阪,大阪市城東区 不要品回収,大阪市城東区 遺品整理

オールサポート 4Rって何?エコについて考えよう。

みなさんこんにちは、大阪市城東区で不用品回収を行っているオールサポートです。

環境問題は、地球温暖化以外にもたくさんあります。
その数全部で13種あると言われています。

今回は環境問題の2つ「野生生物の絶滅」「水質汚染」をご紹介いたします。

1.野生生物の絶滅
世界中でたくさんの野生生物が絶滅の危機にさらされています。
現在では年間4万種以上の生物が絶滅しているとされています。
絶滅しそうな野生動物は「絶滅危惧種」と呼ばれ、命が途絶えてしまないように繁殖活動などに力を入れていたりなどの活動をしています。私たちがよく聞く動物で言えばジャイアントパンダや、ハシビロコウ、オラウータン、スマトラトラ、ジュゴン、レッサーパンダなど様々な動物が該当します。
人間と動物がうまく共存できるように環境に優しい生活をしていくことが求められていきます。自分自身ができることから始めていきましょう。

2.水質汚染
水質汚染とは、河川や海、湖、地下水が人間の行動によって引きおこされる有害影響のことです。私たちの体の大半は水でできています。人間は水がなくては生きていけません。幸いなことに日本は水資源がとても豊富で、あることが当たり前となってしまっているため、水を大切にしている人はあまり多くありません。しかし世界のどこかでは、生活排水や工場廃水などの水を飲んで暮らしている人がいます。衛生的ではなく、水により病気になってしまう人がたくさんいます。
水資源は限りがあります。今後、子孫が安全な水で暮らしていけるよう水資源を守っていく必要があります。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

環境問題ってどんなものがあるの?3

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:ゴミ屋敷 大阪,生野市 不要品回収,生野市 遺品整理

オールサポート 4Rって何?エコについて考えよう。

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行っているオールサポートです。

環境問題は、地球温暖化以外にもたくさんり、その数全部で13種あると言われています。

今回は環境問題の3つ「異常気象」「オゾン層の破壊」「海面上昇」をご紹介いたします。

1,異常気象
異常気象ときいて思い浮かぶのは「台風」や「洪水」などで花でしょうか?しかし、私たちの身近なところにも異常気象はおこっています。
毎年のように言われている猛暑、暖冬や雨が多すぎたり少なすぎることも異常気象なのです。
異常気象の原因は、「地球温暖化」と言われています。

2.オゾン層の破壊
オゾン層とは、地上20〜30kmの場所にある地上に存在するものを紫外線から守ってくれるものです。
オゾン層を通さず紫外線に当たってしまうと、皮膚癌や失明・白内障、エイズなどのウイルス性の病気になってしまいます。
現在このオゾン層がどんどん減少していっています。何十年後にはオゾン層が現在の3/2に減少してしまい、最悪な状態になると言われています。

3.海面上昇
海面上昇とは、平均気温の上昇により北極や南極の氷河が溶け海に流れ込み起こります。また、水温が高くなることにより、海水の体積が膨張することによって起こります。
海面が上昇することにより、今までは防げていた高潮を防ぐことができなくなる恐れがあります。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

環境問題ってどんなものがあるの?~地球温暖化2~

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:ゴミ屋敷 大阪,大阪市生野区 不要品回収,大阪市生野区 遺品整理

オールサポート 4Rって何?エコについて考えよう。

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行っているオールサポートです。

前回に引き続き、地球温暖化についてご紹介いたします。

地球温暖化は人間が便利に暮らしていく上で避けて通れない問題です。
人間が今当たり前のように使っている電気は、石油や石炭を燃やして作っています。
電気を作り出すと温暖化の原因になる二酸化炭素が発生します。人間がよりたくさん電気をたくさん使うことでより多くの二酸化炭素を放出してしまうのです。

また、二酸化炭素と太陽光、水を使って光合成している木や草花が減少したことも温室効果ガスが増えてしまった原因です。人間が便利な暮らしを求めると同時に環境破壊はどんどん進んでいきます。

私たちができることは地球温暖化の進行を少しでも遅くすることです。
その一つは、エコ機能がついた電化製品に買い替えたり、電気の無駄使いをやめることです。
最近では、電球やエアコン、液晶テレビなど省エネの物やエコ家電が電気屋さんで販売されています。少ない電力で稼働してくるので節電になり二酸化炭素の発生も少なくすることができます。

また電力の無駄遣いを抑えるためにもエアコンの温度に気をつけたり、待機電力を使わないようにコンセントを抜いたりなどできることは沢山あります。

また、粗大ごみの正しい処分方法を知ることも大切です。ただ廃棄に出すのではなく、リサイクルショップや不用品回収を通して他の人に再利用してもらうのも環境に優しい行動です。

身近なこと、できることから少しずつエコについて考え、行動していきましょう。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

環境問題ってどんなものがあるの?~地球温暖化1~

お役立ちコラム,大阪市エリア,此花区
タグ:ゴミ屋敷 大阪,大阪市此花区 不要品回収,大阪市此花区 遺品整理

オールサポート 4Rって何?エコについて考えよう。

みなさんこんにちは、大阪市此花区で不用品回収を行っているオールサポートです。

人間が地球上で生活していると、地球の環境はどんどん変化し問題が発生します。
環境問題にも種類があり、大まかに分けると13種類あると言われています。
今回は13種類の環境問題の中の地球温暖化についてご紹介いたします。

1.地球温暖化
環境問題といえば地球温暖化と思う方が多いのではないでしょうか?
地球温暖化とは温室効果ガスが大気中に大量に放出されることにより、地球全体の平均温度が上がってしまう現象のことです。
現在私たちが普通に生活している中ではあまり影響を感じ取ることはできませんが、北極や南極では氷が溶け出しペンギンやクマなどの野生動物たちの命の危機が叫ばれています。
私たちの知らないところで進行しているのです。
また、氷が溶け出すと海面の高さが上がってしまい島などが海に沈んでしまうことも将来訪れると予想されています。
さらに気温上昇で雨が全く降らなくなり、大地が枯れてしまう可能性もあります。それにより農作物などの収穫も難しくなるかもしれません。
この他にも地球温暖化は地球のいろいろな場所で様々な問題を引き起こす可能性があります。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールサポートへご相談ください。

4Rって何?エコについて考えよう。

お役立ちコラム,大阪府エリア,東大阪市
タグ:不用品回収 大阪,東大阪市  遺品整理,東大阪市 ゴミ屋敷

オールサポート 4Rって何?エコについて考えよう。

みなさんこんにちは、東大阪市で不用品回収を行っているオールサポートです。

急激な経済の成長により大量生産・大量消費の時代となり、それに比例して大量のゴミが発生しゴミ問題が深刻になっています。
一人一人がゴミ問題に向き合い、ゴミを減らそうと行動することが大事です。

みなさんは4Rという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
4Rは4つのR
Refuse(断る)
Reduce(減らす)
Reuse(再利用する)
Recycle(資源の再利用)
から成り立っています。

それぞれの意味をご説明します。

Refuse(断る)は、簡単に言うと余計なものを「必要ない」と断ることです。
例えばコンビニに行った際にもらう割り箸やストロー、スプーンを断ったり、マイバッグを持つことでスーパーの袋を断ることです。

Reduce(減らす)は、言葉の通りゴミを減らすことです。
例えば、シャンプーやボディーソープ、食器洗い洗剤など詰め替え用のものを買えば、ゴミを最小限にすることができます。

Reuse(再利用する)は子供服を友人に譲ったり、本を古本屋に売ったりなど、もう一度利用してもらえるようにすることです。

Recycle(資源の再利用)はみなさんになじみのある言葉ですね。
ペットボトルや空き缶などの資源ごみを回収して、原料に戻し再度製品化することです。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談下さい。

枯れてしまった観葉植物、どうやって捨てよう?

お役立ちコラム,大阪府エリア,寝屋川市
タグ:不用品回収 大阪,寝屋川市  遺品整理,寝屋川市 ゴミ屋敷

観葉植物

みなさんこんにちは、寝屋川市で不要品回収を行っているオールサポートです。

お部屋のインテリア一つ取り入れてみたい観葉植物ですが、枯らしてしまう人が多いようですね。
その理由として、
1.水のやりすぎ
2.日光不足
3.肥料のやりすぎ
4.温度調整
5.根詰まり
6.管理不足
などが挙げられます。

お仕事で忙しかったりすると、なかなか観葉植物の管理に手が回らずにいつの間にか枯れてしまうことがあるかと思います。

完全に枯れてしまっては観葉植物を処分するしかありません。
いつまでも放置していると枯れた葉が床に落ちて不衛生な環境になってしまうので早めに処分していきましょう。

処分方法はこちらです。
1.植物本体は、燃えるゴミに捨てる。
まずは土から観葉植物を抜きましょう。
丁寧に土を落とし、観葉植物本体をハサミやノコギリを使って切りましょう。
先が尖ったものはゴミ袋を破ってしまうため、10cm以内に切ることをお勧めします。

2.植木鉢を捨てる
植木鉢は素材によって処分方法が異なります。
プラスチックであれば燃えるゴミで出せますが、陶器やガラス素材だと自治体によって処分方法が異なってきます。
必ず、処分方法を確認してから捨てましょう。

3.土を処分する。
観葉植物に使用されていた土は、自治体でのゴミ回収では捨てることができません。
そのため、土を処分する際は、自宅の庭に捨てるか、土を回収してくれる業者に依頼するしかありません。公園などに捨ててしまうと不法投棄となってしまい、罪に問われてしまいますので絶対に捨てないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?少し手間がかかりますが植物を育てている以上、最後まで責任を持って処分してしましょうね。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

観葉植物はカビの元?正しく手入れをしよう。

お役立ちコラム,住吉区,大阪市エリア
タグ:不用品回収 大阪,大阪市住吉区 ごみ屋敷 かたづけ,大阪市住吉区 遺品整理

観葉植物

みなさんこんにちは、大阪市住吉区で不要品回収を行っているオールサポートです。

観葉植物は、お家の雰囲気をガラッと変える良いアクセントになりますよね。
また、フレッシュな気持ちになれたり、空気がすんでいるようで気持ちの良い気分になります。
しかし湿度が高い時期には、より部屋の中の湿度を上げてしまうため観葉植物の土にカビが生えてしまうこともあります。

観葉植物の土に白いふわふわしたものが乗っていたら、それは「白カビ」の可能性が大きいです。
白カビの原因は、水のやりすぎ、鉢の中が多湿状態、設置場所の風通しの悪さ、培養土の中に有機質が多さなどが挙げられます。
植物を育てる上で水は必要になっていきますが、やりすぎてしまうと根枯れの原因にもなってしまいます。また風通しが悪く日が当たらないところに置いてしまうと、土が乾かずに長い間放置してしまうため、どんどんカビが増えてしまいます。

カビを放置しているとどんどん繁殖してしまうので、白カビが乗っている表面の土を取り除き新しい土を入れてあげましょう。
また、白カビにアルコール除菌スプレーをシュッと3プッシュ程吹きかけてあげるのも効果的です。
植物には影響はなく、きれいに白カビがなくなってしまいます。

次回は枯れてしまった観葉植物の処分方法についてご紹介いたします。

お困りごとの際はオールサポートへご相談ください。

スプレー缶の処分方法~ガス抜きの方法~

お役立ちコラム,大阪府エリア,枚方市
タグ:枚方市 ゴミ屋敷,枚方市 不要品回収,遺品整理 大阪

プリント

みなさんこんにちは、枚方市で不用品回収を行っているオールサポートです。

スプレー缶を捨てるのって少し面倒ですよね。
燃えないゴミで出そうと思っても、スプレー缶に関してはルールが違ったりと特殊なところが少し面倒なところです。
また、基本的に中身が残っているスプレー缶や未使用のものは、捨てることができません。
自分自身でガスを全て取り出す必要があります。

今回は、スプレー缶のガスの抜き方をご紹介いたします。

用意するものはビニール袋と新聞、マスクです。

まず、ビニール袋に細かく丸めた新聞紙を入れ、スプレーを噴射し中身を抜きます。
噴射音がなくなればガス抜きの終了です。
スプレーを噴射したビニール袋にはたくさんガスがたまっているので口を開けておき、ガスが抜けたら燃えるゴミとして廃棄しましょう。

ここで注意点です。
ガス抜きをするときは必ずマスクを装着しましょう。
スプレーの中身の中には人間の害になってしまう性質のものもあります。
目や口の中に入らないようにしっかりとガードしましょう。
また、室内でガス抜きをするのは絶対にやめましょう。庭やベランダなど風通しが良い場所で行いましょう。

いかがでしたでしょうか?
ガス抜き自体は簡単ですが、自分自身でやるのはちょっと、、と思う方は不要品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか?
スプレー缶以外にも不要品があればまとめて回収してくれるのでオススメです。

お困りごとの際はオールサポートへご相談ください。

スプレー缶の処分方法~捨て方のルール~

お役立ちコラム,大阪市エリア,浪速区
タグ:大阪市浪速区 ゴミ屋敷,大阪市浪速区 不要品回収,遺品整理 大阪

プリント

みなさんこんにちは、大阪市浪速区で不用品回収を行っているオールサポートです。

スプレー缶の捨て方って少し悩みますよね。
特に中身がまだ残っていたり、未使用のものだと処分過程で爆発する恐れもあります。
過去、ガス抜きされていないスプレー缶によってゴミ収集車が燃えてしまい作業員が怪我を負ったという事故がありました。

スプレー缶の捨て方がわからない、めんどくさいからといい加減な捨て方をしていると、人に迷惑をかけてしまったり、怪我をさせてしまうことになります。
責任を持って捨てる前にしっかりと処理を行い安全な廃棄を行いましょう。

まず、スプレー缶の捨て方のルールをご紹介いたします。

1.中身を全て使い切ってから処分する。
スプレー缶処分の基本は「処分する際は中身を全て抜くこと」です。
スプレーの中身が残っている場合は、全て使い切ってから捨てましょう。
なぜなら缶に残っているガスに引火して爆発してしまうことがあるからです。

2.自治体にスプレー缶を回収してもらう。
自治体によってゴミの捨て方が変わりますが、一般的にスプレー缶は「燃えないゴミ」で捨てることができます。専用の袋に入れたり、箱の中に入れたりなど自治体によってルールが異なります。「穴をあけなければいけない」と記載されているところもありますので、お住いの地域のルールをしっかり守って廃棄しましょう。

3.不要品回収業者に回収してもらう。
自分自身で処分する自信がない場合は、不要品回収業者に依頼しましょう。
様々な不要品を回収してくれますので、家の中に不要品がないかを確認してまとめて回収してもらうのも良いでしょう。

お困りごとの際はオールサポートへご相談ください。

使用期限を確認して冷蔵庫の買い替えを検討しよう!

お役立ちコラム,大阪府エリア,東大阪市
タグ:東大阪市 ゴミ屋敷,東大阪市 不用品回収,遺品整理 大阪

N112_nayandahyoujyou_TP_V

みなさんこんにちは、東大阪市で不用品回収を行っているオールサポートです。

家電には飲み物や食べ物と同じように使用期限があることをご存知でしょうか?
家電はいつか壊れてしまうのですが、あらかじめ使用期限を知っておくことで買い替えの時期を確認し検討することができます。

例えば冷蔵庫の使用期限は9年から10年と言われています。
それ以前に壊れてしまうこともあるかもしれませんが、使用期限を越えて使用していると、冷蔵庫の冷えが弱まってしまったり、突然動かなくなってしまうことがあります。

冷蔵庫の使用期限をわかっていても、動いているから大丈夫だろうとついつい放置しがちです。
しかし、突然動かなくなっては大変です。
冷蔵庫内に入っていた生鮮食品や冷えた飲み物、アイスクリーム、冷凍食品などが全てダメになってしまいます。

冷蔵庫は10万円以上するものが多く、決して安い買い物ではありません。
もし突然故障して、買い替えとなるといきなりの出費に家計が火の車になってしまう可能性もあります。
そうならないためにも、使用期限をちゃんと確認して買い替えのための貯金をしたり、どの機種にするかなどを話し合う準備をしていきましょう。

今は10年前の冷蔵庫にはなかった省エネの機能がついた冷蔵庫が多く出回っており
電気代を大幅にカットすることができます。

古い冷蔵庫を処分する際は
即日で対応してくれる不要品回収業者に依頼するのがオススメです。

ご相談だけでも大丈夫ですので
お気軽にオールサポートへご連絡ください。