pagetop

大阪市エリアの不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷はオールサポートにおまかせください

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

大阪市住吉区にて不用品回収のご依頼いただきました。(担当:中嶋)

大阪市エリア,東淀川区
タグ:ワンルーム不用品かたづけ,大阪市東淀川区

大阪市住吉区で不用品回収・お部屋のおかたづけ・遺品整理・ゴミ屋敷清掃などを行っておりますオールサポートです。
ブログ更新担当内海です!
この頃は秋の訪れを少しずつ朝・晩と涼しくなりました。
皆さま体調を崩しやすい季節ですがどうお過ごしでしょうか?
本日もオールサポートは元気に営業しております!

本題に入りますが、今回ご紹介させていただくお客様は大阪市住吉区にお住いのN様です!
ご依頼いただき誠にありがとうございます!
ご依頼内容はお家の一室をすべて処分したい、とのご依頼でした。
お見積もりにお伺いさせて頂いた際、スタッフがご提案させていただいたプランがお客様のお求めになっていたことが合いその場で作業のお日にちを決めさせていただきました。

作業当日、ご挨拶から養生などをし作業が始まりお客様は終始スタッフのスピーディーかつ丁寧な作業に大変満足し喜んでいただき私共も大変うれしく思っております。

オールサポートでは毎月作業研修・マナー研修などを行っており安心・安全なサービスの提供をし顧客満足度を第一に考えスタッフ一同日々精進しております。
オールサポートの持ち味は【迅速な対応】・【安心できるサービス】です!
またお困りの際は些細なことで構いません。
弊社までご連絡くださいませ。
東淀川区での不用品回収・遺品整理・お片付け・ゴミ屋敷清掃は即日対応しております!

 

 

遺品整理 落ち込んでいる方に投げかけてはいけない言葉 大阪版

お役立ちコラム,大阪市エリア,東住吉区
タグ:大阪 遺品片付け,大阪市東住吉区 遺品整理,大阪市東住吉区 生前整理

みなさんこんにちは、大阪市東住吉区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

ご家族を失い、落ち込んでいる人を入ると力になってあげたいという気持ちになることでしょう。
しかし力付けたい・励ましたいという気持ちが先走って、良かれと思った言葉でも落ち込んでいる方を傷つけている可能性があります。

深い悲しみの中にいる方はただ悲しくて泣いたり落ち込んでいるという症状だけではありません。
無力感や自責感、絶望、不安、怒り、過活動など症状は異なります。

またこれらの症状を外では見せない人もいます。
元気そうに振舞っていても一人になった時にスイッチが切れたように落ち込んでしまう人もいますし、判断能力が低下して怠けて見えてしまう人見ます。

このような人に対して投げかけるのは避けたい言葉・行動をご紹介いたします。

■励まし
・「落ち込んでないで早く元気になろう」
・「応援しているよ頑張って」

■気休めの言葉
・時間が解決してくれるよ」
・あなたの気持ちよくわかるよ」

■比較する
・「あなたより辛い思いをしている人がいるから大丈夫よ」
・「私の友人の経験からしたら大したことないよ」
・「私も〜だったからすぐに立ち直れるよ」

■前進を進める
・「過ぎたことなんだし気にせずに行こう」
・「まだ若いんだしきっぱり忘れて新たな気持ちで進んで行こう」

■立ち直りが遅いことを指摘する
・「いつまでもクヨクヨとしていないで」
・「あんだけ悩んだんだからそろそろ元気出そう」

■悲しみを否定する
・「そんなに悲しそうにしていたらみんな悲しくなっちゃうよ」
・「辛そうにしているあなたを見たくない」

落ち込んでいる人を見ると上記のような言葉をかけてしまいがちです。
しかしこのような言葉は落ち込んでいる人をさらに追い込んでしまいます。
このような言葉をかけるのではなく、落ち込んでいる人に寄り添って自分の意見は極力言わずに話を聞いてあげましょう。

話を聞いている上で予想外の行動(口論・八つ当たり・攻撃)を受けることもあるかもしれません。しかし気持ちが落ち着いていないため仕方がないと大きな気持ちで受け止めてあげましょう。

遺品整理時に困らないように夏休みが終わる前に今後のことについて話し合おう。

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪 遺品お片付け,大阪市生野区 生前整理,大阪市生野区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

もうすぐ夏休みが終わってしまいますね。
夏休みが終わる前にご家族で話し合ってもらいたい事があります。
それはご両親の死後についてです。

両親が嫌な思いをするのではないか?
死について生きているときに話し合うなんて考えられない。
と考える方も多いでしょう。
しかしご両親が生前中に話し合っておかないと亡くなってしまったときに困るのは遺族です。

実際に両親にどのくらい財産があるかを知っている人は2割程度です。
なかなか財産のことについて話し合う事はハードルが高かったり、大した財産がないだろうと決めつけてしまい聞かないという方が多いです。

■人が亡くなるとたくさんの手続きが始まる。
人が亡くなるとやらなくてはならない手続きがたくさんあります。
死亡から7日以内に死亡届を出し、そのあとにお通夜や告別式を行います。
世帯主の変更、相続財産の洗い出し、相続人の調査、納骨、遺産分割協議、公共料金やクレジットカードの解除、相続税の申告、納付など様々な手続きが待っています。

人が亡くなった後は銀行通帳が凍結されるため、地方の信用金庫などに故人がお金を預けていた場合、その銀行のやり取りは口座がある支店に出向く必要があります。
そのため飛行機代や新幹線代を出す必要があるため負担が大きいです。

また、銀行の凍結を解除するには死亡届、口座の名義を証明する通帳、戸籍謄本、相続人全員の実印と印鑑証明が必要になります。
相続人全員に確認を取る必要があるため、とてもめんどくさい作業です。

そのため生前のうちに地方の信用金庫に預けているお金は近くの銀行に移すことをお勧めします。

■夏休みはご両親と今後のことについて話し合ってみましょう。
上記のようなことで困らないためにもご両親がご健在の時から話し合いをしましょう。
何かお手伝いできる事がございましたら当社オールサポートに一度ご相談くださいませ。

大阪府での突然の孤独死、私たちにご連絡ください。

お役立ちコラム,大阪市エリア,淀川区
タグ:大阪 遺品片付け,大阪市淀川区 生前整理,大阪市淀川区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市淀川区で不要品回収を行なっているオールサポートです。

孤独死は高齢者に多いとされているが、しかし最近では晩婚化や熟年離婚などによる一人暮らしの40代から50代の方でも孤独死が起こる可能性は高いです。

今回は孤独死が起こった際に特殊清掃員がどのような作業を行なっているかご紹介致します。

■一般清掃を行う。
清掃には2種類あり、
一般清掃はゴミや家具などの撤去を行い、
特殊清掃は遺体から出た体液やにおいなどの除去を行います。

まずは一般清掃を始めていきます。
孤独死が起こった家に入ったときにまず通路のゴミを片付けていきます。
空き缶やペットボトル、お弁当のゴミなど室内に散乱したものを片付け、作業員が通れるスペースを作っていきます。
通路が確保できたらお部屋内のゴミ、冷蔵庫内の中にあるもののゴミをまとめていきます。

ご遺体の腐敗が進んでいて異臭が家電や家具に染み付いてしまっている場合は処分していきます。
分別も行いながらアルミ缶やペットボトルなどリサイクルできるものは行い、汚れているものであれば廃棄していきます。

■ゴミを撤去する。
部屋の中で集めたゴミを外に置いてあるトラックに運び出します。
においがゴミに染み込んでいるためできる限りエレベーターではゴミを運ばず階段を使って運び出します。

■遺品をまとめておく。
書類などの個人情報が載っているもの、中身のわかない封筒、写真、アルバム、故人が使っていたであろうご遺品は捨てずにまとめておきます。
清掃が終わり最終的にはご遺族の方がお部屋の中に入っていただくため、そのときにまとめて置いた遺品を渡します。
また遠方でお部屋に来れない場合は連絡を取って郵送で渡します。

■特殊清掃を行う。
一般清掃が終わったら特殊清掃を始めていきます。
床の表面に着いた体液を清掃し、床下の
安定化二酸化炭素や次亜塩素酸ナトリウムなどの液体を使い化学反応を起こし効率よく汚れを取っていきます。
床の表面の清掃が終わったら床下を確認するためにクッションフロアなどを剥がしていきます。
床下へ体液の侵食がひどい場合、板部分を解体する場合もあります。

■孤独死でお困りの際はオールサポートまでご相談ください。
ご家族が孤独死の状態で見つかった際は当社に一度ご相談くださいませ。
様々な現場を経験したプロのスタッフが問題を解決させていただきます。

大阪にもたくさんの空き家が!今後に備えて解体について考えよう。今からできる生前整理

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品片付け,大阪市住之江区 不用品処分,大阪市住之江区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不要品回収を行なっているオールサポートです。

ご両親が亡くなり、実家に誰も住む人がいなくなったときどうすればよいか悩んでいるという方は多いでしょう。
実家に戻りご自身が住むことが難しく買い手もいない場合、実家を解体する人も少なくありません。
思い出の場所だから解体は避けたいという方もいらっしゃるかと思いますが、空き家をそのままにしていると大きなデメリットが付きまといます。

今回は空き家解体について考えていきましょう。

■空き家を放置しているとデメリットがある。
両親と共に過ごして来た実家はあなたにとってかけがえのない場所でしょう。
そのため解体するなんて考えたくないかもしれません。
しかし空き家を放置してしまうと様々な問題が起こるかもしれません。
例えば空き家を放置していることで、家が倒壊して隣近所に迷惑をかけてしまうかもしれません。また誰もいない事をいいことに空き家に不法侵入されたり放火されてしまうかもしれません。
このような問題を避けるために空き家の管理を行ったり解体を行ったりします。

■空き家解体にかかる費用はどのくらいになる?
空き家の解体費用は立地や規模、構造によって異なります。
目安ではありますが、1坪あたりの費用は下記の通りです。
・木造 40,000円
・鉄骨造 60,000円
・鉄筋コンクリート 70,000円

このように解体費用には大きな金額が必要になります。
ただ、自治体によっては空き家を解体するのに助成金を出しているところがあります。条件があるためご自身がお住いの自治体に問い合わせてみましょう。

また、空き家を解体し更地にすることで固定資産税が高くなってしまう場合があります。
その点も考えながら空き家をどうしていくか考えていきましょう。

■空き家の運用にお困りの際は当社オールサポートご相談ください。
当社では空き家の運用についてのご相談を受け付けております。
色々な現場を経験したスタッフがお客様の質問にお答えします。
お困りの際はオールサポートへご相談ください。

最近の葬儀事情

お役立ちコラム,大阪市エリア,天王寺区
タグ:大阪 生前整理,大阪市天王寺区 遺品処分,大阪市天王寺区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市天王寺区で不用品回収を行っているオールサポートです。

大切なご家族が亡くなられた後、葬儀を行うことになります。
最近では家族や親族だけで行う葬儀も増えており、昔のように大勢を招いた葬儀は少なくなってきました。核家族化や宗教心の希薄化、少子高齢化などの社会的な問題が背景と言われています。

葬儀のスタイルも多様化しており、通夜を行わず葬儀と告別式を1日で終わらせる葬儀の形の火葬式や一日葬、家族だけで行う家族葬、変わったものだと音楽葬や宇宙葬、散骨葬など様々な形式の葬儀が現れました。
お葬式にはこうでなければならないという決まりはありません。
しかし、葬儀を行わない場合でも必ず行わなければならないことはあります。
それは
・亡くなられた場所からのご移送
・納棺、安置
・死亡診断書の作成・提出
・火葬許可証・埋葬許可証の取得
・火葬を行う
です。

ではどのような葬儀の形式が最近の主流になっているのでしょうか。
一番主流となっているのが「家族葬」です。
家族葬とは、ご家族や親族など限られた人たちで行う葬儀です。
以前主流であった多くの方を招いて行う一般葬だと周りへの配慮や葬儀の業務に追われ故人との最後の別れをゆっくり行うことができませんでしたが、家族葬はこのような悩みを解消することができ、なおかつ費用も抑えることができます。
家族葬の費用の相場50万円ほどで、一般葬と比べたら価格がだいぶ抑えられます。
さらに費用を抑えたいのであれば葬儀をせずに火葬だけを行う火葬式という形式もあります。身寄りがなかったり、費用をとにかく抑えたい方には適しています。

このように葬儀には様々な形式があり、簡素化が進んでいます。
ただどのような葬儀にするかは故人が生前の時から話し合いを行うことが大切です。

ご家族が亡くなった後に早急に行わなければならない手続き

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 遺品処分,大阪市住之江区 生前整理,大阪市住之江区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不用品回収を行っているオールサポートです。

ご家族が亡くなった後に早急に行わなければならない手続きがいくつかあります。
亡くなってしまった後、自宅・病院でご臨終に立ち会った医師が死亡診断書を作成してくれます。
死亡した当日か翌日に渡してもらえることが多いですが、もらえない場合はお願いしてみましょう。

■死亡届
死亡届は、死亡した場所、故人の本籍地、届ける方の所在地の役場で提出します。
死亡してから7日以内に提出する必要があり、正当な理由がなければ5万円以下の過料を徴収されてしまいます。
そのため、死亡が発覚した後はすぐに死亡届を提出しましょう。
届出人として手続きできる人は、親族、親族以外の同居人、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、後見人、保佐人です。

■埋火葬許可申請書
死亡届と同時に提出するのは埋火葬許可申請書です。
埋火葬許可申請書は市民課や窓口サービス課の窓口でもらうことができます。

埋火葬許可申請書はご遺体を火葬する際に必要で、火葬する当日に提出します。
火葬が行われた後、埋火葬許可証が渡され墓地に納骨を行う際に提出が必要になります。許可証がないと埋葬は法律で禁止されているため、埋火葬許可証は大切に保管しておきましょう。
万が一無くしてしまった場合は5年未満であれば死亡届を提出した役所であれば再発行をすることができます。

最近では死亡届や火葬許可証の手続きを葬儀屋に代理をお願いすることもできます。生前から信頼できる葬儀屋を見つけておくと良いでしょう。

当社では遺品整理、不用品整理、ハウスクリーニングなど様々なサービスを取り扱っております。
お困りの際はオールサポートまでご相談くださいませ。

シーリングライトの処分方法

お役立ちコラム,大正区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品処分,大阪市大正区 不用品かたづけ,大阪市大正区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市大正区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

人間の生活に光を与えてくれるシーリングライト。
ただ故障してしまったり、インテリアを変えてみたりと処分を考えるタイミングが来る時がきます。

今回はシーリングライトの処分方法についてご紹介いたします。

■シーリングライトの処分方法
・strong>■シーリングライトは何ゴミ?
たいていのシーリングライトは粗大ゴミで処分することになります。
小型のものであれば、燃えないゴミになる場合もあるため、お住いの自治体のルールを確認しましょう。

粗大ゴミ回収の場合下記のような手順で処分します。

1.粗大ゴミセンターに連絡して粗大ゴミ回収の予約を行う。
2.処分したい不用品の種類・数を伝えて回収日時と場所を決定する。
3.粗大ゴミ処理券を購入する。
4.ごみ処理券を不用品に貼り付け、指定された日時・場所に出しておく


費用は抑えることができるため、時間に余裕がある方にはオススメです。

燃えないゴミの場合は、指定された曜日に出すことで無料で処分することができます。

■粗大ゴミ回収以外の処分方法
・知人に譲る
あなたのお知り合いでシーリングライトを必要としている方がいるのであれば譲ってあげましょう。引越しが控えている方、照明器具が壊れて困っている方に譲ってあげれば喜ばれることでしょう。

・リサイクルショップに売却する。
シーリングライトはリサイクルショップでも売却することができます。
ただそんなに高く売れる可能性はないため、売却費用が0円で処分することができると思うようにしましょう。

・不用品回収業者に依頼する。
シーリングライトは不用品回収業者に依頼して処分することも可能です。
時間に制約があったり、不用品を運び出すことができない方は不用品回収業者に依頼することがオススメです。
当社でもシーリングライトの処分のお手伝いをさせていただいております。
お困りの際はオールサポートまでご相談くださいませ

遺品が多い場合はトランクルームに預けよう。

お役立ちコラム,城東区,大阪市エリア
タグ:大阪 生前整理,大阪市城東区 遺品処分,大阪市城東区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市城東区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

大切な方が亡くなられた後、残された遺族が行わなければならないのが遺品整理です。
生活用品や家財道具、趣味の道具など故人のお家の中にはたくさんの遺品が溢れていることでしょう。
遺品は故人との思い出がたくさん詰まっており、なかなか捨てづらいものです。
しかし、遺品を保管しておくスペースにも限りがあるため全てを残しておくことはできないため、いずれ処分しなくてはなりません。

■遺品の保管場所に困ったらトランクルームを検討しましょう。
故人の遺品があまりにも多く、保管場所がないという場合はトランクルームの利用を検討しましょう。
トランクルームとは、月単位・年単位で借りることができる物置のことです。
近年トランクルームへのニーズが高まっており、様々な世代が利用されています。
トランクルームには屋内型と屋外型があり、保管したいものによって保管場所を決めていく必要があります。セキュリティや湿度管理、温度管理などを必要とするものを管理したいのであれば、屋内型のトランクルームを利用しましょう。屋外型のトランクルームは保管方法によってはカビが生えてしまう可能性があるため、保管方法を工夫する必要があります。

■遺品の管理・整理に困ったら私たちオールサポートにご相談ください。
当社では遺品整理のお手伝いをさせていただいております。
遺品の正しい管理方法や整理方法、処分方法など遺品整理に関わるお客様の疑問にお応えさせていただきます。
お困りの際はオールサポートまでご相談くださいませ。

粗大ゴミでは出せない!古いタイヤの処分方法

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪 不用品処分,大阪市生野区 不用品かたづけ,大阪市生野区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

自動車の古いタイヤは自治体が実施する粗大ゴミや不燃ゴミで処分することはできません。ではどのように古いタイヤを処分すれば良いのでしょうか。
今回はタイヤの処分方法について考えていきたいと思います。

■タイヤの処分方法
・カー用品店に依頼する。
カー用品店では自動車用品を販売するだけでなく、タイヤの引き取りも行なっています。
1本数百円で引き取りをしてもらえるため、比較的安く処分することができます。
最寄りのカー用品店に問い合わせを行い、詳細を聞いてみましょう。

・ガソリンスタンドに依頼する。
人が在中しているガソリンスタンドでも不要なタイヤの引き取りを行なっている場合があります。こちらも数百円で処分をすることができるためお勧めです。ただ、ガソリンスタンドによっては高額での引き取りの場所もあるため、事前に聞いておくと良いでしょう。

・不用品回収業者に依頼する。
タイヤの状態が良くなかったり、引き取り量が多くご自身でカー用品やガソリンスタンドに持ち込むことができない場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。
お家まで回収しに来てくれますし、あなたの都合の良い日時、場所に電話1本で来てくれるため、オススメです。
カー用品店やガソリンスタンドに比べれば出張費や運搬費が上乗せされるため回収費用は高額になります。

当社でも古いタイヤの処分のお手伝いをさせていただいております。
お困りの際は私たちオールサポートにご相談くださいませ。