pagetop

大阪市生野区 かたづけ/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

一人暮らしでペットを飼う際は、ご自身の年齢のことを考えて飼いましょう。

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪市生野区 不用品回収,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 処分,大阪市生野区 格安,大阪市生野区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不要品回収を行っているオールサポートです。

ペットは私たち人間のことを癒してくれる存在です。
家に一人で寂しいから、健康のために散歩をしたいからという理由で高齢者の方もペットを飼うことが増えて来ました。
現代の日本は子供の数よりペットの数が多くなり、ペット大国になりつつあります。

しかし、飼い主が何らかのトラブルに巻き込まれて亡くなってしまった場合、ペットはどうなってしまうのでしょう。

特にお年を召した高齢者の方はこのような不安を少なからず持っているでしょう。
犬や猫の寿命は14歳程と言われており、種類によっては20歳以上長生きする場合もあります。
飼い始めた時にはご自身が元気でも10年後にお世話をすることが辛くなってしまうかもしれません。

一人暮らしでペットを飼う際は、ご自身の年齢のことを考えて飼う必要があります。
ご自身の身にもしもの時があった時にペットを代わりに見てくれる家族や友人がいれば問題はありませんが、引き取り手がいない場合、愛情を持って育てて来たペットが殺処分されてしまう可能性があります。

自身の死後、信頼できる人にペットを任せるために準備できることがあります。
生前に誰に託すかなど考え、ペットのためのお金を残す準備をしていきましょう。
ご自身の死後のペットの運命を決めるのはあなたなのです。
ペットにとって最良の道を今のうちに考えておきましょう。

当社では不用品回収や買取、ゴミ屋敷の清掃、遺品整理、お片づけなどのサービスを取り扱っております。
お家の中でのトラブルをお持ちの際は私たちにおまかせください。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

一般的ではない生前葬、でもメリットはあります。

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪市生野区 ごみ屋敷かたづけ,大阪市生野区 不用品回収,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 遺品整理,大阪市生野区 部屋かたづけ

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

あまり聞き覚えがない「生前葬」
一般的な葬儀とは違い、暗い雰囲気がなく型も決まっていないため利用する人が年々増えてきています。

生前葬は著名人が行うものなのでは?と思われがちですが、最近では一般の方でも行うケースが少なくありません。

では生前葬とはどのようなものなのでしょう。
生前葬とは、ご自身が生存しているうちに自分の葬儀をすることです。
最近では2017年にアントニオ猪木さんが東京の両国国技館で生前葬を行いました。
過去にもビートたけしさんやテリー伊藤さんも生前葬を行いました。
不謹慎なのでは?と思われるかもしれませんが、本人は真面目に生前葬に向き合い葬儀を執り行っています。

生前葬は特に決まった形式はなく、パーティのような雰囲気で行われることが多いです。
ご自身の趣味に合わせた音楽を流したものや、美味しいものを食べながら行われたりと人によってそれぞれです。
普段は言えないの気持ちを言葉にして語り合うことができるため、お勧めです。
また、祭壇に飾るお花やお料理などをご自身でじっくり決めることができ、費用もご自身で調整することができるので、通常の葬儀よりは費用を抑えることができます。
さらに生前葬を行うことで葬儀の負担を遺族にかけることがありません。

現在は生前葬は一般的ではありません。
ちょっと生前葬には抵抗がある、、という場合でも生前に葬儀の準備を整えておくことは悪いことではありません。遺族の負担を減らすためにも是非考えてみてください。
お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

畳のお手入れ方法って?

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪市生野区 不用品回収,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 ごみ屋敷かたづけ,大阪市生野区 遺品整理,大阪市生野区 部屋かたづけ

皆さんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行っているオールサポートです。

日本のお家には欠かせない畳ですよね。
畳は直接素肌に触れる場所のため、常に清潔にしておきたいものです。
また畳の張り替えを行うと費用がかかってしまうため、長く大切にしようしたいものです。

畳を長持ちさせるためには、日頃からのお手入れが大切です。

今回は日頃から行える畳のお手入れ方法についてご紹介いたします。

まずはじめに畳に落ちている髪の毛やホコリを掃除機で吸い取りましょう。
その際、畳の目に沿って優しく掃除機をかけましょう。
強く押し付けてかけてしまうと、畳が傷んでしまうため少し浮かした状態で掃除機を滑らしましょう。

次に雑巾を用意して水を含ませます。
固く絞り、掃除機の時と同様、畳の目に沿って拭き掃除を行いましょう。
出来るだけ風通しのよい晴れた日に行いましょう。
湿気が多いとカビの原因にもなります。

また湿気を溜め込まないためにも、畳の上にはカーペットなどをしかないようにしましょう。
畳の通気性が悪くなってしまうとカーペットと畳にダニやカビが発生してしまいます。

仕事が忙しく毎日のお手入れが難しい場合は、休みの日を見つけて週に1度でも良いので掃除機をかけ水拭きを行なってみてください。

畳を長持ちさせるためにもぜひ試して見てくださいね!

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

綺麗に片付けたはずなのにすぐに汚部屋に戻ってしまう方へ2

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪 遺品整理,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 ごみ屋敷かたづけ,大阪市生野区 不用品回収,大阪市生野区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

一度は頑張って部屋の中を綺麗にしたはずなのに、しばらくたつと元の汚部屋に戻ってしまったという方はいらっしゃいませんか?その原因はあなたの日々の習慣かもしれません。
今回も前回に引き続き、部屋を片付ける上で見直していただきたい習慣をご紹介いたします。

2.ものの置き場所を決めていない。
部屋が散らかる原因として「ものの置き場所を決めていない。」点があります。
収納場所がないからとりあえず机に置いてみたり、空いてるスペースがあれば置いてみたりと物の置き場所が決まっていないとあちこちにものを置いてしまう傾向があります。
また、置き場所が決まっていないと、必要な時に探さなければならず時間と手間がかかってしまい効率が悪くなるでしょう。

家に住む人が快適に暮らせるように、各品目に置き場所を決めましょう。

3.使ったものを戻さない習慣をやめる。
物の置き場所を決定したら、ものを使った後、元あった場所戻す習慣を身につけましょう。
この習慣を身につけると、部屋が散らかることはほとんどありません。

4.買い物をしすぎない。
ものを増やさないためにも買い物の頻度を減らしましょう。
生活に最低限必要なものだけ購入しましょう。
また、日用品のまとめ買いはやめましょう。置いておくスペースを確保する必要があります。

いかがでしたでしょうか?
みなさんも自分の習慣を見直して当てはまるものがあれば改善していきましょう。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

ゴミ屋敷に潜む危険とは1

お役立ちコラム,生野区
タグ:大阪 粗大ゴミ・粗大ごみ 生野区,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 ごみ屋敷かたづけ,大阪市生野区 不用品回収,大阪市生野区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市生野区で不用品回収を行っているオールサポートです。

みなさんのおうちの近くにゴミ屋敷があるという方はいらっしゃいますか?
テレビで何度か取り上げられ、ゴミ屋敷問題に意識を向ける人が増えて来ました。
「何でごみを捨てないの?」「ここまでになるまでに止められなかったの?」と普通の人であれば疑問に思ってしまうゴミ屋敷ですが、ゴミ屋敷になってしまった理由は必ずあります。
日々の仕事が忙しく、なかなか掃除ができなくなり蓄積してしまった人、もったいない精神が強く、ものを捨てることができない人、足腰が弱くごみを捨てられず蓄積してしまった人、精神疾患を患い、片付けがうまくできなかったりと様々な理由があります。

自分自身は、ゴミ屋敷の住民にはならないだろうと思っていても、近隣の家がゴミ屋敷だったり、知らないうちに親がゴミ屋敷の住民になったりと、他人事では済まされない事態に陥る場合があります。2025年には3人に1人が高齢者になる超高齢化社会になるためゴミ屋敷問題は今よりももっと増え身近な問題となります。

3つのゴミ屋敷に潜む危険をご紹介します。
1.害虫・害獣問題
2.衛生問題
3.火災問題

これら3つの問題は命の危険を脅かすこともあります。
他人事とはおもわず、一緒に考えていきましょう。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

危険物の廃棄方法を知ろう2

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 ゴミ屋敷かたづけ,大阪市生野区 粗大ごみ ,大阪市生野区 遺品整理 ,生野区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市生野区で遺品整理を行なっているオールサポートです。

前回に引き続き、危険ゴミの種類と廃棄方法をご紹介いたします。

スプレー缶を処分する際は、中身を全て使いきった状態でゴミを出さなければなりません。

使いきっていないと、ごみ収集の際に引火して爆発してしまう場合があります。
過去にも、スプレー缶による収集車の火災がいくつも全国で発生しています。

自治体によっては穴を開けてゴミに出すようにと指定があるところもあります。
その際に中身が残った状態で穴を開けるのは危険なため絶対にやめてください。

吹き出し口から中身を出して処分しましょう。
しかし、中身がたくさん残っている場合はゴミ袋に新聞紙やトイレットペーパーを入れ、その中にスプレーの中身を吹き付けましょう。
必ず、火の気のない屋外で作業を行なってください。

スプレー缶の中身を噴射したゴミ袋は燃えるゴミに出しましょう。

ライターも同様に中身を使い切ってから捨てなければなりません。
ガス抜きの方法は、操作レバーを押し、輪ゴムやガムテープなどでレバーを固定します。シューっとした音が聞こえなくなったらガスが抜けた証拠です。その後、火の気のない風通しの良い屋外にライターを半日放置して、処分しましょう。

いかがでしたでしょうか?
危険物を捨てる際は、袋に「危険」と書かれた紙を貼り付けて捨てましょう。
自治体のルールを守って、正しい方法で処分しましょう。

お困りごとの際、オールサポートまでご相談ください。

環境問題ってどんなものがあるの?8

お役立ちコラム,大阪市エリア,生野区
タグ:大阪 不用品回収,大阪市生野区 かたづけ,大阪市生野区 ゴミ屋敷かたづけ,大阪市生野区 粗大ゴミ処分,大阪市生野区 遺品整理 

みなさんこんにちは、大阪市生野区で遺品整理を行なっているオールサポートです。

前回に引き続き、13種類の環境問題について考えていきます。

今回は、「食料問題」についてご紹介いたします。

1.食料問題
現在、飢餓が原因で死亡している人数は1日に4〜5万人います。
1年間に1500万人以上の人が亡くなっており、そのうち7割以上が子供達です。

世界中で穀物は年間24億トン生産されています。
この生産数は世界中の人が生存していくのに必要な量のおよそ2倍と言われています。

2倍もの数があるにもかかわらず、世界中の人に穀物が行き届かないのはどうしてでしょうか?

その理由は、日本やアメリカ、フランス、イギリス、カナダ、ロシアなどの先進国に住む私たちが世界の穀物の半分以上を消費しているためです。

また、先進国では穀物の多くが、牛や豚、鳥などの家畜のえさに使われています。

私たちの住む日本の食生活は、戦前と比べると大変大きく変わりました。
肉や卵の消費量も10倍となり、たくさんの穀物を使って、牛などの家畜を育てていきました。

また、輸入大国の日本は、世界から年間5500万トンもの食料を輸入しています。そのうち約1800万トンは捨てられています。
日本の廃棄率は、アメリカを上回り3000万人の年間食料にあたります。
この数は飢餓で亡くなる方の人数より多いです。

私たち日本人ができることは、世界中で困窮している人がいるということを知ること、募金などを行い支援を行うこと、自分自身の生活を見直すことです。

食べる量を減らし、無駄な買い物や食べ残しを減らしましょう。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

1