pagetop

門真市 遺品処分/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

孤独死の原因に多いヒートショックとは?大阪版

お役立ちコラム,大阪府エリア,門真市
タグ:大阪 生前整理,門真市 遺品処分,門真市 遺品整理

みなさんこんにちは、門真市で不要品回収を行なっているオールサポートです。

■急激な血圧の上下によりヒートショックになる!?
ヒートショックとは急激な温度差によって血圧が上昇・下降することで心筋梗塞や脳卒中などの症状に陥ることです。最悪の場合心肺停止など死に至ってしまう可能性もあります。
どんな時に起こるかというと、
・冷たい体で熱い湯船に入った時
・温かい湯船から寒い洗面所に出た時
・暖房がかかっている部屋から寒い廊下に移動した時
などです。
特によく聞くのは入浴時のヒートショックですよね。
浴室内で失神してしまうと浴槽内で溺死してしまうこともあります。
特に高齢者は注意が必要で、国の調べによると毎年5000人以上の人が家庭の浴槽で溺死しています。
また浴室はタイルやガラスが多い場所のため転倒した際に怪我をしてしまうかもしれません。
冬の時期はヒートショックが発生する率が格段に高くなるため特に注意しなければなりません。

■安全な浴室を作ろう。
浴室はとても事故が起きやすい場所です。
ヒートショックとは言わなくても滑ってこけて頭を打ってしまって怪我をした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
安心して浴室を使用できるように下記のような対策をとりましょう。
・段差で転ぶのを防ぐため手すりをつける。
・脱衣所と浴室の床面の段差をなくす。
・床材を滑りにくいものにする。
・窓やドアに使われているガラスは強化ガラスなど割れにくいガラスにする。
・ヒートショック予防のため脱衣室と浴室に暖房設備を設定して温度差をなくす。

■事故が起きないように意識すること。
ヒートショックは高齢者に多い事故です。
高齢者本人もそうですが周囲の家族も事故が起きないように見守ることが大切です。ぜひこのようなことを心がけていただきたいです。
・入浴前には家族の誰かにお風呂に入ることを伝えて何回か見回ってもらう
・飲酒後・食後は入浴を避ける。
・お風呂にはゆっくり入って体をお風呂の温度に慣らせる。
・温度は40度ほどで長時間浸からない。

できることは行いヒートショックを防いでいきましょう。

リスク回避のために空き家を守る保険を利用しましょう。

お役立ちコラム,大阪府エリア,門真市
タグ:大阪 生前整理,門真市 遺品処分,門真市 遺品整理

みなさんこんにちは、門真市で不用品回収を行なっているオールサポートです。

日本では空き家がどんどん増えてきています。
実家を両親から相続したはいいけれど、ご自身が住んでいる家があるためどうしても実家に住むことができないという方が多く、実家が空き家になってしまうケースがとても多いです。
このようなケースはこれからもどんどん増えていきます。

空き家を所有している方は、責任を持って空き家を管理しなければなりません。
今回は、空き家を管理する際に利用したい保険についてご紹介いたします。

■保険による空き家対策
日本は様々な自然災害が発生します。
実際に2018年は大阪府北部地震や西日本豪雨など様々な災害が発生していますよね。
日本国民はいつ台風や水害、暴風雪、地震、土砂崩れなどの自然災害に巻き込まれるかわかりません。
そのため空き家に対しても火災保険や地震保険に加入することをお勧めしています。
ただ、空き家の場合は火災保険に加入することが難しいです。
誰も住んでいない空き家に対して保険をかけるのは保険会社にとってリスクが高いため断れることが多いからです。
火災保険に加入できるようにお家の中には家財道具を備えていつでも住める状態にしておくきましょう。。定期的に誰かが利用できる状態であれば保険に加入できる可能性が高くなります。

また、他人への損害は施設賠償責任保険に加入すると良いでしょう。
例えば、庭に植えてあった木や屋根瓦が台風によって剥がれ飛ばされ、通行人に怪我をさせてしまった時に保証してくれます。

■空き家で破産しないように保険には加入しましょう。
空き家を放置したままで火災が起きてしまったり、通行人に危害を与えてしまった場合、多額の賠償金が発生するためリスクを回避するためにも保険に加入して起きましょう。

1