カーペットってどうやって捨てたらいいの?

どうする?カーペットの捨て方

古くなったり汚れたりして、カーペットを処分すりことになる場合は必ずあります。しかしカーペットは大きさも素材も様々で、どのように処分したらいいのか悩む人も多いと考えられます。また過去に捨てたことがあっても、頻繁に捨てる訳ではないので、捨て方を忘れてしまった人もいるでしょう。そこで今回はカーペットの捨て方について紹介します。

カーペットは「粗大ゴミ」

サイズが大きく重さもあるカーペットは、粗大ゴミとして処分できます。その際住んでいる自治体のルールに従って、回収に出すようにしましょう。分からないことは自治体の担当部局などに確認してみて下さい。

自分で処分することも可能!

カーペットは実は自分で処分することもできます。自分で処分することができるのは、大きさが足拭きマットほどのものです。それをごみ袋に入る大きさほどに小さく切って、使われている素材に応じて可燃ごみまたは不燃ごみとして捨てられます。

可燃ごみとして捨てられるのは、素材がウールや綿、絹、麻、い草などの天然素材のみでできたカーペットです。レーヨンやアクリル、ポリエステル、ナイロンなどの合成繊維でできたカーペットは不燃ごみとして処分をします。

カーペットの裏にゴム素材の滑り止めがついたカーペットや、正方形のタイルカーペットも不燃ごみとなります。自分で捨てる場合、小さく切るのに時間がかかるのが難点です。また本当に自分で捨てることができるのか不安な場合は、事前に自治体の担当部署に電話で確認をして下さい。

粗大ゴミで出すには?

ここからは主な自治体ごとのカーペットを粗大ゴミとして処分する方法を紹介していきます。

大阪市

大阪市での出し方ですが、織物製で6畳未満のものは粗大ゴミとして出すことができます。処理手数料は200円で、粗大ゴミ収集受付センターへ申し込みをします。

枚方市

枚方市での出し方ですが、カーペットは粗大ゴミの中でもサイズ判断品目に該当します。粗大ごみ予約センターに申し込んで指示に従い出すようにしましょう。

吹田市

吹田市での出し方ですが、カーペットは大型複雑ゴミになり、不用品と貼り紙をすれば無料で回収してくれます。

東大阪市

東大阪市での出し方は、大型ごみ受付センターへ申し込みをして指示に従うようにします。手数料は3辺の長さの合計が3メートル以下のものは400円、3メートルを超えるものは800円になります。

堺市

堺市での出し方は、粗大ごみ受付センターに電話をして、指示を仰ぐようにして下さい。

自分で処分するには?

カーペットを粗大ゴミとして出す場合、事前に受付センターに連絡して指定の手数料券を購入し、貼り付けて回収に出すという手順があり、面倒に感じる人もいるかもしれません。さらに手数料もかかるので、なおさら自分でなんとかしたいという人もいるでしょう。そのような人のために、カーペットを自分で処分する方法を詳しく紹介します。

カーペットは切って処分!切り方の手順

カーペットを切って可燃ゴミ、または不燃ゴミとして処分しましょう。まずは準備するものを紹介します。切りやすいはさみと手を保護するための軍手、必要な枚数のごみ袋、ビニール紐です。細かい繊維やほこりが舞うことも考えられますので、マスクや汚れてもよい服を着用するのもおすすめになります。

準備ができたらはさみを使い、小さく切っていきます。自治体により何センチ以下にするべきか決まっているので、その大きさ以下になるよう少しずつ切って下さい。この時切りにくいので怪我には十分注意しましょう。切り終わったら重ねてビニール紐で縛ります。それをさらにごみ袋に入れて、口を縛ったら後は回収に出すだけです。

自治体ごとに細かいルールの違いがあるので、事前に調べることが必要になります。

切る時のポイント

はさみではなくカッターで切るのもおすすめです。その場合、手に力を入れて一回で切ってしまうのが切りやすい方法になります。さらに定規を使うと、刃が安定してさらに切りやすいです。ただしカッターマットを使うことを忘れないようにして下さい。カッターマットは100均にも売っていて簡単に手に入りますが、ない場合は段ボールでも代用できます。毛足の長いシャギーカーペットはカッターでは逆に切りにくいので、はさみで切るのをおすすめします。

他にも万能ノコギリや裁ち切りばさみを使って切るのもいいでしょう。廃棄物ノコギリというものもあるのでおすすめです。こちらはカーペットを巻いた状態でまとめて切れるので、ハサミで切るより作業がスムーズに進み時短になります。また織りカーペットを切る時は、ほどけてふちから糸が出るので注意して下さい。床にビニールシートを敷くなどして対策をすることをおすすめします。

どのような方法で切るにしても、怪我には十分に注意する必要があります。そのためには使う道具に気をつけるのも大切です。古いものや錆びたものは絶対に使わないで下さい。

カーペットは素材によっては固さがあるので、なるべく新しい切れ味のよいものを使うようにしましょう。

素材別で捨てるゴミをご紹介

先ほどカーペットは素材別で捨て方が違うことに軽く触れましたが、こちらで詳しく紹介していきます。ウールや綿、絹、麻、イ草、竹などの天然素材のみで作られたカーペットは可燃ゴミとして扱われます。

タグを確認することで使用している素材を知ることができます。ウール100%や綿100%などの表記があれば、可燃ゴミとして処分可能になりますし、レーヨンやアクリル、ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなど合成繊維が含まれているカーペットは不燃ゴミとして処分可能です。

レーヨン50%とアクリル50%、ポリエステル70%とナイロン30%など、組み合わせや割合は様々ですが、これらは全て不燃ゴミとして処分をします。ウールや綿などの天然素材と、レーヨンやアクリルなどの合成繊維とが混ざったカーペットも不燃ゴミになります。また、タイルカーペットやカーペットの裏にゴム素材の滑り止めがついたカーペットも不燃ゴミです。例えば綿100%のカーペットでも、裏にゴム素材の滑り止めがついていれば不燃ゴミ扱いになります。

タグやカーペットの裏面をよく確認して、間違えないようにして下さい。

どうしても自分で処分できない!そんな時は?

カーペットは粗大ゴミで捨てるにしても、自分で捨てるにしても申し込みや切る手間があり嫌だという人もいるかもしれません。またカーペットが大きすぎたり重すぎたりして、どうしても自分で処分できない人もいるでしょう。そんな時の対処方法を紹介します。

不用品回収業者に依頼

一般家庭などで不要となった物をリサイクル可能なものとして回収し、利益を得ているのが不用品回収業者です。こちらに依頼すると粗大ごみ回収の手数料よりも料金が高くなってしまいますが、その分メリットもあります。まずは回収をしてくれるのは業者なので、自宅まで取りに来て運び出してくれる点です。大きくて重いカーペットでも心配はいりませんし、即日対応の業者も多いので、早く処分してしまいたい場合にも業者はおすすめです。引っ越しで処分したい場合は、引っ越しとセットで割引サービスをしている業者もあるので魅力でしょう。

またカーペット以外にも不用品を回収してもらえるのもメリットです。特に引っ越しの時は要らないものがたくさん出るはずですので、カーペットと一緒にまとめて引き取って貰えば楽になります。

さらに不用品回収業者の中には買取をしているところもあります。状態がいい場合は、まずは買取を依頼してみることをおすすめします。もし買取を依頼する場合は、いくつかの業者に見積もり査定を取ってもらい、高値で買取をしてくれるところを選ぶといいでしょう。高く買取をしてもらうためにはカーペットが綺麗な方がいいので、汚れやほこりはなるべく取り除いておきましょう。

中には後から高額請求をしたり、回収したものを不法投棄したりと悪質な業者もいます。このような業者を避けるためには、一般廃棄物収集運搬業許可や古物商許可などの許可を得ているかホームページなどで事前に確認するようにしましょう。

不用品回収のトラブルとは?悪徳回収業者に注意!

自治体窓口に相談

自分で処分が難しい場合、自治体窓口に一度相談してみるのも良い手段です。ひとり暮らしの高齢者や、収集車が入れないため回収場所が遠い地域の人などは、無料で回収してくれることもあります。それ以外の人でも、従業員がカーペットを室内から運び出してくれる場合があります。この場合有料になる可能性が高いですが、それでも不用品回収業者に依頼するよりは安くすむはずです。

さらに生活保護や児童扶養手当、老齢福祉年金などを受けている人は、減額になる可能性もあります。細かいルールは自治体によって違いますので、一度問い合わせてみるのが良いでしょう。

まとめ

以上がカーペットの捨て方になります。自分で捨てたり粗大ゴミとして処分したり、不用品回収業者に依頼したりと意外と様々な捨て方があることがわかります。さらにこれ以外にもカーペット販売店の中には、新しいカーペットを購入した際のサービスとして、不要になったカーペットを引き取ってくれる店もあります。

また状態がよいので捨てるのはもったいない、急いで処分する必要もないときには、ネットオークションやフリマアプリを使うこともできます。梱包や発送などの作業がありますが、アプリによってはそれらの作業もおまかせできるので、楽に収入を得られます。

このようにいろいろな捨て方や処分の仕方があるので、事前にホームページを調べたり問い合わせたりして、自分に合った方法をよく考えて選んで下さい。