ゴミ屋敷からの卒業~どうやってお掃除すればいいの??~

ゴミ屋敷とは、長年掃除や片付けをしないままで不用品やゴミが溜まってしまった家や建物の事を言います。ゴミ屋敷は部屋を開けると足の踏み場がないどころか、ゴミが天井近くまで積もってしまっていることもあり、悪臭や衛生環境の悪化などだけでなく、ゴミの倒壊によるケガの恐れや火事の危険性などもあります。今やゴミ屋敷は年々増えていて、個人の問題だけでなく、社会的な問題として深刻になってきています。ゴミ屋敷は一人暮らしの高齢者などだけでなく、若い女性にも増えているのが実情です。

 自分でゴミ屋敷を掃除できるのか

家の中でゴミ屋敷化しているのが1つの部屋だけといった場合や、水周りが使える場合には自分たちだけで掃除するのも可能です。ただ、高齢の方や女性の方は一人でゴミ屋敷掃除をするのは大変なので家族や友達に協力してもらえるようにするといいでしょう。また、お住まいの地域のゴミの収集日や分別方法も調べておきましょう。大きなゴミの場合は粗大ゴミとなるので自治体へ問い合わせをして、手数料などを払ってからの回収となるので、そういったことも事前に確認しておきましょう。

 ゴミ屋敷の掃除をするための準備

必要なもの
・ゴミ袋
地域によって指定のものがあれば用意しておきましょう。できれば大きいものの方が使い勝手が良いです。ゴミやいらないものを捨てるためのゴミ袋の他にも、捨てるかどうかの判別が難しい時に入れておくゴミ袋もあると便利です。ゴミ袋は多めの枚数を準備しておきましょう。捨てるか迷うものを入れるものはダンボールなどでも大丈夫です。
・軍手やゴム・ビニール手袋
ゴミの中には何かが割れた破片があったり、釘が飛び出ていたり素手で触ると危険なものが混ざっている場合もあります。また、ある程度汚れを防止できます。手がどうしても汚れたくない場合には軍手の下にさらにビニール手袋をしておくと手をほとんど汚さずに掃除ができます。ただ、夏場は暑くなったり、蒸れるので注意です。
・マスク
長年溜まったゴミの掃除をするとなると、大量のホコリが空気中に舞ってしまいます。吸い込んでしまう事でアレルギー反応や喘息などを引き起こしてしまうリスクもあるのでマスクをして行うようにしましょう。また、掃除の後はうがいをきちんとする事も忘れないようにしましょう。
・新聞紙やガムテープ
割れ物などの危ないゴミが出てきた場合それを包むのに使えるのが新聞紙とガムテープです。ケガをしないようにしっかりと新聞紙で包んでガムテープで止めておきましょう。
・殺虫スプレー
ゴミ屋敷の中には、ゴキブリやハエなどの害虫がたくさん出てくる可能性が高いです。特に生ゴミなどのゴミがたくさんある場合には注意が必要です。殺虫剤の体への害が心配な場合は、冷凍殺虫のスプレーもあります。冷凍殺虫の場合は体への害はないので安心して使う事ができます。
・軽トラック
大量のゴミや不用品が出てくる事を考えると、ゴミ捨て場まで距離がある場合などは軽トラックがあると積みやすく便利です。普通の車では荷物が1度で積み込めない可能性や、臭いが残ってしまう事が考えられるので軽トラックを準備をしておくといいでしょう。
・掃除グッズ
たくさんの不用品やゴミを捨てた後に掃除をするための掃除グッズが必要です。掃除機、ホウキ、雑巾、モップ、スポンジなどを準備しておきましょう。雑巾の代わりに古いタオルやいらなくなった服を切って拭き掃除用のボロ布にしておくと使って汚れたらそのまま捨てられます。

 ゴミ屋敷掃除スタート!!

必要なものがそろったら、ついにゴミ屋敷掃除のスタートです。部屋の換気をしながら行いましょう。マスクと軍手の装着も忘れずに。

?まずは、ゴミをゴミ袋にどんどん入れていきます。なんとなく置いているだけで使っていないものは思い切って捨ててしまいましょう。思い切って捨てる事で掃除のスピードも上がり、片付いた後の部屋もスッキリします。どうしても迷って決められないものや、置いておきたいものは、別に袋かダンボールの中へ入れて一つにまとめましょう。部屋の手前の方からゴミを片付けていくと動線がスムーズになり、片付けを進めやすいです。
?片付いたら、住まいの地域によって異なる場合もあるかと思いますが、それぞれの地域に合わせた分別をしていき、回収日に合わせゴミ捨て場へ運びましょう。
?片付いた部屋のお掃除をします。掃除機やホウキでホコリを取り除きましょう。その後、雑巾やモップなどでの拭き掃除をします。フローリングなどの黒ずみ汚れは、アルカリ性洗剤か中性洗剤を使うと、汚れは取れます。アルカリ性洗剤の場合、ワックスがはがれてしまうので塗り直す必要があります。畳にカビ汚れが付いている時は、消毒用アルコールをスプレー式容器に入れて吹き付けた後、15分ほど放置します。その後、ブラシで畳の目に沿ってカビをかき出します。
?必要な物、置いておく物を元の場所に戻します。
これで、ゴミ屋敷のお掃除は完了です。ただ、多くのゴミがある場合には、処分自体も大変だったり、掃除をするのにかなりの時間がかかってしまうでしょう。精神的、肉体的な負担が多い場合にはゴミ屋敷清掃会社を利用するという選択肢もあります。

 ゴミ屋敷清掃会社を利用する方法

ゴミ屋敷清掃会社を利用することで、短時間でゴミ屋敷の掃除ができる、ゴミや不用品を回収してもらえる、不用品の中にリユースできるものがあれば買取りをしてもらえる、ハウスクリーニングと共に除菌仕上げもしてもらえる、などといったメリットがあります。費用がかかってしまうという事が唯一のデメリットですが、掃除グッズを揃える費用や不用品を処分する費用、場合によっては軽トラックを借りる費用や手間を考えるとゴミ屋敷清掃業者に依頼する方がよいかもしれません。どちらがよいか迷っている場合など、相談や見積もりを無料で行っているところも多いので一度予算を出してもらってから決めるという方法もあります。

 ゴミ屋敷清掃会社の選び方

 ゴミ屋敷清掃会社と言ってもたくさんあり、選ぶのも大変です。中にはホームページでの価格とは別にオプション料金などを後から請求する悪徳業者も存在しているようです。なので、ゴミ屋敷清掃会社を選ぶ時はホームページに記載している内容だけでなく、比較サイトなどによる口コミもしっかりとチェックしておきましょう。ただ単によかったという評価だけではなくて、具体的な評価が書かれているものを参考にして選ぶ方がよいでしょう。また、記載している作業実績なども見ておくと、部屋の大きさやゴミの量によっての価格も写真で見られるので、自分の家の状況と見比べて価格の目安も分かりやすいです。価格だけでなくどういった物がリユース品として買取りしてもらえるかなども分かるので参考になるでしょう。事前に確認した上で業者を選び、相談、見積もりをしてもらいましょう。
また、今の時期は新型コロナウイルスへの対策をきちんとしているかどうかも確認しておく事が大切です。

一度ゴミ屋敷となってしまうと掃除をして元の状態に直すのは大変です。汚いところで過ごす事に慣れてしまい、平気だと感じるかもしれません。しかし、ゴミ屋敷をそのまま放っておくと病気やケガのリスク、害虫発生や近所への悪臭被害など周囲への迷惑などにもつながってしまいます。キレイにな部屋になると1日1日が心地よく過ごせ、生活も見違えるものになります。自分の力だけで掃除するのが難しい場合にはゴミ屋敷清掃会社が力強い味方になってくれます。これを機にゴミ屋敷から卒業してみるのはいかがでしょうか。