台所周りの掃除にはコツがあった!プロが教える掃除術

特に汚れる台所周りの汚れの場所とは?

特に汚れる火周りと水周り

 

キッチン汚れのバリエーションは多岐に渡りますが、大きく分類すれば火周りと水周りの2種類に分けられます。まず、火周りですが、コンロ周辺の汚れの事を指します。揚げ物中の油の影響や、吹きこぼれが落ちた為に出来てしまった焦げ付き、気化した物の影響が室内全体に及ぶ事もあり、放置しておけば床や壁等にもシミやカスの様な物が付着していく事になります。

次に水周りですが、シンク周り等に大きく出て来ます。食材や食器を洗った際に出て来る生ゴミや洗剤の残骸が溜まるドロドロ汚れや、水が時間経過と共に変化して発生する水垢等がその代表例です。これを放置した場合には、汚臭や食中毒の原因にもなりますし、水垢や生ゴミを食べにゴキブリや蠅等の衛生害虫も多数発生します。どうしても後回しにしがちになる部分ですが、時間が経過して腐食が進んでしまうと、触るのが気持ち悪くもなってしまい、途方に暮れてしまう事にもなりやすいので、状態が進まない内に早急に掃除してしまうのが良いでしょう。

火周りと水周りを掃除する上での3つのポイント

 

火周りと水周りの掃除する上で大事なポイントは、頑固で強い汚れは物理的に削った後で洗剤を使う事」酸性にはアルカリ性、アルカリ性には酸性の洗剤と性質が違う物を投入する事」「対処に困った場合には少し時間を置く」の3点です。頑固な汚れは普通に擦っても、中々落ちませんので、たわしで削り落してから洗剤を使った方が落ちやすいです。油汚れや、水垢汚れは、それぞれ酸性とアルカリ性なので幾つかの洗剤を用意しつつ汚れの性質に合わせて使うのが良いでしょう。
ただし、この時に混ぜると危険な種類もありますので、洗剤の注意書きを必ずしっかり読む事が重要です。

これ以外でも、硬化している汚れの中には、洗剤を沁み込ませたまま放置しつつ、暫く経過してから掃除に戻ってくるとやりやすくなるケースもあります。削るのでも溶かすのでも無理そうな場合には、この方法が適している事が多いです。焦って強引にヘラ等で削ろうとしてキッチン周りに大きい傷を残してしまうリスクありますので、確実なこの方法も押えておきたいポイントになります。

この3点はキッチン周りのどのポイントを掃除する場合にも、大前提になる部分ですので、まずはそれぞれの特徴をしっかり把握する様にして下さい。

プロが教える!場所別掃除術

シンク周り

 

シンク周りに必要な道具は、食器用洗剤と布巾とスポンジになります。後は必須ではありませんが塩素系の漂白剤やクエン酸等もあると便利です。コンロ周りと換気扇もほぼ同じですが、重曹スプレー等のアルカリ性洗剤と油汚れ系の洗剤が追加されます。

掃除方法ですがシンクと蛇口の汚れは、中性洗剤をスポンジに付けて擦りつつ、水洗いで汚れが落ちます。この時に終わった後に必ず布巾で水分を拭う事を忘れない事がコツです。水分があると雑菌が繁殖してしまう切欠になりますので、除去しておく事が何よりも重要です。

ちなみに、既に水垢が発生してしまった後でしたら、水200mlとクエン酸小匙1杯で、クエン酸水を作ります。水垢にクエン酸水を吹きかけて、30分程放置すれば強固な水垢もスポンジで簡単に落とせます。

排水溝

大抵はドロドロ汚れが中心ですが、これはシンクの時と同じで中性洗剤付きのスポンジを駆使すれば簡単に排除出来ます。ちなみに、時間が経過して触る事にためらうほどの汚れであれば、塩素系漂白剤に5分程漬け置きした後に、水で簡単に落とせます。

ただ、この時に注意点もあり、もしもクエン酸水をシンクの時等に使っている場合は、水でしっかり洗い流して一定の時間が経過してから塩素系漂白剤を使う様にして下さい。慎重を期すならば、1時間以上置いておきましょう。

時を待たずに即時に塩素系漂白剤を投入してしまうと、クエン酸水と反応して命が危なくなる様な有毒ガスが発生しますので、この点だけは必ず厳守してください。

コンロ周り

コンロや換気扇関係に付く汚れは油汚れがメインですので、アルカリ性洗剤の出番になります。場合によっては重曹を水に溶かした重曹スプレーを用意しておくのもオススメです。徹底して掃除する場合は強力な効果がある洗剤を用意してください。

コンロの掃除方法ですが、コンロ周辺は使い込んだ物ならば必ず油汚れと焦げ付きが目立つ物です。ただ、大抵の場合は強固になっている事が多いですので少し擦った程度では落ちません。ですので、アルカリ性洗剤を全体に万遍無く振りかけたら2時間程待ってから、汚れを落とすのが良いでしょう。場合によったらシンク周りに取り掛かる前に、後でやる為の下準備として先にやっておくと後々楽に掃除ができます。

ちなみに、焦げがかなりしっかり付いている場合には、ヘラやプラスチック製のカード等を駆使して表面を徹底的に削り落として下さい。その上で強力な洗剤を吹きかて時間を置いてしばらく様子を見れば、油分をだいぶ綺麗にする事が出来ます。コンロの手法は魚焼きグリル等にも使えます。

換気扇

 

レンジフードと換気扇周りですが重曹スプレーを吹きかけて布巾掛けすれば綺麗に出来ます。ただ、結構キツイ汚れになってしまっている事もありますので、その場合にはキッチンペーパーに重曹スプレーを沁み込ませて汚れをパックして下さい。待ち時間は大体10分程になりますが、その後で拭き取れば綺麗になります。

そして、換気扇のファンの掃除ですが、まず分解して取り外します。この時、汚れで相当ベタベタしている事もありますので取り落しによる怪我等に注意です。後は強力洗剤を付けて、表面を擦っていきます。また、この方法で汚れが落ちない場合は、洗剤を付けたまま放置しつつ時間が経過したのを見計らってから、随時改めてスポンジ掛けしていきます。

その他の場所

他にも壁や床が気になる場合は、中性洗剤を沁み込ませたスポンジで擦って汚れを落とすのがオススメです。後は水拭きと乾拭きで水分と残存洗剤をしっかり始末出来れば、べた付く事もありません電子レンジの場合は、油汚れや焦げ付き対策に便利な重曹水を使用します。水200mlに重曹大さじ2杯で多めに重曹水を作って、それに布を浸したら後はそれを掃除したい電子レンジで温めれば適度に全体に散ってくれます。その上で水分が飛んだ布で拭いていけば、綺麗に汚れが落ちます。冷蔵庫の方は、消毒用のアルコールスプレーと乾拭きで綺麗にできます。

毎日するのが「楽」につながる簡単掃除

キッチン掃除を楽にするのは「毎日の習慣」

 

ッチン掃除を楽にするのは「毎日の習慣」としてちょこっとお掃除でOK!。コンロ周りや換気扇関係等が特に分かりやすいですが、時間が経過すれば汚れは強固になりますし、雑菌等も沢山繁殖してしまいます。ですが、そうなる前にちょっと掃除をすればキッチンが汚れづらくなります。

後は食べ終わった食器は即流しに持って行って洗ったり、出た生ゴミは生ゴミ袋やリサイクル用の有機肥料入れに即入れるなどちょっとした意識をすればキッチンがよごれづらくなります。毎日のお手入れの為に意識していきましょう。
また、飛び散った汚れを拭き取ろうにも、余りに物が多いと1動作ずつ物をどけないといけません。なので、カウンター上に出来るだけ物を置かない様な工夫をするというのも1つです。

普段どれくらい掃除すればいいの?

 

毎日の掃除としてキッチンを使ったら、コンロ回りやシンク周りの汚れをさっと拭きましょう。台拭きやスポンジの類を見えやすい所へ置いておき、1つ作業が終わったら簡単に拭き取る癖を付けておけば問題ありません。その上で、週1でクエン酸やアルカリ性洗剤を使って清掃していけば、綺麗な状態をキープする事ができます。また、掃除用の台拭きの代わりにキッチンペーパーもオススメです。毎回新しいキッチンペーパーを使用するので、清潔感を保つことができます。昨今はフライパンに直接設置出来るオイル跳ねガードやコンロの隙間や排気口カバーに食べかすが入るのを防止する為の排気口カバーなども販売していますので、特に気になる場所に設置するのも良いでしょう。

シンクや排水溝では、ヌメリやカビの群生地になりやすい洗剤ラックや排水溝の蓋を撤去するという手もあります。水切りカゴはキッチン仕事でとても重要な物ですが、手入れを怠ると汚れの群生地になってしまいやすい点やスペースを取るデメリットがあります。なので、生ゴミが見えやすくなっていれば、見て見ぬ振りは出来なくなりますし、通気性が蓋で遮られていないとその分だけカビや雑菌の繁殖が遅れます。

まとめ

ちょっとした意識で変わる「習慣」

 

毎日の掃除が「楽」に繋がるという事を常日頃から意識しておく事です。キッチン用品を外に出したままにしておくのを止めて、引き出しの中に取りだしやすい様にしまっておいたり、水切りカゴ撤去するなど、キッチンスペースを掃除しやすい様にしておく工夫も大切です。

掃除が面倒になってしまうのは、キッチン周りに物が多すぎて、掃除の度にどかさないといけない事等が原因になるケースが多いです。そういった要素が最初から最小限であるならば、一仕事毎に簡単に掃除をする癖をつけやすいでしょう。生ゴミも気分が悪くならない様に見え難い様にする工夫は重要ですが、その機能が余りに強いと捨てに行くのが面倒になって、量が溜まってしまうリスクも出て来ます。

そういう後に面倒になる要素を、どうやったら最小限に出来るかという事を考えるのも悪くありません。場合によったら、備え付けの装備よりも市販品を安価で購入した方が、掃除の手間が省ける様な事も多いですので、その辺も意識しておく事をお勧めします。