一人暮らしで汚部屋化してしまう原因とは?汚部屋から脱出する方法

一人暮らしで急増する汚部屋化!部屋が片付けられない理由とは?

別名ゴミ屋敷ともいわれるような乱雑に散らかった「汚部屋」をテレビで見たことがある人も多いでしょう。もしかしたら身近にそのような家があったり、自分の部屋がまさにそのような汚部屋だという人もいるかも知れません。
テレビで見ているときには「どうしてそこまで汚れてしまうのか」、「どうして部屋が片付けられなくなってしまうのか」と疑問に思われがちです。しかしこのような汚部屋は一人暮らしの人の住まいでは増えていて、今は他人事のように思われたとしても誰しもこのような状態になってしまう可能性はあります。

汚部屋化してしまうその理由

部屋がゴミで溢れて手の付けられないほどにまでなってしまう理由には、その部屋の住人がうつ病のような精神状態になってしまっているということは少なくありません。
家族との離別や死別をきっかけにゴミ屋敷のような状態になってしまう事も多くあります。一人暮らしで孤独感を抱えている人が、片付けられる気力や体力がなく物を捨てられなくなったり買い物依存になったりして次第に部屋が散らかって行くのがこのタイプです。

また一人暮らしをしていると自室が人目にさらされることが少ないため散らかっていても片付けなくてもかまわなくなりどんどん悪化するというのも汚部屋化する理由に挙げられます。さらにアパートやマンションの場合には部屋の中がどのようになっているか、外から分かりにくいため片付けないままになっていくこともあります。

片付けをするきっかけを作る

もし自室が汚部屋状態になっていて、そのような状態から抜け出したいと思っているのなら、自分で何かしらの片づけのきっかけを作るようにするのが効果的です。例えば友人を家に呼ぶと決めてしまうと、片付けをするきっかけになります。さらに日時を決めて招待をしてしまえば、タイムリミットがあるため作業も進めやすくなるでしょう。

また友人がいない人でも、人目があるとなると片付けをするきっかけになるのでアパートやマンションの設備の点検の機会に掃除をするのもおすすめです。もし壊れている水道やエアコンがあるのなら、修理を依頼して工事会社の人を自室に招き入れる事もきっかけづくりには役立ちます。
一人暮らしの場合にはなかなかやる気にならないかも知れませんが、汚部屋を脱したら今よりもずっと健康的に快適に暮らせるはずです。もし本当は片付けたいのだけれど、と思っているのなら一念発起して片付けに取り組んでみてはいかがでしょうか。

汚部屋から脱出!卒業するための3ステップ

不要な物をどんどん処分する

手始めとなるステップは、増えすぎたものを処分することです。ゴミ屋敷のような状態になっているときには、明らかにゴミでしかないものまで部屋に残したままになっているものです。例えば食品のパックやカップラーメンの容器、ジュースのカンやペットボトルなどがそれに当たります。
また腐ってしまった冷蔵庫の野菜や消費期限をとっくに過ぎてしまった食べ物・飲みものなどもまず捨てましょう。人によっては古くなって読み返さないような新聞や雑誌が残っていることもあるかもしれませんが、そのような物もまずは処分です。しかしあまりにゴミが多すぎてしまうと、一体どこから手を付けていいのか分からないという人もいるかも知れません。そのようなときには目について所の不要なものを可燃・不燃の袋に入れてまとめていくのがおすすめです。

明らかにゴミでしかないものを捨てた後には、着ることができる衣類を残し、ボロボロの服や穴の開いた靴下・下着などは処分しましょう。また壊れた家電や家具などの使わないものを取っておいているのなら、思い切って処分します。
このようにして不要になった物をゴミの日に出したり、粗大ゴミ・リサイクル資源として排出したりしたら、次のステップに進みましょう。

整理整頓してしっかり収納

物が片付けられない人や、すぐに散らかってしまいがちな人は、自宅の中でそれぞれの物をしまう場所が決まっていなかったり、収納が少なかったりすることが少なくありません。しまう場所が決まっていないと使った後に取り敢えずその辺に置いて済ませてしまうことになります。それが積み重なるとどんどん乱雑に散らかってしまう事に繋がります。

収納場所を決める時には使う場所と収納する場所を近くするのも、片付けやすい部屋にするためのポイントです。
使う場所としまう場所が離れていると、面倒になって後で片付けようと思ったもののそのままになってしまうということになりがちです。また十分な収納場所がない場合も片付きにくくなるので、必要に応じてタンスや収納ボックスなどを用意しましょう。そして納する際には、どこにあるのか分かるようにしておくこともお勧めします。どこにしまったか分かるようにしてあれば持っている物を余分に買ってしまう事も防げます。

最後の仕上げは清掃

ゴミや不用品を処分したのち、必要なものを収納して部屋の整理整頓をしたら最後は部屋を掃除して綺麗にしましょう。ゴミや不用品が厚い層のように溜まっていた汚部屋では、掃除もあまりされていないことがほとんどです。

汚れや埃が溜まっていることが多いので、掃除をして取り除きます。掃除をするときには室内の上から下に向かって埃を取るのが基本です。カーテンレールや照明のカサ、もしくはエアコンの上やタンスの上など、高い位置から掃除を始めます。その後、掃除機をかけて雑巾で拭き掃除をすると、綺麗に清掃することができます。積もった埃を取り除くと、部屋の空気も綺麗になったように思われるでしょう。

汚部屋化にしないためのポイント

長年に渡って溜め続けた不用品を処分したりゴミを捨てた後、整理整頓をして必要なものを収納し綺麗に掃除をして部屋に積もった埃や汚れを落としたら汚部屋からの脱出も完了です。せっかく綺麗に片付けた部屋は、再び汚部屋化してしまわないようにしたいものです。しかし片づけ前と同じような行動をしていたのでは、再び同じようにゴミ屋敷のような状態に戻ってしまいかねません。
そのため再び汚部屋化しないためのポイントを押さえた生活をすることをおすすめします。一度汚部屋化してしまうと片付けるのにも時間と労力がかかるものですが、日ごろから綺麗にしておくように意識していれば掃除や片付けも簡単に済ませられます。

床に物を置かない

買い物をしてきたら、そのまま床に物を置く習慣がある人もいるのではないでしょうか。しかし床を収納場所としてしまうとずっと片付かないままになり、しかも物が増えるに従い次第に広がっていくことになります。
物が一つも置いていない床に何かを物を置くときには抵抗感が感じられるものです。しかしすでに置いてあるときには、さらに追加して物を置いても気にならなくないためどんどん物が増えてしまいます。
このような状態になることを防ぐためには、床には物を置かないと決めてしまうことをおすすめします。

「物を置くときには何かの上」と決めていれば、散らかり方も最低限のものとなり、床を埋め尽くすほど散らかるという事にはならないでしょう。

収納改善

一人暮らしの家を汚部屋化させない為に大切なポイントです。部屋が散らかりがちな人は家に収納が少ないという特徴があります。タンスやクローゼットがあれば衣類を仕舞っておくことができますが、ない場合はカーテンレールに掛けたり部屋の一部に吊り下げたりしがちです。
見せる収納と言えば聞こえは良いかも知れませんが、埃が被りやすく部屋もゴチャゴチャした見た目になる傾向があります。収納した方が、部屋がスッキリした見た目になるだけでなく掃除もしやすくなります。また収納が少ないと、物をテーブルの上や棚の上などにおくことになりますが、そうするとどこに置いたか分からなくなることも少なくありません。

置き場所がハッキリしていないと使いたいものが見つからないときに無駄に物を購入してしまう事になります。一人暮らしなのに爪切りを何個も持っているという人もいるでしょう。収納を改善すればそのような無駄な買い物をしなくて済むので、経済的でもあります。

掃除の習慣化

仕事を持っていると毎日掃除をすることは難しいかも知れません。しかし少なくとも休日には掃除機を掛けるような習慣をしておいたり、ゴミの日には毎回ゴミ出しをする習慣をつけたりするのがおすすめです。またトイレに入ったときにはついでにトイレ掃除をしたり、お風呂に入ったあとに掃除をするようなど、毎日の行動とセットにすると習慣化させやすいです。

毎日ちょっとずつでもこまめに掃除をしたり片づけをしたりしていると、綺麗な状態を維持しやすくなります。一度汚部屋化してしまうと片付けをするのも時間や体力が必要で大変ですが、こまめに掃除をしていれば毎回の掃除も時間がかからず簡単にできるのでおすすめです。

しかし淋しさやストレス・不安などの精神的な問題で、何をする気力もなくやる気がわかずに掃除ができないで汚部屋になってしまったという人もいるものです。そのような場合には精神的な問題にも向き合う必要があるかも知れません。

まとめ

ゴミで溢れてしまい足の踏み場もない、そんな部屋に悩んでいる人もいるでしょう。一人暮らしの場合には、そのようないわゆる「汚部屋」となってしまった自宅に住んでいるという人も増えています。

なぜ部屋が片付けられないのかの理由には人によって色々あり精神的な問題の可能性もありますが、その1つは一人で暮らしているのであまり人目がないということが挙げられます。またマンションやアパートの部屋は、外から内部の様子が分かりにくいということも汚部屋化する理由です。そのような部屋の片付けをするには、まずきっかけを作ることが効果的です。そして汚部屋から脱出するためには、まず不要な物をどんどん処分することが大切になります。整理整頓してしっかり収納し、最後の仕上げとして清掃をするようにしましょう。

一度綺麗になった部屋を再び汚部屋させてしまわないためには床に物を置かないようにしたり、掃除を習慣付けるようにすることがおすすめです。また片付かない家は収納が少ないこともあるので、収納できるように部屋の環境を改善するとよいでしょう。このようにすることでゴミが散乱した汚部屋を脱出し、二度と同じ状況になってしまわないように環境を変えることが可能です。