エアコンの嫌な臭いの原因とは?その解消方法もご紹介!

臭いの原因とは?

最大の原因は「カビ」

エアコンの嫌な臭いは一度気になり始めると、電源を入れる度に意識がそちらに向かってしまうものです。

結論からいえば最大の原因は「カビ」で、エアコン内部において増殖が進むと、臭い物質が発生して風の流れと共に室内に広がります。冷房の後はエアコン内部が冷えているので、そのままだと温度差で結露が発生します。それがカビとなってしまい、臭いの発生源となってしまうのです。更に、一度増殖してしまったカビ、染みついてしまった強い臭いは、中々しぶとくて簡単には取れないです。さらに、カビの胞子自体も風に乗って広がりますから、これを呼吸時に吸い込んでしまうと大変です。

タバコや臭いの強い料理なども

臭いの要因は様々ですが、例えばタバコや臭いの強い料理なども原因になることがあります。
エアコンは部屋の中の空気を吸い込み、本体や室外機に搭載されている熱交換器を使って、室内の空気を冷やしたり温めたりしているのです。そのためそれらの臭いをエアコンが吸ってしまいます。すると、内部のフィンやファンにべったりと付着しまうのです。つまり、エアコンの嫌な臭いは主にカビと、タバコや臭いの強い料理が染みついた結果発生するわけです。

臭いというのは厄介なもので、常に発生源が身の回りにあったり時間の経過と共に染みついてしまいます。
タバコは我慢できたとしても、料理をしないわけにはいきませんし、臭いの原因の理解や解消方法の実践は欠かせないです。
分解洗浄はハードルが高く、プロに任せるとお金が掛かるので、解消法を知っておいたりこうなる前に防ぐことが大切です。

簡単!すぐできる臭いの解消法

冷房で1時間運転する

誰でも簡単に、今すぐにでもできる臭いの解消法としては、冷房で1時間運転する方法があります。
冷房で1時間運転するやり方は、エアコンの設定温度を最低の16℃にまで下げて、部屋の窓を全開にして1時間冷房運転を行うだけです。窓を開ける必要があるので、天気の良い日でなければできませんが、温度を下げて冷房運転をするとエアコン内部の臭いの原因が洗い流されます。

低い温度で冷房運転をすると、エアコンの内部で大量の結露が発生します。
この結露が流れる時に、内部に蓄積したり増殖したカビが水滴に溶け込み、ドレン水で洗い流される形となります。

高温で1時間運転する

同様のやり方にはもう1つ、同じく窓を全開にして高温で1時間運転する手もあります。

温度設定は30℃で、エアコン内部を高温乾燥させるのがポイントです。

ただ、どちらも一時的な対症療法なので、1週間ほど経過すると臭いが再発したり、1回で完全に臭いが消えるとは限らないのがネックです。
とはいえ、すぐに分解洗浄や買い替えができないなら、試してみる価値は十分にあります。

エアコンの臭いを根本から取り除こう

自分でフィルター掃除

フィルター掃除をするお手入れは、誰もができる基本的なものです。
フィルターに付着した埃が臭いの原因であれば、取り外して掃除機で吸い取るだけで解消するでしょう。
フィルターの掃除で解消する臭いなら苦労はありませんし、低温か高温で1時間の運転を試せばほぼ臭いは取り除けるはずです。

それでも解決できない場合は…?

エアコン内部の自動お掃除モードを使用したり、市販の洗浄剤が検討候補に挙がります。お掃除モードは機種によって動作が異なるので、どこまできれいになったり臭いが解消するかは未知数です。
フィンがお掃除の対象の機種なら、お手入れの手間がない上にかなり臭いを抑えることができるでしょう。衣類用の消臭スプレーは、揮発せずに残留する成分が含まれているので、エアコンに使用すると故障します。エアコン用の洗浄剤も、使い方を間違えると故障する可能性があるので注意です。

エアコンの臭いの原因は、本体の内部に付着したり蓄積しているので、説明書通りのお手入れで解決しない状況だと対処が難しいでしょう。何をしても解決しない臭いは、本体を分解して根本から取り除かなければ消えませんから、プロのクリーニングが最終手段となります。

 

エアコンの臭いをできるだけさせないためには?

除湿・冷房の使用後に送風運転

除湿・冷房の使用後に送風運転するのは、エアコン内部の結露を乾燥させ、カビが好む水分を与えないことに役立ちます。
除湿は空気中の水分を捉え回収を行う運転なので、電源を切ってもしばらくは内部の水滴が残ります。冷房も仕組み的には除湿運転に近いですから、使用後に何もしなければ水滴がカビを増殖させます。

除湿や冷房の後に送風運転を行うだけで、エアコンの臭いは簡単に抑えることができます。毎回のことなので手間だったり忘れることもあるでしょうが、除湿・冷房の使用後に送風運転を習慣化すると簡単です。送風運転の理想は1時間以上なので、しっかりと内部の乾燥を心掛けたいものです。天気の良い日に窓を開ければ、エアコン内部の乾燥と換気が同時に行えるので一石二鳥です。

こまめなフィルター掃除

エアコンの臭いをできるだけ防いだり臭気を抑えるためには、こまめなフィルター掃除が大事です。
フィルターの掃除を怠ると、付着した埃が湿気を吸ってカビを増殖させたり、臭いが発生してエアコンに取り込まれることになります。そうすると、本体内部でカビが増殖するのと同様に、エアコンの風に乗って臭いが広がります。だからこそこまめなフィルター掃除は重要ですし、日々のお手入れが後の結果を左右するわけです。
フィルターは説明書の内容に従って取り外し、掃除機で埃を吸い取りましょう。

頻度は汚れ具合にもよりますが、最低でも月に1回、できれば1週間~2週間に1回はお手入れをしましょう。

部屋の換気をこまめにする

部屋の換気をこまめにする対策は、空気中のカビを屋外に追い出し、エアコンに吸い込まれるカビを減らすことになります。
誤解しがちですが、エアコンの冷房や暖房は殆ど換気をしないので、窓が閉めっぱなしだと空気がこもってカビが増えます。
タバコを吸えば臭いが染みつきますし、料理による強い臭いも充満することになるでしょう。

エアコンの運転は室内の空気の循環が基本なので、部屋の換気は意識的に行う必要があります。
換気扇を備える部屋ならそれを使うのもありですが、短時間で空気を入れ替えるなら窓開け換気がベストです。

窓を開けるポイントは、部屋にある2つの窓を対角線上に、風が通るように開けることです。2ヵ所の窓を開ければ全開の必要はないですし、5分~10分程度でもかなり空気が入れ替わるので、寒い季節でも無理をせずに済みます。

使わない時期も送風運転をしよう

エアコンは年間を通して使用しますが、天気が良くて涼しかったりすると、あまり使わないこともあります。
ただそういう時もエアコン内部に埃は溜まりますし、埃を放置するとカビが増殖するので注意が必要です。
対策は定期的に送風運転をすることなので、対策といってもそれほど難しくはないでしょう。
フィルターが汚れているなら掃除が必要ですし、換気を怠るのは勿論NGです。

それでも、月に2回くらいを目安に1回1時間の送風運転を心掛けるだけで、エアコンの内部はクリーンに保てます。
お手入れの成果は次にエアコンを使う時に分かりますから、効果を確かめる意味でも定期的な送風運転を習慣化しましょう。

まとめ

エアコンの嫌な臭いはカビが主犯で、そこにタバコや料理の臭いが加わることで気になり始めます。カビは水分や湿気を好む種類が多いですから、湿ったエアコンの中はまさにカビにとって理想的な環境です。特に、フィルターの掃除を怠っていたり、換気をしていない部屋だと好都合です。
除湿や冷房の後に送風運転をしていない場合も、カビに栄養を与えているようなものなので気をつけましょう。
エアコンの臭いをできるだけさせないためにはエアコンに付着する臭いの原因を遠ざけたり、内部の湿度を低く保つことにあります。湿気を好むカビは湿度が低いと増殖できませんし、空気の乾燥が続けば臭いを発生させることもなくなります。

埃には、カビに増殖の切っ掛けを与える汚れという餌が含まれるので、こまめにフィルターを掃除して、換気を行うことでカビの胞子そのものを減らし、部屋の湿気も減らすことのできる有効な対策です。
除湿や冷房の後やエアコンを使わない時の送風運転は、内部の乾燥状態の維持に繋がりますから、必要不可欠な対策と考えて実行しましょう。