NO IMAGE

飲食店の閉店の際の残置物処分方法について

NO IMAGE

大阪で残置物処分を行っているオールサポートです。

今回は飲食店などの店舗の処分方法をご説明いたします。閉店する際にお困りの際はぜひご覧になられてください。

飲食店の処分方法

飲食店の場合は個人の場合と違い一般の家庭ゴミや粗大ごみではなく、事業ゴミと分類されます。ですので普段の処分方法と違い処分をすることができますのでぜひご覧になられてください。

厨房機器は買取査定を

業務用冷蔵庫やストッカー、シンクなどは状態と年式によってはお買取の対象になります。年式の目安は10年以内であれば買取対象になりますので廃棄処分を行う前に一度出張買取査定にご依頼くださいませ。また、専門の調理器具などのニーズによっては買取対象になりますのでぜひご検討ください。

各自治体に連絡し事業ゴミで処分しよう

買取査定を行った後に次には処分になるかと思いますが、各自治体により処分方法は違いますが、事業ゴミに分類されて処分を行うことができます。しかし個人での処分方法より異なるケースが多いので必ず一度お電話してご確認してください。

それでも処分できない場合は

人員や日にち的にかたづけができない場合は一度処分専門業者にご依頼をお考えされては如何でしょうか??ご自身で行う手間やトラックの人件費などを考えると業者に依頼したほうがお安くできることもありますのでぜひご検討ください。

オールサポートでは、飲食店様の残置物処分を格安で行っております。

弊社オールサポートでは、厨房機器の買取・リユースに力を入れており高価買取・残置物費用を抑えることができております。従来の業者よりも力をいれてリサイクルを行っておりますのでお任せください!!