不用品となった暖房器具はどうすれば?正しい処分方法を身につけよう

主な処分方法

不用となった暖房器具は扱いに困りますが、正しい処分方法を知ることで悩みは解消します。

粗大ゴミとして自治体に出す

粗大ゴミとして自治体に出す、この方法は最も一般的で最初に思い浮かびがちな選択肢です。粗大ゴミは全国のどの自治体でも扱っていますし、大抵は手頃な処分料金で引き受けてもらえます。実は暖房器具のゴミとしての扱いは自治体によるものの、多くの自治体では粗大ゴミで回収しています。

また回収費用も自治体、暖房器具の種類によって様々ですが、安い場合だと200円ほどで高くても700円くらいで持っていってもらえます。粗大ゴミの出し方は要確認ですが、事前に処理券やシールなどを購入して貼ることが必要です。回収場所は自治体により指定されますが、回収日の朝に家の前に出しておくようにと指示されるケースが多いです。

ただ、戸建てとマンションやアパートでも違うことがありますから、やはり確認した上で処分の手続きを始めるのが正解です。

家電を購入した店舗で引き取ってもらう

家電を購入した店舗で引き取ってもらう方法は、文字通り販売店に問い合わせて回収してもらえるか確認した後、お店に持ち込む流れとなります。問い合わせなしにいきなり持ち込んでも、引き取りを断られてしまう恐れがあるので注意です。

電話などで問い合わせをすると、引き取りの可否や処分方法を教えてもらえますから、指示に従って持ち込むことが大切です。暖房器具は正しく処分しないと危ないことがありますから、必ずお店に問い合わせて安全な処分方法を確認するべきです。

車で持ち込んでも良いのか、持ち込む場所はどこかなど、事前に確認しておくポイントはいくつもあります。それから持参が求められるものが発生する場合もあるので、いきなり持ち込むのではなく確認は大事です。他店で購入した暖房器具や、利用したことがないお店だと引き取ってもらえないので、購入した店舗に問い合わせて引き取りの相談をすることが前提条件となります。

リサイクル店に持っていく

リサイクル店に持っていく、これは粗大ゴミでの処分が難しかったり、店舗で引き取ってもらえない場合に有力な選択肢となります。リサイクル店は品物を買い取って中古販売するお店ですから、まだまだ使える暖房器具なら買い取りの形で引き受けてくれます。

お店としては売れるものなら買い取りたいはずですし、暖房器具は季節によって需要が一気に高まりますから、タイミング次第で高値がつく可能性に繋がります。シーズン終了後などの季節外れだと二束三文になるでしょうが、それでも邪魔な不用品の暖房器具を処分できるのは間違いないです。機能に問題がなく、外観の状態が良いほど魅力的な買い取り価格がついたり、買い取ってもらえる可能性が上がります。

ゴミ扱いではないので価値を損ねず無駄になりませんし、新しい誰かのもとで再び暖房器具として活躍することもあり、処分費用が発生せず環境負荷も小さく合理的です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するのは、ゴミ処分もリサイクル店での買い取りも不可能な場合に、最終手段として頼りになります。不用品回収業者は使わなくなったものを回収するプロで、有料ながらも料金を支払えば大抵は何でも回収してくれます。

例えば大型で家の外に搬出するのが難しかったり、車がなくて購入したお店やリサイクル店に持ち込めない場合などに助かります。しかも、複数の暖房器具を持っていってもらうこともできますし、暖房器具以外の回収もまとめて依頼可能なので便利です。
不用品回収業者によっては買い取りをしている業者もあるので、査定買い取りと引き取りのメリットが同時に得られます。買い取りが成約すれば処分費用が節約できますし、高値がつけば利益が生まれることもあるでしょう。

いずれにしても不法投棄はNGですし、かといって処分に困り手元に置いておくのも邪魔ですから、処分方法に悩んだら不用品回収業者に相談するのが賢明です。電話で指定の日時に指定の場所に車で来てもらえますから、後は回収に合わせて搬出経路の確保などの準備を済ませるだけと楽々です。

処分方法に注意が必要な暖房器具

石油ストーブ

石油ストーブは灯油タンクだけでなく、本体内部に灯油が残ることがあるので注意が必要です。灯油は常温での引火性が低いものの、可燃性なのは間違いなく、何らかの切っ掛けで発火する可能性があることから油断禁物です。

その為、石油ストーブを処分する時は灯油タンクを完全に空にして、本体内部もスポイトなどで抜き取ってから処分します。抜き取る灯油は必ず灯油用のポリタンクに移し、ガソリンスタンドの回収などで安全に処分することが肝心です。

それと石油ストーブによっては乾電池で着火するものがあるので、乾電池は取り外して正しく処分しましょう。安全性でいえば本体に残る灯油の方が危険ですが、乾電池も発火の切っ掛けになり得るので気をつけたいところです。

とはいえ、灯油と乾電池にさえ気をつければ石油ストーブは安全に処分できますから、注意点を踏まえ頭に入れておけば大丈夫です。

オイルヒーターはオイルを抜かなければいけない場合も

オイルヒーターはオイルを抜かなければいけない場合も、これを知らない人は案外少なくないといえます。オイルヒーターといえばオイルを温め部屋を快適にする暖房器具ですが、そのままゴミに出すと危ないので、粗大ゴミなどで回収してもらう時はオイル抜きが必要となります。必ず必要というわけではないですが、必要になるケースは確かにあるので、覚えて置いて損はないでしょう。

オイルヒーターからオイルを抜くには、電動ドリルを使って穴を開け、そこからオイルを出す方法が基本となります。つまり電動ドリルの用意とドリルを使った作業が必要で、オイルがこぼれないように慎重な作業が求められます。

オイルは簡単に引火するものではありませんが、オイルはオイルなので安全にしっかりと回収することが大事です。しかし、古新聞や使い古しのタオルやシャツに染み込ませて構いませんし、厚手のものや複数枚を重ねたビニール袋に入れて口を閉じればOKです。大抵は可燃物としてゴミに出せるので、オイルを抜く手間を除けば案外簡単です。

自治体によってはカイロの捨て方さえ違う

自治体によってはカイロの捨て方さえ違うというのは、知っておいた方が良い知識です。カイロは自治体により可燃物扱い、不燃物扱いと分別が異なり、回収方法に違いが出てきます。未使用品を可燃物として回収する自治体も、使い終えたカイロは不燃物で回収することがあります。

使い捨てカイロは鉄が酸化する時に発生する熱を利用するので、中身の半分以上は鉄となっています。鉄だけに注目すると不燃物に分類するのが正解ですが、他にも燃やせる成分が含まれていることから、自治体の判断で可燃物にもなるわけです。

可燃物と不燃物の判断は、その自治体の焼却炉の性能によるところが大きく、性能が高い焼却炉を持つ自治体では可燃物に分類される傾向です。これはカイロに限られることではありませんし、同じ都道府県でも市区町村レベルで違うことがあるので気をつけましょう。

カイロについては、袋を開けて中身を分別することはまず求められないので、その点は手間が掛からず安心です。

不用品回収会社に依頼するメリット

不用品回収会社に依頼すると、いくつかのメリットを享受することができます。

引取りに来てくれる

引取りに来てくれるというのは不用品回収の大きなメリットで、大きくて重たい暖房器具も手間なく持っていってもらえます。粗大ゴミの回収だと、回収日に玄関外まで暖房器具を移動するように指示されますが、不用品回収なら室内まで回収に来てくれるので楽です。

物置や倉庫にしまってある不用な暖房器具についても、不用品回収会社は喜んで回収に訪問します。車で出向いて回収作業を行うのが不用品回収会社の仕事ですから、どんな暖房器具でも引取ってくれるのは当然です。2人掛かりでないと運び出せないようなものでも、嫌な顔をせずにテキパキと搬出して積み込み回収するのが不用品回収会社の魅力です。

処分したいものが複数あっても大丈夫ですし、費用は掛かりますがついでに持っていってもらえるので、一緒に処分したいものがあっても頼りになります。

その場で買い取りしてくれる業者も

その場で買い取りしてくれる業者もあるのが、不用品回収会社のメリットの1つで、費用を節約しつつ利益に期待が持てます。買い取りを行うかどうかは業者次第ですが、買い取りが受けられると使える暖房器具に価格がついて利益が発生します。

現金買い取りならその場で買い取り代金を受け取れますから、回収費用を支払うはずが逆にお金がもらえることになります。比較的新しいモデルで、名の知られているメーカーの人気モデルであれば、かなり嬉しい査定価格がつくことになるでしょう。

回収費用を含めてプラス収支になるかどうかはケースバイケースですが、費用が掛かるだけでなく買い取りでお金をもらえるのは嬉しいところです。費用を節約したり利益に期待したい場合は、買い取りもしている不用品回収の業者を選ぶことが必要です。

暖房器具を清掃したり付属品を揃えておけば、査定評価が満額になりやすいですから、できる範囲で綺麗にして査定を受けることをおすすめします。

オイル抜きや配線外しをしなくて良い

オイル抜きや配線外しをしなくて良いのも、不用品回収ならではのメリットといえるでしょう。石油ストーブの灯油抜き、オイルヒーターのオイル抜きは地味に面倒ですが、これらを含めて回収してくれるのが不用品回収会社の良さです。

給排気を屋外から行うFF式のストーブは、配管を取り外さなくてはいけないので大変ですが、配線外しと一緒にやってもらえるので快適です。これなら工具や知識がなくても心配無用ですし、手際良く取り外して回収してくれますから、忙しくて作業をする時間がない人にも朗報となります。

オイル抜きは手が汚れたり室内を汚す心配がありますし、何より電動ドリルなどの工具が必要なのがネックです。オイルをこぼして床に染み込むと大変ですから、慣れない作業で失敗が不安であれば、最初から不用品回収会社に任せるのが良いでしょう。費用を支払えば何もかも一通りやってくれるので、依頼者は作業をする様子を見守るだけで済みます。

まとめ

不用品の暖房器具は邪魔でスペースを取りますが、その辺に適当に捨てることはできないです。自治体なら粗大ゴミ、家電のお店であれば購入者に限って回収と、処分方法にはいくつかの選択肢があります。

リサイクル店に持ち込むのも1つの手ですが、取り外しや持ち込むのが難しい場合は、不用品回収業者に依頼する方法が挙げられます。名前のように不用品回収を専門としているので、指定の場所まで取りに来てくれますし、重たくても搬出してもらえるので心強い味方になります。

その場で買い取りをしてもらえたり、オイル抜きや配線外しの手間も省けるので、改めて便利で頼りになる選択肢だと分かります。自治体の回収は費用が比較的お得ですが、ゴミの分別が必要でゴミに出す為の条件があったりするので、不用品回収と比べると面倒で不便です。