【不燃ゴミ?】知っていれば簡単!CD・DVDの3つの処分方法

CDやDVDの意外と知らない捨て方

CDやDVDの捨て方は意外にもあまり知られていないものです。手間をかけずに処分したいのであれば自治体の指示に従う方法があり、その他にも買取業者へ売却したり、大量にあるのであれば、不用品回収に出す方法もあります。しかし捨てる前にはいくつかの注意点もあります。

処分前の注意点

その注意点は、個人情報が入っているCDやDVDを処分する場合です。そのままゴミとして捨てると悪用される可能性もあるため、何らかのデータが入っている場合にはどんなに些細なものでもそのまま捨ててはなりません。個人情報が入っている場合には、カットしたり破壊するなど物理的な処置を行なってバラバラにしてから処分するようにしましょう。作業する際はカッターなど刃物を使うのでケガの恐れがあるため、マスクや軍手を忘れずに付けて作業しましょう。

3つの処分の仕方

自分で捨てる

急ぎでなおかつ手間をかけたくないのであれば、自治体で処分するのが一番です。燃えるゴミなのか燃えないゴミなのかは自分が住んでいる地域によりルールが異なります確認してから処分するようにしましょう。DVDは燃えるゴミとして処分するケースが多く、ケースはプラスチックとして分類されるでしょう。ケースを包む外装フィルムはプラスチック製であるため、自治体により処分方法が異なります。

買取業者に依頼する

買取業者に依頼する方法も一つの手段です。特に未使用のDVDを買取業者に買い取ってもらえば、すぐにお金に変えられます。手間もあまりかからず、仕事が忙しい人たくさん売りたいDVDがある人には向いていると言えます。買取業者に頼むにはいくつかの方法があり、自分でお店に持って行って査定をしてもらう方法や、梱包して買取業者に送り査定をしてもらう方法、自宅に来てもらって査定をしてもらう方法があります。

不用品の処分は買取がオススメ!定番から意外と売れる不用品をご紹介!

大量処分は不用品回収業者へ


大量のCDやDVDがあるのであれば、不用品回収業者で処分する方法がお勧めです。かなりの量があると処分も大変で、捨てることすら重労働になってしまいます。不用品回収業者に依頼することの最大のメリットは、量がたくさんあっても一度に処分できることです。手間もかからず時間の節約にもなるでしょう。家に取りに来てくれることから、自分で重い荷物を運び出す必要もないのです。都合のよい日時を打ち合わせしておけば良いため、忙しい人でも便利に利用することができるでしょう。

まとめ

CDやDVDを処分する時は、自分にあった処分方法で無理なく処分しましょう。
処分方法に迷ったら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。