知っておきたい!不要な家具の処分方法

家具を処分するときのポイント

家にあるタンスや机といった家具は、壊れたり新しいものと買い換えるといらなくなります。家具を処分するとなったときのポイントは、最初にまだ使えるものかどうかを確認しましょう。自分にとってはデザインが古かったり機能に不満があっても、他の人には十分に役立つものは多いです。明らかに壊れていて使えない場合はゴミ・不用品として処分になります。でも、使えるものであれば再利用という選択肢があります。再利用ならば売却・下取り・譲渡というように、費用をかけずに処分できるのでお得です。

不要な家具の処分方法のご紹介!

粗大ゴミとして処分する

自治体ごとに一般ゴミと粗大ゴミのどちらに分類されるのか異なるので、事前に確認しておかなければいけません。粗大ゴミであれば、規定の料金を郵便局やコンビニで払い収集券を粗大ゴミに貼り付けて回収日に出すというやり方が多いです。また、粗大ゴミを持ち込みできる施設が近くにあれば、車などで持ち込むこともできます。その場合にも料金を支払う必要があります。

不用品を解体し回収費用を安くしよう!解体方法も一挙公開。

買取業者、リサイクルショップで下取りしてもらう

買取やリサイクルで家具を処分するときには、状態が良ければ買取価格・下取り価格が高くなります。多少なりとも収入が入れば、新しい家具を購入する費用に充てられますから良いものを揃えやすくなります。ただ状態が悪いと、買取・下取りを拒否されるので、この方法を選ぶときには事前に状態を自分でも確認しておくほうが良いでしょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不用品回収業者は、粗大ゴミと同じように料金を支払って引き取ってもらいます。しかし、自分で家具を外に出す必要はなく、業者の方から引き取りに来てくれるので遺品など不要な家具が大量にでたときに頼むとよいでしょう。ただ、料金については、粗大ゴミよりも高くなることが多いです。ただし、不用品回収業者の中には、回収した不用品を不法投棄する業者もいます。不用品の回収に必要な資格・許可を得ているところに頼みましょう。

譲渡に出す

例えば子供用の勉強机とかタンスなどは、子供が成長すれば使わなくなります。しかし、これから子供を育てる世帯には必要なものです。ですから、兄弟・姉妹や親戚・知人などに譲渡すれば、更に活躍できます。譲渡をすれば資源の有効活用ができますし、処分費用がかかることもありません。身近には必要としている人がいないときでも、ネットの掲示板等で、欲しい人を募集して譲渡もできます。その場合には無料で譲ることもできますし、料金を取ることもできます。

まとめ

いかがでしたか?色々ご紹介をさせていただきました。
それぞれメリットがありますので、不要な家具をどのタイミングで処分したいのか考慮のうえ、どんな方法を取るのかを選びましょう。

不要なものが家にあると、部屋が狭くなったり散らかって見えたりしてしまいます。
思い切って手放し、お部屋を広く使うと気分も一新できるでしょう。