知っておきたいゴルフクラブの処分の仕方!

ゴルフクラブは何ごみ?

不要になったゴルフクラブ、どのように処分するべきでしょうか。この問題を検討する前提になるのはゴルフクラブは何ゴミに該当するかということです。ゴルフクラブは金属だけでなくゴムなど数種類の素材から構成されているため、何ゴミに該当するのか必ずしも明らかではありません。
一般的には各地方自治体では粗大ゴミとして取扱われているようです。したがって基本は自治体の粗大ゴミの日に出せば回収してもらうことができます。

知っておきたい3つの処分方法

それでは不要になった場合にどのような処分方法の選択肢があるのでしょうか。

粗大ゴミで出す

まず基本的に粗大ゴミとして各自治体で取扱われているため、粗大ゴミで出すことが可能です。処分するクラブの本数が少ないならば解体して不燃ごみで処分する余地もあります。もっともゴミの分類や取り扱いは各自治体で微妙に異なるので、事前に問い合わせをして確認しておくことをおすすめします。なお粗大ゴミとして処分するときは400-1000円程度の実費が発生するので合わせて確認しておきたいところです。
ところが処分するクラブの本数が多くなると、粗大ゴミで搬出するのも面倒になってきます。

不用品回収業者に依頼する

数多くのゴルフクラブのコレクションがあるなら、不用品回収業者に依頼するという選択肢があります。
不要品回収業者を利用すれば搬出する手間や面倒を章楽することができるのはメリットです。しかし粗大ゴミとして自治体に処分を依頼するときに比較すると割高のコストが発生します。格安処分を謳いながらゴルフクラブ引き上げ後に高額の追加料金を請求する業者も存在しているので、信頼できる業者かどうかは事前に十分確認する必要があります。

買取専門店に依頼する

粗大ゴミや不要品として処分するのがもったいない、という方は買取専門店に依頼するという選択肢もあります。この方法のメリットは中古市場で需要の高いゴルフクラブは高値での売却を期待できることです。他方で人気がないクラブでは買い叩かれる可能性も考慮する必要があります。