不用品回収のトラブルとは?悪徳回収業者に注意!

不用品回収詐欺とは?

不用品の処分で回収業者を利用する場合は、不用品回収詐欺に気をつけることが必要となります。

多くが多額の請求してくる

多くが多額の請求してくる、これは見積もりを大幅に上回る請求が行われるのが特徴で、不用品回収詐欺に共通する基本的な傾向だといえます。不用品回収詐欺では見積もりが常識的な金額だとしても、後から何かと理由をつけて追加料金を請求します。見積もりになかった金額を指摘しても、悪徳業者は強引に押し通そうとするので要注意です。

料金を水増しするかのような請求は不当ですし、業者の言い値で自由に料金が追加できるようでは、見積もりの意味自体がなくなります。しかし悪徳業者は見積もりの段階で油断させ、正式に不用品回収の依頼を受けて作業を終えてから多額の請求をするので悪質です。

納得できないことを伝えても、悪徳業者は依頼者のお客さんに責任を転嫁する形で、見積もり金額以上の料金を払わせようとします。

積み込みが終わってからが注意

積み込みが終わってからが注意なのは、不用品をトラックに積み終えてから多額の請求が行われた場合に、キャンセルしようとしても中々認めないことにあります。悪徳業者は荷物を積み終えたことを理由にキャンセルを拒否したり、キャンセルを認めても仕事が妨害されたなどといって、高額なキャンセル料を請求するので注意です。

荷物を一度積み込んでからの積み下ろしですから、渋々キャンセルOKとなっても最終的な料金は最低でも不用品回収費用の2倍で、更にキャンセル料や迷惑料が加わります。名目は何であれ、キャンセルすると悪徳業者を優位な立場に立たせてしまい、言い値で料金を支払わざるを得なくなるので気をつけましょう。

「無料」に注意

「無料」に注意、無料は誰もが興味を引かれる魅力的な2文字ですが、ただより高いものはないというくらいですから注意が必要です。これは不用品回収詐欺にも関係する注意で、無料で釣って実は多額の請求が発生するケースも珍しくないです。

不用品回収は慈善事業ではないので、そもそも何から何まで無料はあり得ませんが、くれぐれも無料の響きには惑わされないように注意です。

無料と言われたはずなのに費用が請求されたり、本当なら買取で売却できて利益が得られるはずが、回収費用が取られる一方ということにもなるわけです。悪徳業者は多額の請求と不当な売却で利益を得ようとしますから、不用品がゴミ扱いされたり、転売され利益を取られないよう詐欺に警戒すべきです。

悪徳業者の特徴

調べても会社情報が出てこない

調べても会社情報が出てこない不用品回収業者は、偽の会社だったり企業の実態がないこともあり、悪徳業者の可能性が高くなります。会社風の名前でも企業ではない組織が悪質な不用品回収を行っていたり、いわゆる反社が経営していることもあります。

いずれにしても、会社情報を探しても見つからない企業はあり得ませんし、似たような名前の会社は存在していても違うようなら要注意です。単純に名前を間違えて探している可能性もないとはいえませんが、しかし不用品回収と社名と思われるキーワードを組み合わせれば、大抵は何らかのヒントが見つかるものです。

それでも会社情報の断片すら見つからない場合は、高確率で悪徳業者となるでしょう。

明確な料金設定がない

明確な料金設定がないのは、不用品回収に限らず商品やサービスを提供している企業にとって致命的です。正確な料金は見積もりなしに提示できないとしても、目安となる基本料金やオプションなどの金額の設定や明示はあるべきです。

優良な不用品回収業者はお客さんの信頼を獲得する為に、料金設定を予め決めていたり公表を行っています。ところが、悪徳業者は時に言い値で多額の費用を請求しようとしますから、明確な料金体系などというものはないわけです。料金表があってもないようなもので、後々あれこれと様々な名目で料金が追加され、請求が多額になってもおかしくありませんから、料金は事前にしっかり確認しましょう。

空き地などを利用している

空き地などを利用している不用品回収業者は、空き地を会場に不用品の持ち込みを募集して、多額の費用を請求したり転売する可能性が高いの油断大敵です。無料と書かれたのぼりを立てたり、チラシを配りながら大声で呼び掛けたりしていても、回収の段になって有料と言われるケースが少なくないです。

無料の条件が買取を前提とした査定で、査定を受けなければ有料での回収といった論法を使ってきますから、悪徳業者の術中にはまってしまうと厄介です。キャンセルしようにもキャンセル不可と言われたり、どうしてもキャンセルしたいなら手数料を支払うようにと迫ってきます。

最初は優しい表情や態度でも、クレームを入れると豹変することがありますから、凄まれて冷静さを失わないように気をつけたいところです。

見積もり依頼に応じない

見積もり依頼に応じないのは、まともな不用品回収業者にはあり得ないことなので、必ず見積もりを出してくれる業者を選びましょう。見積もりを依頼しても、作業をしてみないことには料金が確定しないなどの理由で応じない業者も存在します。料金の概算なら出せるはずですし、正確な費用は現地調査を行えば算出できますから、理由に関わらず見積もり依頼に応じないのは論外です。

納得できる理由で見積もりを断られるのなら分かりますが、説明が曖昧で理由も分からないようならその不用品回収業者は避けるのが賢明です。見積もりを出さない不用品回収業者に依頼すれば、多額の費用が請求されてもおかしくありませんし、最初から騙すつもりなのかもしれないので要警戒となります。

悪徳不用品回収業者への対処法

 

事前に見積もりをとる

事前に見積もりをとることは、悪徳不用品回収業者に捕まらず避ける意味で有効な対処法です。優良な業者はお客さんからの見積り依頼に快く応じますし、選ばれたことを喜んで信頼関係を築こうとします。見積もり対応の不味さがビジネスチャンスを逃すことを知っているので、常識のある不用品回収業者なら必ず見積もりに応じます。

対応の良し悪しが悪徳不用品回収業者を見抜くヒントになりますから、急ぎであっても見積もりは忘れずに出して貰いましょう。見積もりがあれば多額の請求を避けられますし、万が一何倍もの料金が請求されてしまっても、見積もりを根拠に対処できます。

領収書は必ず貰う

領収書は必ず貰うことも、悪徳不用品業者に騙されて損をしない為に重要です。相手が優良業者だとしても、領収書がないと後々トラブルに発展するリスクが高まりますから、正しいお金のやり取りとその証拠を残す意味でも領収書の受け取りは不可欠です。

中には手間を面倒に感じて領収書を出し渋る業者も存在しますが、そういう業者は悪徳ではなくても避けるべきです。不用品の回収を依頼して作業を任せてお金を支払う以上、領収書の受け取りは欠かせませんし、要求しても応じないとしたら悪徳業者かズボラな業者のどちらかとなります。

不用品回収業者はリピーターよりも新規顧客が多い傾向で、リピートに繋げる為に信頼関係を築こうとしますから、領収書を請求してその対応で悪徳かどうか見分けられます。

怪しい場合処分方法を聞く

怪しい場合処分方法を聞くことは、相手の対応を確認したり回収した不用品が適切に処分されるか確かめる意味でも大事です。相場と比べて料金が極端に安い不用品回収業者は怪しいですし、実は不法投棄をしていてもおかしくないといえるでしょう。逆に費用が高くても不法投棄の可能性がないとはいえず、処分方法を聞いても答えが曖昧となれば疑いが濃厚になります。

処分方法を説明できない不用品回収業者は、自社が取り扱う商品を把握していない食品会社と同じですから、そんな会社の商品は誰も口にしたがらないはずです。つまり処分方法の説明はできて当たり前なので、尋ねても説明できなかったり答えられない業者は失格です。信頼に足る優良な業者は説明1つ取っても自信を持って行いますから、不安や疑念に繋がる怪しい雰囲気すらないです。

優良な業者を選ぼう

優良な業者は明確な料金設定がある

優良な業者は明確な料金設定があるので、事前におおよその費用が算出できますし、簡易見積もりで概算が分かります。料金体系が定まっていますから、金額が明確で何にいくらの費用が発生するか一目瞭然です。

料金設定が曖昧な悪徳業者は、費用の説明を求めてもしどろもどろで答えられず、見積もりを依頼しても総額や内訳が不明瞭になりがちです。その点、優良な業者は前もって料金が決められているので、見積もり依頼に応じてスピーディーに金額が算出されます。

基本料金や追加料金、オプションの1つ1つが明確ですから、金額に説得力が生まれたりお客さんが納得できる結果に至ります。

一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っている

一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っていることは、優良な不用品回収業者なら珍しくないどころか基本中の基本です。回収した不用品は廃棄物として処分を行ったり、買取の形で売買することもあるわけですから、これらの許可は持っていて当然です。

許可なく廃棄物を処分しようとしたり、不用品の買取をする業者は無許可営業の可能性がありますし、トラブルの元になるので選択肢から外すのが正解です。反対に、一般廃棄物処理業の許可も古物商の許可も持っていて悪徳の心配がない不用品回収業者を選べば、安心して見積もり依頼や正式な回収作業を依頼することができます。

ネットの口コミ等を調べよう

ネットで評判を調べようというのは、ネット通販やサービス全盛の現代においても、やはり優良な不用品回収業者選びの重要なポイントになります。ネットの評判はあくまでも参考や判断材料の一部に留まりますが、それでも多角的に業者を比較検討したり篩いに掛けるのに役立ちます。

ネットで評判を調べる具体的なやり方としては、実際に利用した人達の口コミに目を通したり、SNSやブログで利用者が発信する情報に目を向ける方法が挙げられます。不用品回収業者の評判が集まる情報源であれば、良い評判だけでなくネガティブなところも分かりますし、複数社を比較するのも容易となります。

またSNSも情報源の1つとして活用できますし、個人が運営するブログの情報も評判を知るのに役立ちますから、時間が許す限り念入りに調べることをおすすめします。

まとめ

不用品回収は、回収だけでなく買取や処分も関わってくるので、何かとトラブルに発展しやすいところがあります。特に悪徳業者はあの手この手で騙そうとしたり、多額の費用を請求しようとするので注意です。

悪徳業者は会社の情報どころか実態が曖昧だったり、料金設定が不明で見積もりを出したがらないといった特徴を持ちます。悪質な不用品回収では空き地が利用されるケースもありますから、空き地でのぼりを立てたり回収を呼び掛けているような業者には気をつけましょう。

悪徳不用品回収業者に対処するには、事前に見積もりを出して貰うこと、領収書も必ず受け取り処分方法を詳細に聞くのが有効です。料金体系が明確で一般廃棄物処理業と古物商の許可もあり、ネットで評判良好な業者を絞り込んで選べば、悪徳業者に捕まらずに済みます。