不用品回収業者か引越し業者。引越し後の不用品処分はどちらが安い?

引越し後の不用品処分方法

引越し後に発生する不用品の処分には、主に3つの選択肢が存在しており、それぞれに良し悪しがあるといえます。

不用品回収業者

不用品回収業者は様々なゴミを回収する専門業者で、一般家庭やオフィス等から発生する不用品であれば、大抵の物は何でも回収してくれます。また取り扱う不用品の種類が豊富ですから、他の業者が引受け無いような物についても、回収を相談したり任せることが出来ます。

しかも、トラックで回収場所に乗りつけて積み込みますから、不用品が大量であっても大丈夫です。ゴミの量が増えれば当然ながら費用は嵩みますが、まとめて依頼した方が割引で安くなることもあるので、無料見積りを依頼してみる価値があるといえるでしょう。

更に買取による費用の節約が出来る場合もありますから、不用品の買取と回収を同時に任せたい時にも頼りになります。不用品回収業者はいわゆるゴミ屋敷の片づけや遺品整理も担うので、不用品の仕分けや回収のプロですし、引越し後の不用品処分の相談にも最適です。

引越し業者

引越し業者はダンボールを回収してくれますが、無料で回収する業者もあれば、有料でサービスを提供する業者も存在します。無料で回収してもらえると確かに助かりますが、ダンボール以外の物については回収しなかったり、有料でサービスを利用する形となります。

有料の回収サービスも引越し業者によって提供はケースバイケースですから、利用する業者次第でサービスが受けられたり受けられなかったりします。有料サービスありでも1品ずつ回収費用が発生したり、割高な料金が設定されていることもあるので要確認です。

それと、回収品目が限られるケースも少なく無いので、事前に回収してもらいたい不用品が対象かどうかチェックしておきたいところです。不用品回収を考えて引越し業者を選ぶ時は、有料でもサービスを提供している業者を絞り込む必要があります。とはいえ、ダンボールだけでも回収してもらうと楽ですし、引越し業者が回収して残った物を不用品回収業者に依頼する手もあるでしょう。

自治体等に依頼

自治体等に依頼する方法は、粗大ゴミに分類される物をゴミ回収に出すやり方です。居住する自治体のゴミ出しルールを確認する必要はありますが、有料で家具等の不用品を回収してもらえるので便利です。

家電はリサイクルの都合上、対象外としているケースが多いですが、ガスコンロや電子レンジ、照明器具やステレオ機器等は対象とする自治体が少なく無いです。ベッドや布団等の寝具に、机やイスとタンス、使わなくなった子供の自転車や暖房器具等も回収してもらえる可能性があります。

回収方法も自治体によりますが、回収して欲しい不用品を伝えて、料金を支払い回収日に指定の場所に出す方法が一般的です。自宅の中まで回収には来てくれませんから、外まで運べることを確認してから申込んだり、回収日に合わせて準備することになります。

単品なら割安で利用出来ますから、不用品が限られている場合に適しています。

業者毎の特徴

業者によって特徴は異なるもので、使い分けには把握が肝心ですから、前もって頭に入れておきたいところです。

不用品回収業者は時間が無い人におすすめ

不用品回収業者は時間が無い人におすすめで、電話1本で駆けつけてくれますし、希望の日時に合わせて回収作業が始まるので便利です。何を処分するか決めることは必要ですが、不用品の仕分けや運び出し、積み込みに回収と処分作業等の一式を引受けてもらえます。

ほぼ丸投げ出来ると言っても過言では無いので、引越し後の何かと忙しい時に頼りになりますし、時間の節約にも繋がります。勿論、見積りは現地で無料で行われる場合が多いですから、いくら費用が掛かるか確認してから任せられるので安心です。

大型サイズのベッドや、重量のあるタンスも運び出してくれるので、引越し後に家具がお部屋に合わないと感じたり、買い替えたくなっても大丈夫です。逆に小さくて細々とした物も、不用品回収業者であればプロの技術と経験によって効率的に作業が進められるので快適です。

引越し業者の引越し後のサービスはダンボールのみ

引越し業者の引越し後サービスはダンボールのみと、不用品回収業者に比べてサービス内容が寂しいのが特徴です。
どの引越し業者もダンボール回収は行っているので、引越し後にほぼ間違いなくダンボールを持っていってもらえるのは確かですが、箱の中身の不用品については対象外です。

ダンボール以外の梱包資材も回収するかどうかは引越し業者次第なので、あれもこれも回収という期待は持たない方が良いでしょう。仮にもし駄目元で相談して回収してくれたとしても、それはスタッフの好意で判断されたと考えることが出来ます。

つまり、本来は対象としていない物をサービスの一環で回収してくれるケースです。これは例外的なので、引越し業者全般に当てはまるサービスと考えるのは間違いです。

ダンボール以外の不用品の扱いについては引越し業者によってケースバイケースですから、不用品処分を任せたいなら有料サービスを提供する引越し業者の選択が必要です。

自治体の処分方法は各自治体によって違う

自治体の処分方法は各自治体によって違うので、何でも粗大ゴミになるわけではなく、回収してもらえなかったり費用が高額になることもあります。回収日は可燃ゴミや不燃ゴミ、リサイクルゴミといった物と比べて、粗大ゴミは1ヶ月の内に出せる日数が少なく限られます。

引越し後に粗大ゴミの回収日を逃してしまうと、次の回収日まで待たなくてはいけませんから、当面のあいだ家に不用品を保管しておくことになるでしょう。引越し後に運良く回収日のタイミングが合えば、決まった料金で不用品を回収してもらえます。

何が回収対象かは自治体によるので要確認ですが、家具や調理器具は大抵の自治体で回収を引受けているので、好みの家具に買い替えたり調理器具が故障した時に助かります。

このようにフットワークの軽さだと不用品回収業者、梱包資材の回収なら引越し業者、特定の回収日に少ない不用品を処分に出す場合は自治体の粗大ゴミ回収となるでしょう。

業者毎の料金相場

言うまでもありませんが、不用品処分の回収費用は業者毎に違うので、相場を把握した上で比較検討することをおすすめします。

引越し後の処分は2つの費用が発生している

引越し後の処分は2つの費用が発生している、これは荷物の運搬費用と、不用品に掛かる処分費用を意味します。
予め不用品の処分を済ませておけば、荷物の運搬費用はその分少なく済みますし、後々不用品回収の費用も発生しなくなるわけです。

ところが、不用品の処分が不十分で荷物に紛れ込んでしまうと、不用品を運ぶ分まで引越し業者に費用を支払ったり、不用品回収にもお金が掛かることになります。これではお金を余分に支払い、その余分な分を捨てているも同然ですし、よくよく考えてみると非常に勿体ないことです。

引越し業者が悪いわけではありませんが、引越しと不用品処分の順番を間違えると、結果的に2つの費用が発生して負担する結果に至ります。

引越しには計画性が重要ですが、余裕を持って取り組むのが理想的ですし、損をしないように順序立てて作業に取り組むことが大切です。

料金相場

料金相場は人件費と車両費、そして処分費の3つで決まるもので、不用品回収業者の相場は総額だと25,000円から30,000円が1つの目安になります。単身で作業員が1人で済んだり、小型の軽トラに積み込める程度の不用品であれば、1万円台で済むケースもあるでしょう。

1万円台は最低ラインの金額ですから、特別な割引キャンペーン等が無い場合は、1万円未満で不用品回収業者のサービスを利用するのは難しいです。それから処分に手間暇が掛かる不用品は処分費用が大きくなり、総額を押し上げるケースもあることを留意すべきです。

引越し業者の有料不用品回収サービスは、利用出来るとしても1品あたり3,000円や5,000円等、割高になりやすい傾向です。不用品が単品なら利用を考えるのもありでしょうが、処分したい物が多い時には不向きですし、不用品回収業者の方が安く済むこともあるでしょう。

自治体の粗大ゴミ回収は照明器具や小さい家具なら数百円、比較的大型のテーブルやソファーは1千円台、タンスのように重たい物でも2千円台くらいで済みます。ただ回収の費用で運び出しは含まれませんから、単純に不用品回収業者や引越し業者と比較することは出来ないです。

出来れば引越し前に処分する

出来れば引越し前に処分する、この結論は1度でも引越しの経験がある人なら納得の結論だと思われます。不用品を残したまま引越しとなると、不用品の分まで費用を負担しなくてはいけなくなります。それに引越し先でも不用品が手元に残りますし、処分方法を選び手続きをして回収してもらうことが必要です。お金が掛かる上に手間もありますから、やはり不用品は引越し前に仕分けや処分を済ませ、身軽な状態で引越しするのが合理的です。

自治体が回収してくれる粗大ゴミの1つや2つ程度なら、運搬費用が多少割増になり処分費用が掛かる程度で済むでしょう。問題になるのは引越し先で不用品が次から次へと現れる場合で、前もって処分を済ませておけば良かったと後悔するケースです。

引っ越しにかかる費用の相場と安くする方法とは?節約で引っ越し後の生活を楽にしよう

まとめ

不用品の処分というと、不用品回収業者や引越し業者が頭に浮かびますが、対応が柔軟で便利な前者に対し、後者は基本的にダンボールのみの回収と微妙です。

自治体の粗大ゴミ回収は、回収日の都合に合えば比較的安く済むので便利ですが、自治体毎にルールが異なりますし、定の場所に運び出す必要があるのがネックです。片手で運べる程度の重さの不用品なら便利ですが、両手で大人でも難しかったり、大人2人掛かりで運び出すような大型家具の処分には不向きです。

電話で無料見積りを任せることが出来たり、忙しくても丸投げできる不用品回収業者は、不用品処分で困ってしまった時の心強い味方です。相場の25,000円から30,000円をどう捉えるかにもよりますが、手頃な金額でまとめて不用品処分を任せられると考えれば現実的でしょう。

仕分けから運搬や処分まで任せられるので気が楽ですし、手間や労力も節約出来ると思えば理想的な選択肢です。引越し業者にはダンボール等の梱包資材、自治体の粗大ゴミ回収は単発の不用品処分と、特徴を活かして使い分けるのが正解です。