片付かない原因はここにあった!汚い部屋にありがちなこと

片付かない3つの理由

片付かない3つの理由

物が片付けられない人の傾向として、不要だなと思った物であってもまだまだ使える状態である場合、「これは使うはず」や「もしかしたら使うかもしれない!」という思い込みが関係して、捨てられずに自宅に溜め込んでしまう癖があります。特に昔から物は大切にするべきという考えを持っている方や、状態が綺麗で問題なく使用することができる物の場合は、もったいないという気持ちが働いて捨てることに強い抵抗感を感じ物を手放すことが出来ないことが多いです。

もし壊れてしまっているものであっても、修理すれば使えるからと思いこんで手放さないという方も少なくありません。物を持ち続けて片付かない状態が続く理由が、これからも使うかもしれないという思い込みからなら、一度冷静になって使っていない期間を考えて処分を検討しましょう。

「これは使うはず」「もしかしたら使うかもしれない!」という思い込み

不要な物が溢れかえってきてしまうと、部屋の中も物で溢れかえってしまい片付かない悪循環になってしまいます。
そのため部屋を整理しようという強い意識は持っていて、常に「整理しなければ」という口癖があるにもかかわらず行動に移せていないのは、物を捨てること自体に罪悪感を感じてしまっているか、思い入れがあり捨てることが出来ないという考えが関係しているといえます。他にも自宅に物が溢れて囲まれている状態に安心感を感じてしまう人も多く、それゆえ不用品を処分することが出来ないという方も少なくありません。

もし自身で整理しなければという言葉が口癖になるほど、今の状況を変えたいと思っているならばまずは自身の住んでている部屋の状況を見直し、住みやすい家なのか冷静に判断して不用品を分別していくようにしましょう。

「整理しなければ」が口癖になっている場合

まだまだ使える物で、中には自分が使用していない未使用品だったりすると捨てることが出来ないという人は少なくありません。
そのため不用品を手放すためには、自分の元から強制的に離すためにも、誰かにあげるか売らないと手放せないという人も増えています。

他人が欲しいと思える物で不要だなと感じたら譲ることは良い方法ですし、もしお金になるようなら他人に売るという方法は少額でも現金となって手元に返ってくるので、積極的に活用するようにしましょう。昔はリサイクルショップへの持ち込みが必要でしたが、最近では手軽に不用品を出品することができるオークションサイトやフリマアプリなども登場しています。

写真撮影から配送まで全て任せられるサービスも増えているので、処分すること自体が面倒と感じている場合であっても、手軽に不用品を売ったり引き取ってもらえるので非常に便利です。

「誰かにあげるか、売らないと手放せない」

片付かない部屋にありがち「捨てられないもの」

衣類、靴、バッグなどのファッションアイテムは捨てにくいと感じる人が多いです
衣類や靴、バッグは自分の気に入ったデザインの物をシーズンごとに購入しているという人も多く、おしゃれな人ほど衣類や靴、バッグを定期的に処分していないと物で溢れてしまう恐れがあります。クローゼットが昔買った服でパンパンになっているという人は、お気に入りの服に思い入れがあり捨てることが出来なかったり、流行り廃りのないデザインで、まだまだ状態が綺麗な場合などはいつか着るかもしれないからと保管している方も少なくありません。

しかし服には必ずそのシーズンの流行りがあり、どんなに高価なブランドの衣類や靴、バッグであっても古いデザインの物をそのまま持ち続けても流行りから外れてしまっては今後着る機会はほぼないといえます。そのためどんなに気に入って思い入れのある衣類や靴、バッグであっても1年使用することがなかった物なら処分をすることを検討してみることをおすすめします。

物が捨てられない、片付けられない人の多くは物への執着やこだわりが強い傾向にあり、衣類などにまつわる思い出は出来事に執着してしまうと捨ててしまうことが怖いと感じる方も多いです。確かに思い出のある物を大切に持ち続けることは悪いことではなく、古いデザインであってもこれだけは手元に置いておきたいと思える物なのか、処分しても問題はないものなのかを見極めて、上手く不用品の整理をしていくことも大切です。

衣類、靴、バッグなど

書籍はどんどん新刊を買っては積み上げてしまう人が多いです。
近年は電子書籍を購入する人が増えて、紙の書籍を購入するという人は少なくなっている傾向にあります。しかし好きな著者の本やどうしても手元に置いておきたい本などは、新刊が出るたびに購入してしまい自宅に本が積み上がってしまっているという人も少なくありません。

本は場所を取りやすい物の1つであり、どうしても自宅に保管しておきたいと思えない本や、絶版されていて他では手に入らない貴重な本ということが無い限り、電子書籍で買い直したり古書店などに売るなどある程度本の整理を行っていくことも部屋を片付けるためには必要です。同時にどうしても捨てたくない書籍がある

ならば、自宅で管理する以外にもトランクルームを使用するなど書籍を置いておくことができる場所を借りるという方法もあります。

書籍

新生活にあわせて家電や家具を購入したという方は多く、苦楽を共にしてきたこともあり古くなって買い替えを行う場合にも、古い家電や家具を処分出来ずにそのまま自宅に置いているという方は少なくありません。

どんなに思い出やこだわりのある物であっても、既に故障や汚れが目立ち買い替えが必要となった場合場所をとってしまう家電や家具は処分することをおすすめします。家具の場合は修理を行うことで使い続けることができる可能性がありますが、家電に関しては古い物や故障してしまった時点で、すっぱり処分をすることも部屋の片付けで必要です。
また比較的きれいな家具や、人気の高いブランドの家具で新居に引っ越しをする際にサイズの関係で持っていくことが出来ずに処分方法に困っているという場合には、家具専門のリサイクルショップに持ち込むことで適切な査定を受けることが出来ます。

大型家具の処分は手間もお金もかかってしまいますが、売ることによって他の人によって使用してもらえる機会ですし、何より家具を売ることである程度のお金を手に入れることもできるので新しい家具を購入する際の資金にすることができるメリットがあります。

家電・家具

片付けないから「片付ける」に変えていく方法

今まで片付けを行えずに、自宅に物を溜め込んできてしまったという人がいきなり全てを片付けようとしても、途中で挫折をしてしまう方が大半です。もし専門業者を頼らずに自分自身で不用品の対処を行いたいと考えているならば、まずは一気に全てを終わらせようとするのではなく、場所を絞って少しずつ物の整理をしていくことをおすすめします。

片付けをする際に今まで捨てることが出来なかった物があるならば、その中で絶対に捨てたくない物と捨てても問題は無いものに分けることがポイントです。特にまだまだ使用することができるけれど、用途が重複しやすいペンやハサミなどの道具はたくさん持っていても使用する機会がない場合が多く、捨ててしまっても問題はないといわれています。
そのため絶対に捨てたくないものは最初にしっかり分けた上で、その中から捨てても問題ない物なのか判断していくとストレスを最小限にして片付けを行っていくことが可能です。

そして大まかに不用品の分類が行えたならば、場所を絞って地道に片付けを行っていくようにしましょう。今日はキッチン周りの片付けを行う、次の日には衣類関係の整理、その次は書籍の整理など段階を分けて対処していくことで時間はかかりますが確実に部屋を綺麗に片付けていくことが可能になるので、今までうまく物を片付けられなかった人でも無理なく続けていくことができるのでおすすめです。

「一気に」ではなく「場所」を絞って片付けること

部屋全体が物で溢れている場合、その人の傾向として物は不用品ではなくまだまだ使用できる物であったり、もったいないから捨てられないという考えが大きく影響してしまっている可能性が高いです。もしこのままの生活では住みにくいと感じており、少しでも不用品の整理をして生活しやすい環境を整えたいと考えているならば、まずは最初に片付ける収納場所を作りましょう

物を捨てることに罪悪感を感じる人の多くは、一気に片付けを行うことは思ったよりもストレスがかかりやすく、本当に捨てなくないものまで処分してしまって後で後悔してしまう人も少なくありません。
そこでまずは確実に処分が必要なゴミや故障したり汚れて使うことができなくなった物、期限切れの物などは確実に捨てる物と判断し、処分していくだけでも片付けるスペースを作ることが出来ます。このスペースがあるだけで、次の整理する場所にとりかかる場所を確保できるようになるので確実に次のステップに進むことができるようになります。

そのため部屋に物が溢れているようならば、まずは足の踏み場を作るためにも片付けをするためのスペース確保を行うことが最も重要となります。
自宅のゴミの処分を行うだけでも、あらかた部屋の中がすっきりするので全体が把握出来るようになりますし、次に何をすべきか冷静に判断できるようになるのでおすすすめです。

片付ける場所を作る

自分の物は出来るだけ自分で対処したいと考えている方も多いですが、片付けを行う時間がとれないという方であったり、
不用品の数が多すぎて1人で対処することが出来なくて困っているという場合には、他人の手を借りてで解決する方法があります。最近では家事代行サービスで部屋の片付けを行ってくれるサービスもあり、1人で対処できない物もプロの家事代行スタッフが手際よく対処してくれるので非常にスピーディーに完了することが出来ます。

また一度引っ越しをするというのも良い方法で、不要な家具や家電、他の不用品も引っ越しの際に依頼することでまとめて処分や買取をしてくれる場合があります。

片付けられないなら、家事代行や引っ越しという方法で一気に片付ける

物を捨てられずにそのまま溜め込んでしまったり、部屋の片付けが苦手という方の理由は人によって様々です。
しかし必要以上に部屋に物が溢れている状態になると、普段の生活に大きな影響を与えてしまう原因につながるため、少しずつでもいいので不用品の処分を行い片付けしていくことが大切です。専門業者に依頼をして部屋の整理をしてもらったり、不用品の処分をしてもらうという方法もありますが自分で片付け癖をつけないとすぐに物が溢れる生活に戻ってしまいます。

そのためにも使ったものは必ず元の場所に戻すことや、なるべく物を増やさないようにすること何か新しい物を購入したら、古い物を1つ処分するなど習慣を付けるようにしましょう。