大阪での冷蔵庫の処分の方法って?費用はいくらかかる?

家電リサイクル法って?

資源を有効活用するための法律

家電リサイクル法は、一般家庭や事業所などから排出された家電製品からリサイクルできる部品を取り出して、資源を有効活用するための法律になります。リサイクルをすることによって廃棄物を削減する目的もあります。

対象となるのは4品目の家電

対象となるのは4品目の家電は、エアコン・テレビ・冷蔵庫および冷凍庫・洗濯機および衣類乾燥機になります。テレビはブラウン管・液晶・プラズマテレビが対象になります。エアコン・テレビ・冷蔵庫および冷凍庫・洗濯機および衣類乾燥機は処分のみの場合は、主に販売店に回収してもらうことが一般的ですが、販売店に回収依頼する他にも、さまざまな回収方法があります。

無許可の回収業者に注意

家電を処分するときには、無許可の回収業者に注意する必要があります。無料回収をうたっている業者など存在するケースがたくさんあり、廃棄物の処分など無許可でおこなう業者がいます。無許可の業者に処分を依頼すると、リサイクル法を守った処分の仕方をせずに、不法投棄や不適切処理・不適切な管理などおこなうようになります。環境対策をとらずに処分することで、フロンガスや鉛などの有害成分が環境中に放出されることになり、環境破壊に繋がります。

無料と言っていたのに荷物を積んだ後に、高額な請求をする業者もあるので、処分するときの業者選びは、注意する必要があります。

家電を処分するには、適切な方法で処分することで、リサイクルにもなり、環境保護もできるようになります。

冷蔵庫の処分の方法は全部で4つ!

冷蔵庫を処分する方法は4つあります。

家電量販店に引き取ってもらう

1つ目の処分方法は、家電量販店に引き取ってもらうことができます。家電リサイクル法では、基本的には家電を販売した販売店がリサイクルをうけつけるように義務を定めています。冷蔵庫を購入した販売店に処分のみの依頼をすることができます。販売店での処分では、リサイクル料金のほかに、冷蔵庫を運び出して運搬する運搬費用もかかってきます。運搬費用は販売店によってそれぞれ違ってくるので、事前確認した方が良いです。

買い替えの場合も販売店に処分してもらうことができます。新しく購入した冷蔵庫を届けるのとあわせて古い冷蔵庫を回収してくれるのでとても便利です。購入した販売店や新しく購入する販売店での回収は手軽におこなうことができるので、おすすめの処分方法になります。昔に冷蔵庫を購入して、販売店が倒産やどこのお店で買ったかわからない場合などとても困ります。このようなケースで、回収の依頼をすることができない場合は、家電リサイクル受付センターに依頼すると回収してもらうことができます。

引越しをする際に家電を処分する場合は、引越しを依頼する業者に回収してもらうことも可能ですが、対応していない引っ越し業者もあるので、確認する必要があります。

自治体に引き取ってもらう

2つ目の処分方法は、自治体に引き取ってもらう方法になります。自治体は冷蔵庫を粗大ごみとして出すことはできないです。自治体に問い合わせをすることで、許可が下りている業者の紹介をしてもらうことができます。市町村によっては自治体が代行して回収してくれる場合もあるので、お住まいの市町村に確認すると良いです。

指定取引場所へ直接持ち込む

3つ目の処分方法は、指定取引場所へ直接持ち込む方法になります。指定された指定取引所を利用する際にはあらなじめおこなっておかなければならないことがあります。このサービスを利用する場合は、事前に郵便局でリサイクル券を購入する必要があります。リサイクル券に必要事項を記入して、料金振り込みをおこなったら証明書が発行されます。発行された証明書と一緒に各自治体で指定されている取引所に持ち込んで処分します。

引き取りする場合は、予約が必要になってくる場合もあるので、事前に確認をして、予約が必要な場合は予約を取ってから持ちこむようになります。

リサイクルショップなどに売る

4つ目の方法は、リサイクルショップなどに売る方法になります。リサイクルショップで買い取りの依頼をすることができます。新しいモデルや人気モデルの場合は、高値で買い取ってもらうことができます。

自治体や家電量販店へ処分の依頼をする場合は、家電リサイクル料の他に、運搬料金など発生することがあります。リサイクルショップなら買い取ってもらうことができるので、このような費用がかからずに済むことになります。年式が古い場合や故障している場合。不具合がある場合などの冷蔵庫は買い取りしてもらえない場合があります。リサイクルショップで売る場合は、大きな冷蔵庫を運搬する必要があるので、手間と時間がかかってしまいます。見積もりなどとることができるリサイクルショップなどもあるので利用すると良いです。自宅まで訪問して買い取りをしているリサイクルショップもあるので、利用すると便利です。

リサイクルショップのほかに、フリマアプリやネットオークションに出して冷蔵庫を売る方法もあります。フリマアプリは、自分の希望する価格にすることができて、送料も本人負担や購入者負担などで選択することができます。フリマアプリやオークションの場合は、大きな冷蔵庫を送る必要があるので、ものすごく手間がかかることになります。

冷蔵庫の処分方法はこのようにさまざまあるので、幅広いニーズに対応することができるようになっています。

手間をかけずに処分する方法や、運搬料金など無駄な費用を抑えて処分する方法などがあるので、自分が処分しやすい方法で選ぶのか良いです。

処分する際に注意したいこと3選

冷蔵庫を処分する際には前もってやっておかなければばらないことがあります。冷蔵庫を処分する際に注意した方が良いことがあるので、3選紹介します。

電源を抜いて水抜きをする

1つ目は電源を抜いて水抜きをすることです。冷蔵庫を処分する24時間前にコンセントを抜いておく必要があります。あまり早くコンセントを抜いてしまうと食材が傷んでしまうことがあるので注意する必要があります。コンセントを抜いた状態にすることで、冷凍庫内の霜が溶けだして皿にたまるようになります。

下の受け皿に溜まっている水を抜く

2つ目は下の受け皿に溜まっている水を抜くことになります。皿にたまった水を処分することで、運びやすくなるからです。冷蔵庫の水抜きをしておかないと運び出す際に水が漏れだして床が水浸しになってしまう恐れがあるので、事前に処理しておくことが大切になります。水受け器は製品によって装着している部位が違ってくるので、説明書などを確認する必要があります。

下の受け皿にたまっている水を抜く作業だけではなく、製氷機などから水を抜いたりすることもしなければならないです。引越し時などこの水抜き作業をおこたることで、水漏れが発生し、他の荷物が水で濡れてしまうこともあるので、必ず水抜きは必要です。家電に水がかかってしまって故障する可能性もあるので、水抜き作業は大切な作業になります。

水を抜くことのメリットはその他にもあります。水を抜くことで冷蔵庫が軽くなるので運びやすくなり、運搬作業がスムーズにおこなわれることになります。自動の霜取り機能がついていない場合は、手動で霜をとる必要があります。時間をかけて霜を溶かしていくことになります。溶かしている間は床が水浸しにならないように、バスタオルなどを用いて水分を吸収させると良いです。霜が溶けてきたらヘラなどを用いて霜を削っていきます。この際には庫内を傷つけないようにする必要があります。

冷蔵庫内をきれいにして臭い対策をする

3つ目は冷蔵庫内をきれいにして臭い対策をすることが必要です。水抜きする前に冷蔵庫内にある調味料などを出しておく必要があります。冷蔵庫はさまざまな食材を入れているので臭いが発生しやすくなります。中身を出したら臭いを取るために清掃することで、新居などに持っていた際に気持ちよく使用することができるようになります。
冷蔵庫内に汚れがある場合は、雑巾などで拭き取っておくと良いです。汚れは臭いの原因になるので、きちんときれいにすることが大切です。汚れが取れない場合は、中性洗剤などを薄めて掃除をするときれいに汚れがとれるのでおすすめです。アルコールスプレーや漂白剤などで除菌することもおすすめです。

冷蔵庫内を清潔にすることで、リサイクルショップに売る場合など、高く買い取ってもらうことができるので、冷蔵庫はできるだけきれいな状態にしておくことが大切になります。

冷蔵庫の水抜きには、霜などを処分する必要があるので、搬送する間際におこなっても間に合わないので、時間の余裕をもっておこなうことが大切になります。

大阪での地区の処分方法・料金はどれくらい?

大阪で処分する場合は、市町村によって処分方法が変わってきます。

大阪市

大阪市の場合は、販売店や収集認可業者に依頼する方法や、堺市へ持って行く方法があります。収集認可業者は区によって違うので確認が必要です。この場合はリサイクル料のほかに運搬料がかかってきます。

東大阪市

東大阪市の場合は、販売店に回収してもらう方法と市が許可している業者に依頼する方法などがあります。市が許可している業者は、東大阪清掃事業組合で、家電製品1個につき一律2700円で利用することができます。リサイクル料や運搬料金は含まれていないです。

茨木市

茨木市の場合は、販売店に依頼する方法や引き取り場所へ搬入する方法・市の収集に依頼する方法があります。茨木市の指定引き取り場所は、日本通運株式会社大阪北支店茨木事業所になります。市での引き取りの場合は、冷蔵庫250リットル未満が3500円・250リットル以上が、5000円になります。

枚方市

枚方市の場合は、販売店を利用した回収方法や、指定引き取り場所へ持って行く方法があります。
例として、大手メーカーでの料金は(内容積171L以上)4,600円(税別)〜となります。メーカーにより料金が違いますので、一度問い合わせをしましょう。

堺市

堺市では、販売店の引き取りや指定引き取り所など利用することができます。リサイクル料とは別に運搬料がかかってきます。

まとめ

冷蔵庫などの家電を処分する方法は、さまざまな方法があります。市町村によって回収する方法が変わってくるので事前に確認することが必要になってきます。処分する際には、冷蔵庫の水抜き作業を必ずおこなって、スムーズに運搬することができる状態にしておくことが大切になります。

冷蔵庫を処分する際には、販売店や指定の業者に依頼する場合、運搬料金など別途かかってきます。販売店や業者によって運搬料金が変わってくるので確認した方が良いです。新しく冷蔵庫を購入して古い冷蔵庫を引き取ってもらう場合は、運搬料金など無料サービスされる場合もあります。家電を処分する場合はリサイクル法にのっとって処分する必要があります。
無許可の業者に依頼してしまったら、不法投棄などが引き起こって環境問題になってしまうので、きちんとした認可が下りている業者に依頼することが大切になります。

家電はリサイクルすることで資源の有効活用ができるので、きちんとした方法で処分することが重要になります。