不用品回収費用が高いと思ったら注意!お得に処分するには?

不用品回収は業者に依頼すると高いと思ってしまう原因

自治体の不用品回収と比べると高いと思ってしまう

自治体のゴミ回収が安く設定されているのが理由の1つです。自治体は街全体でゴミを回収するシステム、仕組みなので安く効率的に回収できます。基本的には自治体が行っている家庭ごみの回収サービスの場合、ごみを自分で分別し収集日にもっていけば回収費用は基本的に無料です。粗大ゴミを安価で回収できるのもこういう理由で、自分でやる手間がありますが、安価で回収をしてくれます。

しかし自治体は不用品によっては引き取ってもらえないものがあり、不用品回収業者よりも制限は多いものがあります。費用だけをみれば、自治体よりも不用品回収業者のほうが料金は高いですが、業者であれば分別・家から運び出すところから行ってくれます。

無許可営業の業者の費用

無許可営業というのは文字通り許認可を得ない不用品回収のことで、自治体の許認可なく好き勝手に営業する、いわば非正規の業者による活動です。不用品の回収に関するルールを知らない人をターゲットにし、不当に高額な費用を請求するケースも少なくありません。

法のルールの縛りを受けない無許可営業の業者はルールを無視するので、無料や格安という謳い文句で宣伝をしているのにも関わらず、実際に依頼すると適当な理由をつけて追加費用をというものもあります。
必ず、きちんと積書を出し、許可を得て営業している不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

不用品回収のトラブルとは?悪徳回収業者に注意!

悪質業者に高額な不用品回収費用を請求される原因

見積もりをださないまま作業依頼をしている

見積もりをださないまま作業依頼する業者はやめましょう。見積もりを出さない業者は違法性が高い、と考えられるからです。見積もりを曖昧にしたまま作業を行うのは、想定していたよりも不用品の量が多かったなど、悪質な業者はさまざまな理由をつけてあとから金額を追加して請求するためです。
必ず見積もりを出してもらい、後で追加や変更がないことを念押しして不用品回収作業の依頼をしましょう。

支払い額を出さないまま回収を始めてしまっている

支払い額というのは見積もりに記載される金額のことで、依頼した内容とそれに支払う費用を意味します。見積もりが出ていない状態で作業を始めるのはあり得ないことですが、金額が定まらない状況で作業を任せるのも考えものです。

これだと作業が始まってから支払い額が決められてもおかしくないですし、あれこれと費用が追加されてしまい、想定より膨大な費用が請求されることにもなりえるでしょう。回収を断ると積み込みと積み下ろしにかかる手数料を請求するケースも少なくありません。

電話見積もりだけで依頼をしてしまっている

電話見積もりは確かに便利ですが、言うなれば口約束なの信頼できない相手と電話だけで済ませるのは危険です。後で言った言わないのトラブルにならないようにするには、見積書を書いてもらい証拠とすることが肝心です。

見積書があれば双方の言い分の食い違いを避けられますし、作業の前に支払い額が定まるので、安心して依頼を検討したり作業を任せられます。電話で見積もりを依頼してそのまま正式に発注するお客さんは格好のカモですし、いいように費用を請求されてしまうので気をつけましょう。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット

いつでも電話1本で相談を始められること希望日時に指定の場所に来てもらえることです。またトラックや作業するスタッフの手配もしてもらえるので、自分で車を用意したり誰かに協力を仰ぐといった手間が避けられます。

予め運び出して欲しい物を伝えて作業を任せますから、見積もりを出してもらうことができて、費用が分かります。当然ながら回収できる物、できない物もこの時点で分かるので、納得してから正式に依頼可能です。

ベッドやタンス、机といった家具は重くて運び出すだけでも大変ですし、2階からとなると骨が折れます。搬出から回収、運搬に処分も責任を持って引き受けられますから、身近に頼れる人がいない高齢者も頼りになります。

デメリット

やはり自治体の回収と比べると費用が高くなることです。これは自宅やオフィスなどに出張してもらうことができたり、トラックやスタッフの手配も全て任せられるメリットの裏返しです。自治体の回収は日時や場所が決まっており、自分で運び出す必要があります。

この点、不用品回収業者は来てくれますから、そこが自治体と決定的に異なります。応の柔軟性が高くて細かな要望にも耳を傾けてくれるので、不用品回収業者はある意味でオーダーメイドのサービスだといえます。

高額な不用品回収費用を請求する悪徳業者を見分ける方法

不用品回収の許認可がある業者か確認

不用品回収の許認可がある業者か確認するのは不用品回収業者に回収を依頼する上での大前提です。
不用品回収の作業は必ず許認可を得る必要があるので、この許認可があるかどうか確認するだけでも、悪徳業者を見分けるのにかなり効果的です。

電話や対面で許認可があるか確認するだけだと、相手が許可を得ていると答えるのみになってしまうので、れずに許可証を見せてもらいましょう。不用品回収業者の中には面倒くさがって嫌な顔をする業者もいるでしょうが、こういった部分も業者の良し悪しを判断する材料になります。

電話対応や営業対応がしっかりしている

不用品回収業者もお客さんのことを考えている業者であれば、電話や営業で礼儀正しい対応を心掛けるはずです。
企業の雰囲気やそこで働く人達の考え方、姿勢などは、電話での対応や営業でのやり取りに現れます。

普段からいい加減な対応をしていたり、お客さんを見下しているような業者は、電話に出るのが遅かったり言葉使いに荒い部分が見られます。口調がいい加減、約束の時間を守れない等ルーズな部分がある業者は避けたほうがいいでしょう。

まとめ

不用品回収は、税金を使いインフラを整備している自治体と比べると、不用品回収業者の費用は高く思いがちです。ただ悪徳業者が法外な費用を請求しているケースもあるので、真面目な不用品回収業者は良心的で十分に現実的な見積もりを提示します悪徳業者の費用が高くなる理由は、見積もりを出さずに作業をしてから後で金額を決めて費用の請求が行われたり、電話による口約束で作業を任せてしまうこともその1つです。

不用品回収業者選びにおいて悪徳業者を見分けるには、不用品回収の許認可を得ているかどうか、明確で納得できる見積書を出すか否かがポイントです。電話や営業の対応の良し悪しも判断材料になるので、悪徳業者を見分けるのは決して難しくはないといえるでしょう。
不用品回収の見積もりを依頼して、正式に依頼する前に高いと気がつけばまだ大丈夫です。

お得に安心して不用品の処分をしたいのであれば、悪徳業者を見分けた上で、信頼できる複数の業者に見積もりを出してもらい安い金額を提示する業者に任せるのがベストです。