家が汚いと不幸になるという話は本当?

生活環境が人の心理に影響を及ぼす

これは多少散らかっても気にしない、汚れを放置するなどの悪い影響を意味します。
最初はゴミの放置から始まり、やがてゴミが入った袋を放置するようになり、やがて床を埋め尽くすほどのゴミ袋の増加、とだんだん悪化していきます。

また汚れに対して鈍感になるので、汚れた服を洗わなかったり、洗い物を溜め込むといった悪い変化を引き起こします。

早い段階で気がつけば、ゴミを片づけたり洗い物を溜め込まずに済みますが、気がつかなかったり、気がついても面倒くさがって放置してしまえば悪化の一途を辿ります。
それはやがて他人を遠ざけてしまったり、人生におけるチャンスを失うことに繋がるのです。

つまり最終的に人やお金も逃げやすい状況になりやすいため、家が汚い人はいずれ不幸になってしまうということなのです。

汚い家の特徴

汚い家には共通して、いくつかの特徴という共通点があります。

掃除方法や収納ルールがわかっていない

掃除方法や収納ルールがわかっていないのは、汚い家の代表的な特徴の1つです。

掃除しても汚れが取りきれず残ってしまいがちだったり、片付けたつもりでも衣類がその辺りに放置されていたり、押し込むようにして無理矢理引き出しに詰め込まれていることもあります。

他にも常にゴミ箱からゴミが溢れていたり、ネットショッピングで届いた空の段ボールが畳まれないまま積み上げられているなんて人も多いでしょう。

つまり、正しい掃除方法や収納ルールが分からないことによって、部屋中に様々なものが散乱する結果となります。

いらないものを買ってしまう、

必要がないにも関わらずついつい物を買ってしまう行動も、家が汚い人に見られる特徴です。

購入前に本当に必要かどうか充分に検討せず、衝動的に買ってしまうといった経験がよくある人は要注意です。あるいは、買うという行動に満足感を覚える人の場合だと、買うこと自体が目的になっている可能性もあります。

このように必要以上のものをよく買ってしまう人は、買ってしばらくしたら放置してしまうことが多く、知らないうちに物を溜め込んでしまうので家に物が溢れます。

物の整理ではなく「隠す」

整理整頓の基本はいらない物を捨てる取っておく物は整理するですが、物を整理せずに隠すとなると厄介です。

汚い家の人は物を捨てることができず、来客の際には整理するというよりは隠して部屋を綺麗に見せる傾向があります。
こういう場合は、引き出しを開けると物が飛び出したり押し入れに寝具が詰め込まれていたり家具の隙間や裏側に物が落ちているということも多いでしょう。

こういう、一見目につかないところを確認したときに物が次々に現れる家は、整理できずに溜め込む家だとわかります。

ゴミを放置する習慣がある

これは発生したゴミを捨てるのが面倒くさくてテーブルの上にしばらく置いたままにしたり、ゴミ箱が溢れても気にしない人に多くみられる習慣です。
空のペットボトルや空き缶も分別せずに放置したり、ゴミ袋があるにも関わらず、袋に入れずにそのまま放置というのが汚い家では見られます。

酷い場合だと、キャップが外れたジュースのペットボトルに虫が群がっていたり、残っている飲み物が変色しているなどもあります。
スナック菓子の袋がそのままの状態で放置されていることも、カップ麺のスープが飲みかけのまま置かれていることも珍しくないでしょう。

ティッシュの空き箱程度ならまだしも、液体が入っていたり濡れた状態のゴミが放置されている状況は衛生的にも良くないので気をつけましょう。

汚い家での生活。こんな影響も

汚い家で生活をしていると、様々な問題が発生して影響が生じます。

集中力障害(ADHD)に繋がるリスクがある

汚い家は集中力を削ぐ傾向が強く、集中力障害のリスクが高まる懸念があります。
逆に集中力障害が原因で家が汚れているケースもありますが、基本的に汚い家で長期間過ごすと集中力を保つことができなくなる恐れがあるのです。

ゴミや物が机の上に散らかっていると気が散りますし、悪臭のようなニオイが充満していれば、当然ながら集中して勉強することは難しいでしょう。
厄介なのはそれが当たり前になると慣れてしまい、集中力が低下しても気がつかないことです。
長期的に見ると学業に大きな影響を及ぼしますし、それが原因で成績が低い状態が続けば自尊心の低下にも繋がります。

このようにして、汚い家に住むことで知らず知らずのうちに自己肯定感が低くなってしまう可能性もあるのです。

ホコリやカビにより気管支の病気になる

汚れた家で暮らしていれば言うまでもなく病気やアレルギーのリスクが高まります。

ホコリは衣類の繊維だけでなく、排気ガスやダニとその糞、死骸などが絡み合っているので人体に悪影響を及ぼします。
それに加え、ホコリは水分も吸着しやすい性質で、湿気が多いとカビが好む環境になりますから、ホコリを放置しているとカビが増えてしまいます。

カビは条件さえ整えばどこでも増殖しますし、ある程度増殖したら風に乗って新たに育つ場所を見つけます。
胞子は軽く、吸い込めば肺に入り込みますから、気管支などの病気を引き起こしてもおかしくないのです。

肺にカビが生える病気もありますから、掃除を怠ったが為に病気になって入院、なんて状況にならないように気をつけるべきです。

虫やダニの繁殖

虫やダニの繁殖は、汚い家だとかなり早く進行するので要注意です。

虫は栄養を求めて行動しますが、ゴミが放置される汚い家は食べ物を漁るのに格好の場所です。
また、食べ物のくずなどが放置されていれば、虫が湧いてダニも増えることになります。

カビが好む環境はダニにとっても最適ですから、ホコリっぽくてカビが放置されている家は気をつけましょう。
やはりゴミは片づけてホコリを溜め込まないように掃除をする、それがカビを防ぎ虫やダニの繁殖を防ぎます。

虫が湧いたりダニが繁殖している時点で、その家には衛生状の問題が発生しているわけですから、原因を突き止めて速やかに対処したいところです。
汚い家での生活は感覚が鈍り、虫やダニが発生しても気にならず、どんどん物も溢れて汚い家になってしまうという悪循環に陥りやすいため、注意しなければなりません。

 

家をきれいにするだけでも人生は変わる

家をきれいにすることは、人生を変えるのに有効な方法だといえます。

家掃除・整理、まずはできることから

僅かな範囲でも構わないので行動することが大事です。

掃除はまず散らかっているゴミを集めて、分別したらゴミ袋にまとめるのが良いでしょう。

床が見えてくると掃除機が掛けやすいので、なるべく少しでもホコリを吸い取るようにします。

床からホコリがなくなるだけでも、部屋の空気が変わって気分にも変化が起こるはずです。

掃除は天気の良い日中を選び、窓を開けて換気しながらやると、ホコリを追い出し空気の入れ替えができて一石二鳥です。

整理はゴミの分別にも通じるものですが、箱は箱、袋は袋のように分けるだけでも違います。

方法がわからない際にはプロに相談

家の掃除や整理方法がわからないという人は案外多く、プロに相談するのは決して恥ずかしいことではありません。
プロから正しい掃除・整理方法を教わることで家を綺麗に保つコツが掴めるでしょう。

ハウスクリーニングに精通している人は掃除のプロですから、作業の様子を見るだけでも勉強になるかもしれません。
勿論、掃除が大変なところはプロ任せにしても構いませんし、自分でできそうなところだけコツを教えてもらうのもありです。

ただ、エアコンのように専門的な掃除を要する機器については、素直にプロに任せた方が良いでしょう。

まとめ

家が汚いと不幸になるのは本当で、最初は面倒になったり億劫に感じる程度ですが、やがて心が荒み始めたり病気のリスクが高まります。

掃除や収納の方法がわからない、いらないものを買ってしまう、物を隠したりゴミを放置する兆候が見られたら注意です。
汚い家には集中力の低下や気管支の病気、虫やダニの繁殖といったリスクがあるので、速やかに対処する必要があります。

掃除や整理はできることから少しずつ、わからないことはプロに相談するのが正解です。