魚焼きグリルを綺麗にしよう

みなさんこんにちは、川西市で不要品回収を行っているオールサポート兵庫店ブログ更新担当岡崎です。
今回は、魚焼グリルの掃除方法をご紹介します。

みなさんは、焼き魚好きですか?
鯖の塩焼きや、さんまの塩焼きなど季節の旬のお魚はとても美味しいですよね。

魚を焼くときは魚焼グリルを使用する方がほとんどだと思います。
しかし、焼くときに油がたくさん落ちてきたり、焦げ付いたりなど汚れがつきやすく気がつけけば掃除が厄介な場所となってしまいます。
そんなときに簡単に汚れを落とすことができるアイテムがあります。
それは、セスキ炭酸ソーダです。
セスキ炭酸ソーダは、エコで安全なお掃除アイテムで人気があります。
台所洗剤などの中性洗剤で庫内を洗うのに抵抗がある方は、セスキ炭酸ソーダを使って掃除するのが良いでしょう。

やり方は簡単です。
スプレー容器にセスキ炭酸ソーダを小さじ1入れ、水を500cc入れてよく混ぜます。
このスプレーをグリル皿や焼き網にふりかけ、しばらくおきます。
焼き網はたわしなどでこすり落とし、流水で汚れを流します。
グリル内は、古い布などを使用して拭きあげます。

しばらく掃除をしていなければ茶色い焦げ汚れがたくさん付着していて、こんなに汚れがたまっていたのかと驚くことでしょう。

日頃から「汚れたら洗う」行動ができれば綺麗に保つことができますが、なかなか難しいですよね。
そのため掃除がめんどくさい、魚を焼いて家の中に匂いが充満するのが嫌と言う理由で魚焼きグリルを使用しない人もいます。
もし、グリルを掃除するのが面倒であればフライパンで魚を焼いてみてはいかがでしょうか?とても美味しく魚を焼くことができますし、お手入れも簡単なのでお掃除が苦手な方にはオススメです。

お困りごとの際は、オールサポート兵庫までご連絡ください。