トイレの悪臭の原因は?対処方法を知って爽やかなトイレにしよう。

みなさんこんにちは、宝塚市で不用品回収を行っているオールサポート兵庫ブログ更新担当岡崎です。

トイレの臭いの原因として、尿汚れが挙げられます。尿汚れから雑菌が発生し、時間が経過するとアンモニア臭がを発生させいてツーンとした嫌な臭いを発生させます。

男性が立って小便をするときは床や壁などに、尿が飛び散り汚れます。
除菌して殺菌しないまま汚れを放置しているとアンモニア臭を含んだ臭いを発生させます。
一度壁紙に染み付いた尿汚れを取り除くのは難しいため、汚れたら都度除菌シートなどで綺麗に拭き掃除しましょう。

もう一つトイレの臭いの原因として、封水が少なくなり下水の臭いがトイレ内に充満した場合です。
長期間家を空けトイレを使わない期間があった時に水が蒸発し、下水管から悪臭が上がってくる場合があります。
もし下水の匂いがトイレからした場合は、水を流し、更に多めの水を流し入れ換気を行いましょう。
封水が原因であれば、1日ほどすると悪臭が取り除けます。

封水による匂いが原因で床マットなどに臭いが染み付いている場合は、洗濯をし、市販の臭い消しなどを利用しましょう。それでも臭いが落ちない場合は、新しいものに買い替えると良いでしょう。

また、トイレカバーやトイレマット、トイレスリッパ、便座カバー、蓋カバーは悪臭の原因となります。
知らず知らずのうちに尿を吸い取ってしまっていることが多く、菌の温床になっています。
定期的に洗濯や、掃除をしましょう。

尿の飛び散りや、封水による臭いなどトイレの悪臭の原因は様々です。
定期的なお掃除を行なえば、臭いを抑え清潔なトイレを維持することができます。

お困りごとはオールサポート兵庫へご相談ください。