pagetop

大阪市住之江区 不用品処分/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

処分することの効果とモノを処分するコツ【大阪市住之江区】

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:不用品処分,大阪 不用品処分,大阪市住之江区 不用品処分

処分することの効果とモノを処分するコツ【大阪市住之江区】

 

 

みなさんこんにちは。
大阪市住之江区で不用品回収を行っているオールサポートです。

 

みなさんは家の中の片付け、整理整頓は好きですか?
「なかなか家の中がスッキリと片付かない。」
「片付けをするのが気がのらない」
「掃除するまでに時間がかかってしまう」

そんな方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

今日はそんな処分することの効果から、モノを処分するコツまで
お伝えしていこうと思います!

 

 

処分する効果

 

【①集中力が増し、作業効率が上がる】
不要なものを処分したり、探し物をしたり余計な考えごとをするような
無駄な時間がなくなります。
そんな思いもよらない中断で集中力が途切れることがないので、
作業に没頭することができます。

モノを捨てることで、結果的に集中力が増して、作業効率が上がるのです。

【②後回し癖がなくなり、現状を維持するようになる】
一度きれいにしてしまえば、そのきれいな状態を維持するために、
自然と気を向けることができます。
きれいな状態を維持していれば、気分の良い状態が続き
モチベーションUPにも繋がります。

【③仕事がはかどる】
モチベーションが上がった状態で仕事をこなしていれば
気づかなかった発見や新しいアイデアが見えてくることもあるでしょう。
新しい発見は仕事のモチベーションも高めてくれるので、
また片付けをするという正のサイクルをもたらします。

 

 

モノを処分するコツ

 

①捨てる行為に対して、そのタイミングは「すぐ」です。
後回しにせず、思った時にすぐ行動できるようにしましょう。

 

②片付けたことがわかるような、すぐ目には入る
不要なものから処分するようにしましょう。
見えるところからきれいになれば、「掃除をした」という
モチベーションUPしも繋がります。
また目の前をきれいに保つことで、常に自然と目につく範囲のゴミは
捨てるように捨て癖がついていきます。

 

③捨てるのに悩まないものから捨てる
思い出の品など捨てるかどうか、いつまでも悩んでいると
時間の無駄になってしまいます。
そうなってしまうのであれば、迷いのないすぐに不要だと
わかるものから処分していくようにしましょう。

 

④捨てる基準は使えるかどうか、ではなく使うかどうか
考える時に過去にさかのぼって、実際に使ったことがないものに関しては
処分していきましょう。

 

 

モノを処分する勇気 どうやって持つ?

 

今まで処分することの効果と、コツをお伝えしましたが、
それでもなかなか気持ちがのらなかったりモノが減らない人も
多いかもしれません。
そんな方はこちらを意識してみてください。

「一つのものに執着しない」
捨てるか悩んでいるようなものは普段から
ほとんど使っていないモノでしょう。
それがなくなってしまって、生活に影響はあるのか?
おそらくそれがなくなってしまっても、
ほとんどの場合自分の身の回りに支障をきたすことはありません。

 

本当に必要かどうか考える際に参考にしてみてください!

 


お家に不用品があるという方はオールサポートにお任せください!
電話1本で見積もりさせていただき、早急に回収させていただきます。
また不用品処分以外にも買取や、お部屋の片付け、ゴミ屋敷清掃
ハウスクリーニングなど様々なサービスを取り扱えっておりますので、
ぜひ一度お問い合わせください!


 

大阪にもたくさんの空き家が!今後に備えて解体について考えよう。今からできる生前整理

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品片付け,大阪市住之江区 不用品処分,大阪市住之江区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不要品回収を行なっているオールサポートです。

ご両親が亡くなり、実家に誰も住む人がいなくなったときどうすればよいか悩んでいるという方は多いでしょう。
実家に戻りご自身が住むことが難しく買い手もいない場合、実家を解体する人も少なくありません。
思い出の場所だから解体は避けたいという方もいらっしゃるかと思いますが、空き家をそのままにしていると大きなデメリットが付きまといます。

今回は空き家解体について考えていきましょう。

■空き家を放置しているとデメリットがある。
両親と共に過ごして来た実家はあなたにとってかけがえのない場所でしょう。
そのため解体するなんて考えたくないかもしれません。
しかし空き家を放置してしまうと様々な問題が起こるかもしれません。
例えば空き家を放置していることで、家が倒壊して隣近所に迷惑をかけてしまうかもしれません。また誰もいない事をいいことに空き家に不法侵入されたり放火されてしまうかもしれません。
このような問題を避けるために空き家の管理を行ったり解体を行ったりします。

■空き家解体にかかる費用はどのくらいになる?
空き家の解体費用は立地や規模、構造によって異なります。
目安ではありますが、1坪あたりの費用は下記の通りです。
・木造 40,000円
・鉄骨造 60,000円
・鉄筋コンクリート 70,000円

このように解体費用には大きな金額が必要になります。
ただ、自治体によっては空き家を解体するのに助成金を出しているところがあります。条件があるためご自身がお住いの自治体に問い合わせてみましょう。

また、空き家を解体し更地にすることで固定資産税が高くなってしまう場合があります。
その点も考えながら空き家をどうしていくか考えていきましょう。

■空き家の運用にお困りの際は当社オールサポートご相談ください。
当社では空き家の運用についてのご相談を受け付けております。
色々な現場を経験したスタッフがお客様の質問にお答えします。
お困りの際はオールサポートへご相談ください。

炊飯器の買い換えタイミングと処分方法

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品かたづけ,大阪市住之江区 不用品処分,大阪市住之江区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

日本人の主食といえばお米ですよね。
お米を食べるためには炊飯器が必要不可欠です。
最近では高性能で高級な炊飯器が人気です。

炊飯器には他の家電と一緒で寿命があります。
毎日使う炊飯器ですから急に炊飯器が壊れてしまった時とても困ってしまいます。
今回は炊飯器が壊れる前に新しい炊飯器を買い換えられる最適なタイミングをご紹介いたします。
■炊飯器の寿命
炊飯器の寿命は4年から8年ほどになります。
炊飯器本体の寿命は大体10年ほど使うことができますが、内釜は4年ほどと短くなりがちです。
お米を研ぐときはザルとボウルを使って洗い、内釜を傷つけないように気をつけることが大切です。

■炊飯器の寿命の症状
・炊いたご飯が臭う
以前まで美味しく炊けていたのに、炊いたご飯から異臭がする場合は寿命が近い症状です。炊飯器の内部の掃除をしていても臭うようであれば買い換えを行いましょう。
・電源が入らない。
・炊飯ボタンを押しても炊けない。
・ご飯が焦げる。
このような症状が続く場合は買い換えを検討しましょう。

■炊飯器を処分しよう。
炊飯器を買い換えたら古い炊飯器は捨ててしまいましょう。
炊飯器は自治体で不燃ゴミか粗大ゴミで処分することができます。
自治体によってルールが異なるため、確認してください。
不燃ゴミで処分するときは、指定の曜日にゴミ捨て場に置いておくことで無料で処分することができます。
粗大ゴミの場合は、事前申し込みをして戸別取集かゴミ処理センターに持ち運ぶ必要があります。費用は300円程度と安く処分することができます。

自治体以外にも不用品回収業者に依頼して炊飯器を処分することができます。
平日お仕事などでゴミを出す時間がないという方は休日に業者を利用して処分すると良いでしょう。
当社でも炊飯器やその他不用品の処分をさせていただいております。
お困りごとの際はオールサポートまでご相談くださいませ。

粗大ゴミについて詳しく考えてみましょう。

お役立ちコラム,住之江区,大阪市エリア
タグ:大阪 不用品かたづけ,大阪市住之江区 不用品処分,大阪市住之江区 不用品回収

みなさんこんにちは、大阪市住之江区で不用品回収を行っているオールサポートです。

みなさんはゴミを粗大ゴミで出した経験がありますか?
粗大ゴミとはとても簡単にいうとゴミ袋にはいらない大型のゴミのことを指します。

自治体によりルールが異なるため、この地域では不燃ゴミで捨てれていたのに、別の地域では粗大ゴミ扱いなっていたということもよくあることです。

今回は「粗大ゴミ」ついて詳しく考えていこうと思います。

■粗大ゴミとは?
粗大ゴミとは、家具や家電などの大型のゴミのことです。
先ほども言った通り、粗大ゴミ廃棄のルールは自治体によって異なります。
さらに大きな家電の中でも冷蔵庫や洗濯機、エアコン、テレビは家電リサイクル法が適用される家電のため自治体での回収はできません。

■粗大ゴミの廃棄方法
・自治体で回収してもらう。
自治体で粗大ゴミ回収は比較的安価です。
まず、ホームページ等で自治体の粗大ゴミ回収のルールを確認しましょう。
一般的に自治体の粗大ゴミ回収担当の部署に申し込み、指定された日時と場所に回収しに来てもらえます。
また、ご自身で処理場に持ち込める場合もあります。そちらの方が少しだけ安く廃棄することができます。

・処分するのではなく売却する方法
まだまだ使えるもの、比較的新しいものなどはリサイクルショップに持ち込んだり、オークションに出品したりなどして売却しましょう。
ただオークションの場合、送料が高額になってしまう可能性もあるため、それを踏まえて販売価格を決定しましょう。

・不用品回収業者に依頼する。
大型の家電や家具を処分するのは体力的に負担がかかります。
また、お仕事などが忙しくて自治体の指示する日時に粗大ゴミを出せないという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、電話1本で不用品処分を依頼できる不用品回収業者に依頼して粗大ゴミを処分しましょう。
早ければ電話をかけた日に見積もりと回収をしてくれることもあります。

いかがでしたでしょうか。
1人で粗大ゴミを処分するのは不安という方は、不用品回収業者に依頼すれば不用品の搬出・廃棄を全て任せることができ、とても便利です。

当社でも不用品回収サービスを取り扱っておりますのでぜひご利用くださいませ。

1