pagetop

大阪市城東区 不用品回収/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

大量の書籍の処分方法

お役立ちコラム,城東区,大阪市エリア
タグ:不用品回収 大阪市,城東区不用品回収,大阪不用品回収,大阪市城東区 不用品回収

大量の書籍の処分方法

 

 

大阪市城東区で不用品回収を行なっている オールサポートです!

 

「本を読むのが好きでよく買っていて気づいたら家の中が本だらけになっていた」
という方いるかと思います。
本は1冊で考えると薄いし、軽いから量が増えても本棚を増やすか不用品として捨てれば良いと考える方もいるかと思います。ですが、読書好きな方の考えは
「まだ読むかもしれない」
「買ったものを手放すなんて考えられない」
「デザインが気に入っている」
など、溜まっていく考え方の人が多いのです。

そこで今回は本の処分方法についてご紹介いたします。

 

 

不要になった書籍の処分方法

 

①古本屋さんに持っていき、買い取ってもらう。

 

本の処分方法の一つに古本屋さんに買い取ってもらう方法があります。
1冊あたりの買取り金額あまり高くありませんがまとめて買い取ってもらうことで金額がアップしたりします。
ただ、本の中にも高額で買い取ってもらえるものもあるため、
価値のある高値になりそうなものは買取り金額に期待できる専門の業者かオークションなどで処分すると良いかもしれません。 また古本屋に買い取ってもらう場合、大量の本をご自身で運ぶ必要があるため、車などの運搬手段が必要になるため注意しましょう。

 

 

②図書館や保育園、幼稚園などに寄付する。

 

処分することに抵抗がある場合は、図書館や保育園、幼稚園などに寄付して本に第二の人生をスタートさせてあげてはどうでしょうか? 不用になった本でも図書館や幼稚園、保育園、指導養護施設、被災地などへ寄付することで誰かが喜んでくれるので、ただ処分するだけより気持ちよく処分することができます。
寄付する際は、事前に電話連絡をして寄付できるかどうかを確認することをおすすめします。

 

 

③自治体のゴミ回収で廃棄する。

 

処分する本の数が少ない場合は、
自治体のゴミ回収で処分することもひとつの手段です。
書籍は資源ごみに分別されるため、お住いの地域の自治体の方法に従って収集日に捨てましょう。
細かいルール等は自治体のホームページを確認すると掲載されています。

 

 

④大阪の不用品回収業者に依頼して処分する。

 

ご自身で書籍を処分するのはとても大変で体力的に負担がかかってしまいます。
家の中に大量の書籍がある場合は、大阪の不用品回収業者に依頼してまとめて処分することも1つの手段です。
ご依頼は電話1本で簡単にできて、出張見積りも無料です。
手間なく大量の本を処分することができる不用品回収業者に一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

処分する手間、時間を考えて処分方法は選択するのが一番

 

不用になった大量の書籍の処分は大阪の不用品回収業者のオールサポートにお任せ下さい。

 

大阪で不用になった書籍が家に大量にある場合は、当社オールサポートにご相談くださいませ。
また書籍以外にも処分したい家電や家具、生活用品がございましたらまとめて回収することもできますのでお困りの際はぜひご相談くださいませ。

生前整理で行う家の中の整理の進め方

お役立ちコラム,城東区,大阪市エリア
タグ:大阪市城東区 不用品回収,大阪市城東区 かたづけ,大阪市城東区 処分,大阪市城東区 格安,大阪市城東区 遺品整理

みなさんこんにちは、大阪市城東区で不用品回収を行なっているオールサポートです。

生前整理って言葉を聞いたことがありますか?
生前整理とは、生きているうちに身の回りにあるものを整理することです。
整理を行うことによりあなたの死後、ご家族が遺品整理に苦労することがありません。
また、ものを整理するだけでなくあなたの歴史やこれからの行き方について整理する良い機会です。

今回は生前整理で行う家の中の整理の進め方についてご紹介いたします。

・普段使っているものと使っていないものに分けてみる。

cf359b2cbe2d71afc90eb9004aea432f_m

長く生きていると家の中はもので溢れかえりがちです。
一度、考えてみて欲しいのがこの1年使っていないものがどれだけあったかということです。
普段あなたが毎日の生活で使っているものは、今のあなたにとって必要なものです。
しかし、使われていないものは今後の人生で必要になってくるものなのでしょうか?
タンスや押入れにしまいっぱなしの洋服やバッグ、キッチン用品、趣味の品々などご自身にとって必要なものは何かを考えながら仕分けてみましょう。

・壊れてしまったもの、古いものを処分する。

42897a7845098ad71765ef78ced033a8_m

「壊れてしまった洗濯機やテレビが置きっ放し、修理に出しても高くつきそう。」
「古くなってきたから買い換えたいけど、処分はどうしよう。」
など壊れていたり古いものをなかなか捨てれずにいるという方はいらっしゃいませんか?

また、家電だけでなく家具や、洋服、カバン、キッチン用品など壊れていて使えないとわかっていても捨てれていないものはありませんか?

上記のような悩みをお持ちの際は不用品回収業者に依頼することをオススメします。
電話一つで見積もりをしてもらえますし、ご自身の都合の良いときに不用品の回収をしてもらえます。

・同じものがいくつもあるもの

a5b52adce3e0de268d8be62cdc3c9268_m

ないと思って買ってみたはいいけど、部屋の掃除をしていたら同じものが出てきた!という経験をしたことはありませんか?
お気に入りの一つは残して、残りは捨ててしまいましょう。

家の整理はとても時間がかかるものです。
負担をかけないためにも定年後すぐなどできるだけ早めに取り掛かりましょう。

葬儀社に連絡する前にあらかじめ決めておきたいこと

お役立ちコラム,城東区,大阪市エリア
タグ:大阪市城東区 ごみ屋敷かたづけ,大阪市城東区 不用品回収,大阪市城東区 かたづけ,大阪市城東区 遺品整理,大阪市城東区 部屋かたづけ

みなさんこんにちは、大阪市城東区で不用品回収を行っているオールサポートです。

ご家族がなくなった際にまず初めに行わなければならないのが、葬儀社への連絡です。
ただ何も準備をしていないと何から始めて良いのか戸惑いがちです。

今回は葬儀社に連絡する前にあらかじめ決めておきたいことをまとめました。

・誰を喪主にするのか
葬儀の手配をする際に決めたいのが「喪主」です。
喪主は葬儀内容の取りまとめや僧侶への対応など葬儀全体を仕切る重要な役目です。
喪主は故人と縁が深かった人が務めます。
通常喪主は配偶者が務めますが、高齢で身動きが自由でない方、体調がすぐれない際は長男や長女が執り行います。

・遺体の搬送先をどこにするのか?
故人が病院でなくなり死亡診断書を受け取った後、自宅か斎場などの安置所まで搬送する必要があります。

・葬儀社はどこにするか?
どこの葬儀社にするかを決めましょう。

・互助会に加入していたか?
故人が互助会で積み立てを行っているかどうか確認しましょう。
葬儀の際には積み立て分を葬儀の支払いに利用することができるため要確認です。

・お寺をどこにするのか?
菩提寺がある場合はお通夜や葬儀に菩提寺の住職にお勤めをお願いしますが、菩提寺が近くにない場合は、菩提寺と同じ宗派で近くにいる僧侶を紹介してもらいましょう。
菩提寺は特にないという場合は、葬儀社が僧侶を手配してくれます。

・お通夜や葬儀の日程はどうするか?
僧侶や葬儀屋と話し合い決定します。自宅や葬祭場、ホテルなどで行われるのが一般的です。

・遺影をどれにするか?
生前の故人の人柄があらわれた写真を選ぶようにしましょう。
画像加工などは葬儀社に依頼すればしてくれます。

いかがでしたでしょうか。
喪主を勤める方やご親族は悲しさに向き合いながらも、やらなくてはならないことが沢山あります。

ご遺族の負担をなくすためには、生前にある程度葬儀についてご家族みんなで考え話し合うことが大切です。
お元気なうちに一度考えてみましょう。

お困りごとの際はオールサポートまでご相談ください。

1